English中文簡体字한국어
理学部案内

HOME>理学部案内>学部沿革

学部沿革

大正12年
10月12日 富山高等学校(県立)の設立が許可された。
昭和18年 3月 富山高等学校が官立に移行した。
昭和24年 5月31日 国立学校設置法 (昭和24年法律第150号) により、富山大学は富山高等学校、富山師範学校、富山青年師範学校、富山薬学専門学校、高岡工業専門学校を包括して設置れ、文理学科、教育学部、薬学部、工学部の4学部が設置された。
昭和28年 8月1日 文理学部経済学科が独立して経済学部が設置された。
昭和37年 3月15日 文理学部新校舎が五福に竣工した。
昭和40年 3月11日 放射性同位元素総合実験室が竣工した。
昭和42年 4月1日 文理学部改組により教養部が設置された。
昭和44年 3月15日 液体窒素製造装置室が竣工した。
昭和46年 4月1日 理学専攻科が設置された。
昭和50年 3月25日 ヘリウム液化装置室が竣工した。
昭和52年 5月2日 文理学部の改組により、人文学部及び理学部が設置された。
昭和53年 4月1日 大学院理学研究科数学専攻、物理学専攻、化学専攻及び生物学専攻 (修士課程) が設置された。
昭和55年 4月1日 トリチウム科学センターが設置された。
昭和56年 4月1日 大学院理学研究科に地球科学専攻 (修士課程) が設置された。
昭和58年 3月31日 文理学部が廃止された。
昭和61年 3月25日 廃液処理施設が竣工した。
平成2年 3月31日 トリチウム科学センターが廃止された。
(ただし、水素同位体機能研究センター設置までの間、学内共同利用施設として存続した。)
6月8日 水素同位体機能研究センターが設置された。
平成5年 3月31日 教養部が廃止された。
3月31日 理学部数学科、物理学科、化学科、生物学科及び地球科学科を改組し、数学科、物理学科、化学科、生物学科、地球科学科及び生物圏環境科学科が設置された。
平成9年 4月1日 大学院理学研究科に生物圏環境科学専攻 (修士課程) が設置された。
平成10年 4月1日 大学院理学研究科が廃止され、工学研究科が理工学研究科に改称された。大学院理工学研究科に数学専攻、物理学専攻、化学専攻、生物学専攻、地球科学専攻及び生物圏環境科学専攻 (博士前期課程) が設置され並びにシステム生産工学専攻及び物質生産工学専攻 (博士後期課程) が廃止され、システム科学専攻、物質科学専攻、エネルギー科学専攻及び生命環境科学専攻 (博士後期課程) が設置された。
平成11年 3月31日
水素同位体機能研究センターが廃止された。
4月1日 水素同位体科学研究センターが設置された。
平成14年 5月21日 理学部校舎 (2号館) が改築竣工した。
6月28日 総合研究棟が竣工した。
平成15年 4月1日 極低温量子科学研究センターが設置された。
平成16年 1月28日 理学部校舎(1号館)の改修工事が竣工した。
4月1日 国立大学法人富山大学が設置された。
平成17年 10月 富山県内3国立大学法人が統合された。
平成18年 2月 理学部校舎改修等が竣工した。
4月1日 理工学研究科を再編して、大学院教育を行なう理工学教育部と、研究を行なう理工学研究部に改組した。
5月 理学部校舎竣工記念式典等が開催された。