English中文簡体字한국어
新着情報

HOME>新着情報

生物学科の岩坪研究室で調査していた菊咲きのサクラが新品種と判明!

【新着情報】2012年03月06日


新品種『入善乙女キクザクラ』

 

 

 富山県入善町吉原の国指定天然記念物「杉沢の沢スギ」林の植生調査 (2004年頃)の際に,枯死したスギ株の上に生育する樹高約11mの菊咲きのサクラ(花弁が極端に多いサクラ)が見つかっていた。このサクラの品種名や由来は判っていなかったが,生物学科の岩坪美兼教授の研究室と富山県中央植物園の共同研究によって,この度,オクチョウジザクラとカスミザクラの間に生じた菊咲き性の雑種であることが判明した。花弁(花びら)の数が多く,その色が白から濃いピンクへと徐々に変色する園芸的価値の高いサクラであるため,入善町の米澤政明町長は「ピンクにほほを染める乙女のようだ」として2月21日に新品種「入善乙女キクザクラ」と命名した。このサクラは4月中・下旬に開花,約2週間は花を見ることができる。