English中文簡体字한국어
新着情報

HOME>新着情報

The Joint Symposium between  The 2nd BRIMS-Univ. of TOYAMA International Symposium – Recent Updates on Neurobehavioral Studies– の開催について

2017年12月8日

 12月16日(土)・17日(日)に本学理学部と部局間協定を結んだモナッシュ大学医学健康科学部脳科学研究所との第2回国際シンポジウム(富山大学長裁量経費ならびに理学部長裁量経費支援事業)を、関連する国内シンポジウムとの合同シンポジウムとして開催いたします。どなたでも自由に聴講可能ですので,興味のある方は是非お越しください。なお、国際シンポジウムおよびジョイントセッションでは英語を、一般発表では日本語を使用します。

 


※上の画像をクリックすると、PDFファイル[444KB]が開きます。

 

 

The Joint Symposium between The 2nd BRIMS-Univ. of TOYAMA International Symposium – Recent Updates on Neurobehavioral Studies– and The 12th domestic Symposium on Behavior and Nervous System in Aquatic Animals

 

 日 時: 2017年12月16日(土)13:00~12月17日(日)15:20
 会 場: 富山大学理学部多目的ホール(理学部2階)

 

【プログラム】

12月16日(土)

開会挨拶  13:00 松田恒平(富山大学)
一般発表1  13:05-14:05 座長 阿部 秀樹(名古屋大学)
1-01ティラピア咽頭顎骨内における破骨細胞と末梢神経の分布について 〇井村幸介1、跡部好敏1、武田昭仁1、遠藤雅人2、船越健悟1 (1.横浜市立大学 医学部 神経解剖学、2.東京海洋大学 生物生産学講座 水族養殖学)
1-02オハグロベラPteragogus aurigarius(スズキ目、ベラ科)とその近縁魚種にみられる特異な角膜構造 〇武井史郎1、山川武2、宗宮弘明3 (1中部大、2高知大、3中部大)
1-03ゼブラフィッシュの脳における下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドの発現分布 〇中町智哉1、鎌田愛里1、谷川絢野1、魚崎雅世1、今野紀文1、松田恒平1,2 (1富山大・院理工・生体制御  2富山大・院生命融合・生体情報)
一般発表2  14:05-15:05 座長 池永 隆徳(鹿児島大学)
1-04バソトシンノックアウトメダカの自発遊泳行動の解析 〇井口わかな、中町智哉、松田恒平、今野紀文 (富山大・院理工・生体制御)
1-05ハゼ科魚類における繁殖ペア形成への神経ペプチドの関与 〇福田和也1、辻田菜摘2、国吉久人2、椋田崇生3、吉田将之2、須之部友基1 (1海洋大館山、2広島大院生物圏、3鳥取大)
1-06植食性ゾエア幼生(ハルマンスナモグリ)の各付属肢の動作と機能 〇宗宮麗1、鈴木利一2、玉置昭夫2 (1熊本県大・環境共生、2長崎大・院水産・環境)
International Symposium  15:15-17:30 Chairpersons: Kouhei Matsuda and Masayuki Ikeda (University of Toyama)

S-1

Ishwar S Parhar (Brain Research Institute, School of Medicine and Health Sciences, Monash University Malaysia)
S-2 Chronobiology: Post Novel Prize Issues Masayuki Ikeda (Graduate School of Science and Engineering, University of Toyama, Japan)
S-3 Influence of Social Stress on Gonadotropin-Inhibitory Hormone (GnIH) System Tomoko Soga (Brain Research Institute, School of Medicine and Health Sciences, Monash University Malaysia)
S-4 Neural basis of driving speciation among Rhinogobius species Masahumi Kawaguchi (Derpartment of Anatomy, University of Toyama, Japan)
Dinner 18:00-20:00 AZAMI restaurant

 

12月17日(日)

Oral presentation (Joint Symposium) 9:30-10:30 Chairperson: Tomoya Nakamachi(University of Toyama)
2-E01 Visualization of neuronal activity during prey capture behavior in zebrafish larvae 〇Akira Muto (National Institute of Genetics (NIG), Division of Molecular and Developmental Biology)
2-E02 Synchrotron CT and live-imaging analysis of pharyngeal jaws of ancient fish, arowana, gar, polypterus and lungfish, in feeding Taiki Komori1, Saki Shiomoto1, Shota Nomura1, Kenta Kuwabara2, Tomohiro Inoue2, Takanori Ikenaga1,2,3, Kentaro Uesugi4, Masato Hoshino4, Masataka Nikaido1,2, Mai Kuwata2, Maria Ohno2, Mio Aoki1, Takuya Kojima1, Taiji Takamido1, Sayaka Nishida1, Miei Honda1 and Kohei Hatta1,2◯ (1Dept of Science, Univ of Hyogo, 2 Grad Sch of Life Science, Univ of Hyogo, 3 Dept of Chemistry and Bioscience, Kagoshima Univ, 4 JASRI, Japan)
2-E03 Cerebellar neural circuitry is involved in the classical fear conditioning in zebrafish 〇Koji Matsuda1,2, Masayuki Yoshida3, Koichi Kawakami4, Masahiko Hibi1,2 and Takashi Shimizu1,2 (1Graduate School of Science, Nagoya University, 2Laboratory of Organogenesis and Organ Function, Bioscience and Biotechnology Center, Nagoya University, 3Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University, 4Division of Molecular and Developmental Biology, National Institute of Genetics, and Department of Genetics)
Special Lecture(Joint Symposium) 10:45-11:45

Chairperson: Hironori Ando (Niigata University)

Ishwar S Parhar

Lunch Break 11:45-13:00  
一般発表3  13:00-14:00 座長 山本 直之(名古屋大学)
2-01 ミドリフサアンコウChaunax abei(アンコウ目、フサアンコウ科)の視覚系:虹彩に付属する特異な薄膜構造 〇臼井基貴、武井史郎、宗宮弘明 (中部大)
2-02 魚類の味蕾におけるセロトニン免疫陽性細胞の形態と分布 〇池永隆徳,辻美奈希,中村達史,清原貞夫 (鹿児島大・院理工)
2-03キンギョとゼブラフィッシュの遊泳行動と情動行動に及ぼすコレシストキニンの影響 〇サチリガ1、吉田大祐2、飯沼直人1、今野紀文1、中町智哉1、松田恒平2,3 (1富山大・院理工・生体制御、2富山大・理・生物、3富山大・院生命融合・生体情報)
一般発表4  14:00-15:20 座長 井村 幸介(横浜市立大学)
2-04 ラージマウスバスの捕食行動を誘発する匂い物質の同定 〇山本啓仁、山本直之 (名古屋大・院水圏動物学研究分野)
2-05魚類終脳による運動制御系の探索 〇山口由二朗、山本直之 (名古屋大・院水圏動物学研究分野)
2-06 クサフグの半月周性産卵リズムの調節機構:メラトニンシグナルと概潮汐時計 〇安東宏徳 (新潟大学理学部附属臨海実験所)
2-07 ミネラルコルチコイド受容体ノックアウトメダカにおける行動と色素胞の観察 〇後藤はるか1、吉織円香2、高橋英也2、今野紀文1、中町智哉1、坂本浩隆2、坂本竜也2、松田恒平1,3 (1富山大・院理工・生体制御学、2岡山大・理・牛窓臨海実験所、3富山大・院生命融合・生体情報)
閉会挨拶  15:20 松田恒平(富山大学)

 

問い合わせ先: 大学院理工学研究部(理学) 松田 恒平 教授