研究業績 | 富山大学大学院 理工学研究部(理学) / 理学部 生物圏環境科学科 生物圏機能III講座

研究業績

学術論文 (2002年~)

英 文

  1. Tanaka, D., Terada, Y., Nakashima, T., Sakatoku, A., Nakamura, S. (2014)
    Seasonal variations in airborne bacterial community structures at a suburban site of central Japan over a 1-year time period using PCR-DGGE method.
    Aerobiologia, in press.
  2. Tiodjio, R. E., Sakatoku, A., Nakamura, A., Tanaka, D., Fantong, W. Y., Tchakam, K. B., Tanyileke, G., Ohba, T., Hell, V. J., Kusakabe, M., Nakamura, S., Ueda, A. (2014)
    Bacterial and archaeal communities in Lake Nyos (Cameroon, Central Africa).
    Sci. Rep., 4: 6151.
  3. Sakatoku, A., Tanaka, D., Kamachi, H., and Nakamura, S. (2014)
    Cloning and Characterizing the Thermophilic and Detergent Stable Cellulase CelMytB from Saccharophagus sp. Myt-1.
    Indian J. Microbiol., 54: 20-26.
  4. Yamashiro, Y., Sakatoku, A., Tanaka, D., and Nakamura, S. (2013)
    A Cold-Adapted and Organic Solvent-Tolerant Lipase from a Psychrotrophic Bacterium Pseudomonas sp. Strain YY31: Identification, Cloning, and Characterization.
    Appl. Biochem. Biotechnol., 171: 989-1000.
  5. Sakatoku, A., Tanaka, D., and Nakamura, S. (2013)
    Purification and Characterization of an Alkaliphilic Alginate Lyase AlgMytC from Saccharophagus sp. Myt-1.
    J. Microbiol. Biotechnol., 23: 872-877.
  6. Tanaka, D., Yoneda, S., Yamashiro, Y., Sakatoku, A., Kayashima, T., Yamakawa, K., and Nakamura, S. (2012)
    Characterization of a new cold-adapted lipase from Pseudomonas sp. TK-3.
    Appl. Biochem. Biotechnol., 168: 327-338.
  7. Sakatoku, A., Wakabayashi, M., Tanaka, Y., Tanaka, D., and Nakamura, S. (2012)
    Isolation of a novel Saccharophagus species (Myt-1) capable of degrading a variety of seaweeds and polysaccharides.
    MicrobiologyOpen, 1: 2-12.
  8. Wakabayashi, M., Sakatoku, A., Noda, F., Noda, M., Tanaka, D., and Nakamura, S. (2012)
    Isolation and characterization of Microbulbifer species 6532A degrading seaweed thalli to single cell detritus particles.
    Biodegradation, 23: 93-105.
  9. Tanaka, D., Tokuyama, Y., Terada, Y., Kunimochi, K., Mizumaki, C., Tamura, S., Wakabayashi, M., Aoki, K., Shimada, W., Tanaka, H., and Nakamura, S. (2011)
    Bacterial communities in Asian dust-containing snow layers on Mt. Tateyama, Japan.
    Bull. Glaciol. Res., 29: 31-39.
  10. Nishikawa, A., Sakamoto, Y., Sakatoku, A., Noguchi, M., Tanaka, D., and Nakamura, S. (2010)
    Induction of deflagellation by various local anesthetics in Chlamydomonas reinhardtii dangeard (Chlamydomonadales, Chlorophyceae).
    Phycol. Res., 58: 79-87.
  11. Tanaka, D., Takashima, M., Mizuta, A., Tanaka, S., Sakatoku, A., Nishikawa, A., Osawa, T., Noguchi, M., Aizawa, S., and Nakamura, S. (2010)
    Acinetobacter sp. Ud-4 efficiently degrades both edible and mineral oils: isolation and characterization.
    Curr. Microbiol., 60: 203-209.
  12. Tanaka, D., Tanaka, S., Yamashiro, Y., and Nakamura, S. (2008)
    Distribution of oil-degrading bacteria in coastal seawater, Toyama Bay, Japan.
    Environ. Toxicol., 23: 563-569.
  13. Loganathan, B.G., Nune, S., Sickel, J., Sakatoku, A., Tanaka, D., and Nakamura,S. (2007)
    Persistent organic pollutant concentrations and stress protein levels in freshwater mussels from Kentucky Lake, USA.
    Organohalogen Compounds, 69: 1384-1387.
  14. Nakamura, S., Sakamoto, Y., Ishiyama, M., Tanaka, D., Kunii, K., Kubo,K., and Sato, C. (2007)
    Characterization of two oil-degrading bacterial groups in the Nakhodka oil spill.
    Int. Biodeterior. Biodegrad., 60: 202-207.
  15. Watanabe, S., Tsujimura, S., Misono, T., Nakamura, S., and Inoue, H. (2006)
    Hemiflagellochloris kazakhstanica gen. et sp. nov.: a new coccoid green alga with flagella of considerably unequal lengths from a saline irrigation land in Kazakhstan (Chlorophyceae, Chlorophyta).
    J. Phycol., 42: 696-706.
  16. Hasegawa, Y., Arimitsu, T., Nakamura, S., Kodaira, K., Shinohara, H., and Yasukawa, H. (2005)
    Analysis of Rad51 in the social amoeba Dictyostelium discoideum: sequence, induction and disruption.
    Microbes Environ., 20: 186-189.
  17. Yokoi, K., Kawahigashi, N., Uchida, M., Sugahara, K., Shinohara, M., Kawasaki, K.-I., Nakamura, S., Taketo, A., and KodairaK.-I. (2005)
    The two-component cell lysis genes holWMY and lysWMY of the Staphylococcus warneri M phage φWMY: cloning, sequencing, expression, and mutational analysis in Escherichia coli. 
    Gene, 351: 97-108.
  18. Yokoi, K., Shinohara, M., Kawahigashi, N., Nakagawa, K., Kawasaki, K., Nakamura, S., Taketo, A., and KodairaK.-I. (2005)
    Molecular properties of the two-component cell lysis system encoded by prophage φgaY of Lactobacillus gasseri JCM 1131T : cloning, sequencing, and expression in Escherichia coli. 
    Int. J. Food Microbiol., 99: 297-308.
  19. Hasegawa, Y., Wakabayashi, M., Nakamura, S., Kodaira, K., Shinohara, H., and Yasukawa, H. (2004)
    A homolog of Escherichia coli RecA in mitochondria of the cellular slime mold Dictyostelium discoideum.
    DNA Repair, 3: 515-525.
  20. Tominaga, H., Nakamura, S., and Komatsu, M. (2004)
    Reproduction and development of the conspicuously dimorphic brittle star Ophiodaphne formata (Ophiuroidea).
    Biol. Bull., 206: 25-34.
  21. Tsuji, A., Akaza, Y., Nakamura, S., Kodaira, K., and Yasukawa, H. (2003)
    Multinucleation of the sodC-deficient Dictyostelium discoideum.
    Biol. Pharm. Bull., 26: 1174-1177.
  22. Suzuki, T., Yamasaki, K., Fujita, S., Oda, K., Iseki, M., Yoshida, K., Watanabe, M., Daiyasu, H., Toh, H., Asamizu, E., Tabata, S., Miura, K., Fukuzawa, H., Nakamura, S., and Takahashi, T. (2003)
    Archaeal-type rhodopsins in Chlamydomonas: model structure and intracellular localization.
    Biochem. Biophys. Res. Commun., 301: 711-717.
  23. Nakamura, S., Sakamoto, Y., Ishiyama, M., Kunii, K., Kubo, K., and Sato, Ch. (2003)
    Characterization of heavy oil degrading bacterial groups isolated from the Nakhodka oil spill.
    Heavy Oil Spilled from Russian Tanker ”Nakhodka ”in 1997: Towards eco-responsibility, Earth Sense ”(ed. Tazaki, K.), 21st Century COE Kanazawa University, 299-308.
  24. Takeshi, S., Yamasaki, K., Fujita, S., Oda, K., Iseki, M., Yoshida, K.,Watanabe, M., Daiyasu, H., Toh, H., Asamizu, E., Tabata, S, Miura, K.,Fukuzawa, H., Nakamura, S., and Takahashi, T. (2003)
    Archaeal-type rhodopsins in Chlamydomonas: model structure and intracellular localization.
    Biochem. Biophysic. Res. Commun., 301: 711-717.
  25. Kakikawa, M., Yamakawa, A., Yokoi, K., Nakamura, S., Taketo, A., and Kodaira, K. -I. (2002)
    Characterization of the major tail protein gpP encoded by Lactobacillus plantarum phage φ gle.
    J. Biochem. Mol. Biol. Biophys., 6: 185-191.

和 文

  1. 中村省吾、田中俊輔、松村航、野口宗憲、田中大祐 (2009)
    富山湾沿岸域海水中のバクテリア群集構造と汚染監視への有用性.
    用水と廃水、51: 909-917.
  2. 田中仁志、西村 修、中村省吾、須藤隆一 (2005)
    単細胞緑藻Chlamydomonas reinhardtii と甲殻類Daphnia magna の運動性に対するアルキルフェノール類の影響.
    水環境学会誌、28: 333-338.
  3. 田中仁志、金 主鉉、中村省吾、須藤隆一 (2002)
    アルキルフェノール類が単細胞緑藻Chlamydomonas reinhardtii の成長に及ぼす影響.
    水環境学会誌、25: 39-45.
  4. 堀家直哉、西川 淳、田中仁志、中村省吾 (2002)
    単細胞緑藻ドナリエラの鞭毛再生による沿岸域海水のバイオアッセイの可能性.
    水環境学会誌、25: 485-490.

総説・解説

  1. 田中大祐、田中俊輔、中村省吾 (2008)
    富山湾沿岸域海水中のバクテリア群集構造解析.
    月刊海洋、号外47: 118-126.
  2. 中村省吾、酒徳昭宏、田中大祐 (2008)
    富山湾沿岸域に分布するイガイ類とそのストレス蛋白質.
    月刊海洋、号外47: 127-135.

学会発表 (2005年~)

  1. 酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2014年3月)
    多種類の海藻を分解する細菌Saccharophagus sp. Myt-1株の好温・界面活性剤耐性セルラーゼ (CelMytB) のキャラクタリゼーション
    第48回日本水環境学会年会、東北大学(宮城)
  2. 田中大祐、高橋透陽、田岸恵理花、田中仁志、木持 謙、西尾正輝、山崎裕治、酒徳昭宏、中村省吾 (2014年3月)
    イタセンパラとイシガイ科二枚貝が生息する富山県下の小河川における微生物群集構造の解析
    第48回日本水環境学会年会、東北大学(宮城)
  3. 中島拓也、酒徳昭宏、中村省吾、田中大祐 (2013年11月)
    富山県における大気中細菌のリアルタイムPCR法による定量とその季節変動について 第29回日本微生物生態学会大会、鹿児島大学(鹿児島)
  4. 佐藤 圭、寺田陽平、酒徳昭宏、中村省吾、田中大祐 (2013年11月)
    立山と富山平野で採取したバイオエアロゾルの特徴
    第29回日本微生物生態学会大会、鹿児島大学(鹿児島)
  5. 酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2013年5月)
    Saccharophagus sp. Myt-1株の好アルカリアルギン酸リアーゼのキャラクタリゼーション
    環境バイオテクノロジー学会2013年度大会、北九州国際会議場(福岡)
  6. 中村省吾、星野一宏、中村明広、山代陽子、森岡絵里、酒徳昭宏、田中大祐、山口義則 (2013年5月)
    富山湾の海水から単離した微細藻類とそれらのキャラクタリゼーション
    環境バイオテクノロジー学会2013年度大会、北九州国際会議場(福岡)
  7. 佐藤綾香、中村明広、田中大祐、中村省吾 (2013年3月)
    富山県下五大河川水中の真核微生物群集構造の解析
    第47回日本水環境学会年会、大坂工業大学(大坂)
  8. 塚越守人、酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2013年3月)
    ムラサキインコガイの消化腺ホモジナイズ液による重油の細粒化と分解
    第47回日本水環境学会年会、大坂工業大学(大坂)
  9. 吉田秀徳、田中大祐、上田 晃、中村省吾、高間俊秀 (2013年3月)
    富山県下の地下水・温泉水中に生息する微生物の群集構造解析
    第47回日本水環境学会年会、大坂工業大学(大坂)
  10. 遠藤宗啓、米田 覚、田中大祐、中村省吾 (2013年3月)
    富山湾および立山連峰から分離したリパーゼやプロテアーゼを産生する細菌のキャラクタリゼーション
    第47回日本水環境学会年会、大坂工業大学(大坂)
  11. Yohei Mizuno, Daisuke Tanaka, Kota Kunimochi, Takuya Nakashima, Shogo Nakamura (2012年9月)
    Effects of Ultraviolet Radiation on Pigmented Airborne Bacterial Isolates from Toyama, Japan. 第28回日本微生物生態学会大会、豊橋技術科学大学(愛知)
  12. Satoru Yoneda, Daisuke Tanaka, Yoko Yamashiro, Akihiro Sakatoku, Takuro Kayashima, Kasumi Yamakawa, Shogo Nakamura (2012年9月)
    A Cold-Adapted Lipase of a Psychrotrophic Pseudomonas sp. TK-3: Gene Cloning, Purification, and Characterization.
    第28回日本微生物生態学会大会、豊橋技術科学大学(愛知)
  13. 土性功季、中村明広、佐藤綾香、田中大祐、中村省吾 (2012年3月)
    富山湾沿岸の表層海水中に生息する真核微生物の群集構造解析
    第46回日本水環境学会年会、東洋大学(東京)
  14. 田中俊輔、酒徳昭宏、中村明広、田中大祐、中村省吾、飯田直樹、松村 航 (2012年3月)
    富山湾の表層海水中及び海洋深層水中のバクテリア群集構造解析
    第46回日本水環境学会年会、東洋大学(東京)
  15. 高橋透陽、田中大祐、田中仁志、木持 謙、西尾正輝、山崎裕治、中村省吾 (2012年3月)
    イタセンパラとイシガイ科二枚貝が生息する富山県下の小河川における細菌群集構造
    第46回日本水環境学会年会、東洋大学(東京)
  16. 中村明広、土性功季、田中大祐、中村省吾 (2012年3月)
    富山県下五大河川水中の細菌群集における季節的動態の解析
    第46回日本水環境学会年会、東洋大学(東京)
  17. 酒徳昭宏、田中裕也、若林雅行、田中大祐、中村省吾 (2011年10月)
    多種類の海藻藻体や多糖を分解する新規単離株Saccharophagus degradans Myt-1のキャラクタリゼーション
    第27回日本微生物生態学会大会、京都大学(京都)
  18. 寺田陽平、徳山祐美、田中大祐、中村省吾 (2011年10月)
    富山県の大気中における細菌群集の季節動態
    第27回日本微生物生態学会大会、京都大学(京都)
  19. 田中大祐、田村尚子、寺田陽平、青木一真、島田 亙、中村省吾 (2011年3月)
    立山における黄砂を含む積雪層中の細菌の分離・同定
    第5回大気バイオエアロゾルシンポジウム(要旨集)
  20. 田中裕也、大野正義、宮坂陽子、唐澤久実子、田中大祐、中村省吾 (2011年3月)
    単離された重油分解菌Nga-22A2 とNga-5 のキャラクタリゼーション
    第45回日本水環境学会年会(講演要旨集)
  21. 酒徳昭宏、若林雅行、田中大祐、中村省吾 (2011年3月)
    多種類の海藻藻体を分解する細菌Myt-1 のキャラクタリゼーション
    第45回日本水環境学会年会(講演要旨集)
  22. 田中俊輔、中村明広、田中大祐、中村省吾 (2011年3月)
    富山湾海水中におけるバクテリア群集構造解析
    第45回日本水環境学会年会(講演要旨集)
  23. 中村明広、田中俊輔、田中大祐、中村省吾 (2011年3月)
    富山県下の五大河川水中のバクテリア群集構造解析
    第45回日本水環境学会年会(講演要旨集)
  24. 田中大祐、徳山祐美、寺田陽平、国持孝太、青木一真、島田 亙、中村省吾 (2010年8月)
    黄砂を含む立山積雪中における細菌群集構造の解析
    第27回エアロゾル科学・技術研究討論会、名古屋大学(名古屋)
  25. 青木一真、島田 亙、田中大祐、松木 篤 (2010年8月)
    高低差3000mから観るエアロゾルの季節変化
    第27回エアロゾル科学・技術研究討論会、名古屋大学(名古屋)
  26. 酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2010年5月)
    多種類の海藻を分解する細菌Myt-1 のキャラクタリゼーション
    第13回マリンバイオテクノロジー学会大会、広島大学(広島)
  27. 田中俊輔、中村明広、田中大祐、中村省吾、飯田直樹、松村 航 (2010年3月)
    富山湾海水中および海底堆積物中におけるバクテリア群集構造
    第44回日本水環境学会年会、福岡大学(福岡)
  28. 田中大祐、高嶋美雪、水田阿沙子、酒徳昭宏、中村省吾 (2010年3月)
    鉱物油と食用油を分解するAcinetobacter sp. Ud-4のキャラクタリゼーション
    第44回日本水環境学会年会、福岡大学 (福岡)
  29. 田中大祐、徳山祐美、青木一真、中村省吾 (2009年11月)
    立山における黄砂を含む積雪層中の細菌群集構造解析
    第1回能登総合シンポジウム、珠洲市商工会議所 (石川)
  30. 田中大祐、徳山祐美、青木一真、中村省吾 (2009年11月)
    立山室堂平における黄砂を含む積雪層中の細菌群集構造
    第25回日本微生物生態学会、広島大学 (広島)
  31. 紅谷崇司、酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2009年3月)
    富山湾沿岸域に生息するイガイ類2種に対する高温海水の影響
    2009年度日本付着生物学会総会・研究集会、東京海洋大学 (東京)
  32. 酒徳昭宏、紅谷崇司、田中大祐、中村省吾 (2009年3月)
    ムラサキイガイが持つ重油分解成分の探索
    2009年度日本付着生物学会総会・研究集会、東京海洋大学 (東京)
  33. 田中俊輔、田中大祐、中村省吾 (2009年3月)
    バクテリア群集構造を用いた富山湾沿岸域の海洋汚染モニタリングの検討
    第43回日本水環境学会年会、山口大学 (山口)
  34. 酒徳昭宏、紅谷崇司、田中大祐、中村省吾 (2009年3月)
    富山湾に棲息するムラサキイガイへの高温ストレスの影響とHsp70の発現
    第43回日本水環境学会年会、山口大学 (山口)
  35. 紅谷崇司、酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2009年3月)
    富山湾に生息するムラサキインコガイの熱ショックタンパク質の発現
    第43回日本水環境学会年会、山口大学 (山口)
  36. 田中大祐、徳山祐美、青木一真、中村省吾 (2009年1月)
    富山大学屋上で捕集した大気中微生物の群集構造の解析
    第3回大気バイオエアロゾルシンポジウム、KKRホテル仙台 (宮城)
  37. 酒徳昭宏、紅谷崇司、田中大祐、中村省吾 (2008年4月)
    富山湾沿岸域に分布するイガイ類とそれらのHsp70
    2008年度日本付着生物学会総会・研究集会、日本海洋大学 (東京)
  38. 中村省吾、平井祐介、田中仁志、田中大祐 (2008年3月)
    単細胞緑藻クラミドモナスの変異株を用いたバイオアッセイの有用性
    第42回日本水環境学会年会、名古屋大学 (愛知)
  39. 田中大祐、高嶋美雪、水田阿沙子、中村省吾 (2008年3月)
    複数種の油を分解する細菌Ud-4のキャラクタリゼーション
    第42回日本水環境学会年会、名古屋大学 (愛知)
  40. 中村省吾 (2008年3月)
    単細胞緑藻クラミドモナスで何が出来るか
    マリンバイオマス研究会 藻・細菌類のエネルギー利用を考える、三重大学 (三重)
  41. 田中大祐、中村省吾 (2008年3月)
    セルロース分解菌の単離とキャラクタリゼーション
    マリンバイオマス研究会 藻・細菌類のエネルギー利用を考える、三重大学 (三重)
  42. 田中俊輔、田中大祐、中村省吾 (2007年11月)
    富山湾沿岸海水中の油分解菌の解析
    日本水処理生物学会 第44回大会、富山国際会議場 (富山)
  43. 酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2007年11月)
    ムラサキイガイは重油分解能がある成分を消化腺内に持つ
    日本水処理生物学会 第44回大会、富山国際会議場 (富山)
  44. 田中大祐、中村省吾 (2007年10月)
    廃食用油分解菌を利用した微生物製剤の開発
    第21回全国浄化槽技術研究集会、ホテル青森 (青森)
  45. Nakamura S, Sakatoku A, Tanaka D (Aug, 2007)
    Western blot analysis of heat shock proteins in Mytilus galloprovincialis collected from Toyama Bay, Japan.
    13th International Symposium on Toxicity Assessment, Toyama Prefectural Hall (Toyama)
  46. Tanaka D, Tanaka S, Yamashiro Y, Nakamura S (Aug, 2007)
    Distribution of oil-degrading bacteria in coastal seawater, Toyama Bay, Japan.
    13th International Symposium on Toxicity Assessment, Toyama Prefectural Hall (Toyama)
  47. 酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2007年3月)
    富山湾沿岸域に生息するイガイ類とそのストレス蛋白質
    >2007年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「キトキト富山湾研究の最前線から」 東京海洋大学(東京)
  48. 田中俊輔、田中大祐、中村省吾 (2007年3月)
    富山湾沿岸域海水中のバクテリア群集構造解析
    >2007年度日本海洋学会春季大会シンポジウム「キトキト富山湾研究の最前線から」 東京海洋大学(東京)
  49. 田中俊輔、田中大祐、中村省吾 (2007年3月)
    富山湾沿岸域の海水に見られる油膜中のバクテリア群集構造解析
    第41回日本水環境学会年会 大阪産業大学(大阪)
  50. 酒徳昭宏、田中大祐、中村省吾 (2007年3月)
    富山湾に生息するムラサキイガイのHsp70様蛋白質の季節変動
    第41回日本水環境学会年会 大阪産業大学(大阪)
  51. 清水 優、山代陽子、高橋孝幸、田中大祐、中村省吾 (2007年3月)
    食用油分解菌の単離とキャラクタリゼーション
    第41回日本水環境学会年会 大阪産業大学(大阪)
  52. 清水 優、田中仁志、田中大祐、中村省吾 (2006年9月)
    単細胞緑藻クラミドモナスの鞭毛再生に及ぼす農薬の影響
    第12回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 合同研究発表会 北里大学(東京)
  53. 坂本佳彦、西川 淳、中村省吾 (2006)
    Capsaicinによる単細胞緑藻クラミドモナスの鞭毛切断
    日本藻類学会第30回大会、鹿児島大学工学部
  54. 中村省吾、村田佳之 (2005)
    富山湾におけるムラサキイガイのストレス蛋白について
    STRESS proteins in marine mussel Mytilus galloprovinciallis in Toyama Bay.

    第39回日本水環境学会年会、千葉大学
  55. 村田佳之、中村省吾 (2005)
    富山湾産ムラサキイガイにおけるストレス蛋白質の探索
    第11回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会 合同研究発表会 淑徳短期大学(東京)
Copyright © 富山大学 大学院 理工学研究部(理学), 理学部生物圏環境科学科 生物圏機能Ⅲ講座. All Rights Reserved.