生物圏、そこではたえ間なく物質が流れ循環し、人間をはじめ多様な生物が、環境と微妙な調和を保ちながら生きています。自然環境科学科では、このかけがえのない地球環境の大切さを科学の目を通して理解することのできる人材を育て、世に送り出したいと考えています。本学科がめざす教育・研究は、新しく幅広い分野にまたがっています。好奇心に富み、自主的に学ぼうとする意欲的な学生の入学を期待します。

自然環境科学科ウェブサイト

カリキュラム

自然環境科学科は、理学部における環境科学科としては日本で最初に設置され、物理、化学、生物、地球科学の総合力で環境科学を学ぶことを理念としています。最近は、高等学校におけるカリキュラムや各教科の内容などに変更もあり、入学時に各科目を十分に学習してこなかった学生も増えてきたことから、理学部共通基礎科目としての授業だけでなく、専門の授業においても、基礎的な物理学、化学、生物学、地球科学を学べるように、きめ細かな授業計画が立てられています。また、各教員はオフィスアワーを設け、 学生の質問や相談に常時対応できるようにもしています。

授業内容
1年生/ 環境科学入門・環境基礎生物学A・生物圏環境科学概論・化学概論Ⅰ・水環境化学
2年生/環境基礎生物学B・生態学・生物圏環境科学実験・環境化学・基礎有機化学・環境化学計測・保全生物学・環境物理学・古生物学・野外実習・植物生態学
3年生/環境植物生理学・環境微生物学・環境生物学・生物圏環境科学実験・海洋科学・地球化学・環境保全化学・大気物理学・雪氷物理学・科学英語
4年生/ 卒業論文

1年前期の時間割例
 
1 情報処理 基盤英語Ⅰ 健康・スポーツ 生物学概論Ⅱ 地球科学概論Ⅰ
2 総合科目系 人文科学系 ESPⅠ 物理学概論Ⅰ
物理学序説Ⅰ
化学概論Ⅰ
3 第二外国語基礎Ⅰ 第二外国語
コミュニケーションⅠ
TOEIC英語
e-ラーニング
環境科学概論 線形代数学
4 医療・
健康科学系
人文科学系 微分積分学Ⅰ
5 社会科学系科目 総合科目系 環境科学入門

講義時間:1限(8:45~10:15)、2限(10:30~12:00)、3限(13:00~14:30)、4限(14:45~16:15)、5限(16:30~18:00)
は自然環境科学科専門科目です。
1年間又は1学期に履修科目として登録できる単位数には上限があります。

2年前期の時間割例
 
1 社会科学系科目 環境化学計測 環境物理学 博物館概論
〈学芸員科目〉
理科教育法Ⅰ
〈教職科目〉
2 環境基礎
生物学B
生涯学習概論
〈学芸員科目〉
環境化学
3 自然科学系科目 生物圏環境
科学実験Ⅰ
生物圏環境
科学実験Ⅰ
4 人文科学系 社会科学系科目 基礎生物学
実験
5 自然科学系科目 総合科目系 基礎有機化学

講義時間:1限(8:45~10:15)、2限(10:30~12:00)、3限(13:00~14:30)、4限(14:45~16:15)、5限(16:30~18:00)
は自然環境科学科専門科目です。
1年間又は1学期に履修科目として登録できる単位数には上限があります。

分野紹介

人間活動の規模の拡大と多様化にともない、地球温暖化ガスの放出や大気汚染、水質汚染、土壌汚染などの多様な環境問題が顕在化したため、環境を正しく評価・修復する手段や思考がますます必要とされています。自然環境科学科では、化学、地球科学の側面から環境問題へアプローチし、水や土壌に含まれる微量有害成分や環境汚染化学物質の簡便迅速な分析方法を開発し、富山県の土壌や河川水、海水、大気の環境を調査しています。また、排水中の有害成分を除去するための基礎的な研究も行っています。さらに、微量元素や安定同位体比を用いた、陸域と海域の環境動態解明に関する研究を通して地球規模の環境問題にも取り組んでいます。 また、富山県内の豊富な地熱資源の利用を探るために地下水・温泉水の分析や、我が国周辺海域の海底熱水鉱床探査技術の開発を通して、環境に配慮したエネルギー・鉱物資源の開発を目指し、持続的な経済発展にも貢献します。

立山での野外実習
室内実験の様子
野生動物(タヌキ)の解剖

一方、私達の生活は多様な生物に支えられて成立しています。それは汚染物質のバイオレメディエーションや重油分解細菌のような微生物の活用など、環境問題の対策も例外ではありません。それには生物多様性の保全が必要であり、そのためには生物と環境の相互作用や、生命の歴史などを知ることが必要です。自然環境科学科では、生物と環境との相互作用についての理解を深めるため、生物機能の仕組みについて、細胞レベルから生物集団レベルまでの幅広い研究を行っています。例えば、生物の環境ストレスに対する防御機構の解明や植物が環境の変化をどのように認識しているのかについての研究、大気・河川水・海洋・地下水中の微生物群集構造についての研究、微生物を用いた環境水の汚染評価・修復方法についての研究、植物と訪花昆虫の関係についての研究、立山における地球環境変動の影響についての研究などを行っています。また、哺乳動物や寄生虫などの野生動物の生態や保全、生命の歴史について理解を深めるため化石を用いた古生態や生命進化について研究を進めています。

河川の流量測定
富山湾海水の採取
定性分析実験

さらに、私達の住む地球には、大気や水が存在します。大気中に浮遊する微粒子(エアロゾル)やそれが核となって出来る雲は、さまざまな気候影響を起こしています。それらの影響を解明するため、物理学の視点からその影響の解明に取り組んでいます。また、大気中の水分は、氷晶から雪結晶となり、地上に雪や雨として降ってきます。雪はその成長により多様な形態を持っており、その形態形成メカニズムの解明に取り組んでいます。富山県には標高3千メートル級の立山があり、春には6mを超える積雪が見られます。この積雪には、冬期間の降雪だけでなく、立山にやってくるさまざまな起源の微粒子や成分が含まれており、地球環境のタイムカプセルとしてその解明にも取り組んでいます。

学生メッセージ

大学院理工学教育部 生物圏環境科学専攻 修士課程2年

質問です!!私が研究しているヘビノネゴザという植物を知っていますか?おそらくほとんどの方は初耳なので、スマホやPCで「ヘビノネゴザ」と検索しているのではないでしょうか。するとそこには、シダ植物の一種でカドミウムなどの重金属を高濃度に蓄積すると書かれているはずです。しかし、こういったウェブ上で得られる情報は、すでに世界のどこかで、誰かが発見したものがほとんどです。しかも、なぜこの植物は重金属を蓄積しても枯れないのか、重金属汚染地という特殊な環境でどのように栄養を獲得しているのか、明確な答えはどこにも掲載されていません。理学部とは、そのような誰も知らない新たな事実を解明する学部です。理学部の中でも、本学の自然環境科学科は様々な分野の教員がおり、隣り合う研究室でも全く異なる研究を行うユニークな学科です。そのような学科で、私は上記した重金属汚染地に育つヘビノネゴザについて研究をしていますが、植物そのものの分析結果に限らず、土壌分析や気象条件を合わせて多角的に解析・考察をしています。微生物や化学分析などの植物以外の知識も必要になるため、分野を超えた多くの先生との交流があり、刺激的です。
入学後は幅広い分野の講義や実験から、それぞれの研究内容について理解を深めることができます。そして3年生の後期から卒業研究に取り組みますが、長い人生の中で研究者の仲間入りができる、とても有意義で貴重な時間となることでしょう。自分の興味・疑問を大切に、充実した学生生活を!

大学院理工学教育部 生物圏環境科学専攻 修士課程2年

自然環境科学科では、分析化学、生物学、地球化学などの幅広い分野を学び、様々なアプローチで「環境」をテーマとした研究に取り組んでいます。
1年生では、一般教養を身につける教養科目の授業を主に受講し、2年、3年生になると専門科目が増え、学生実験も始まります。学生実験では化学物質の定性・定量分析、土壌や河川水の分析、環境中の細菌の培養・プランクトンの観察、哺乳動物の解剖など幅広い分野の実験が行えます。その他にも、野外での実習が盛んに行われており、川、海、山でのフィールドワークが行えます。
4年生になってからは各々研究室に配属され、卒論発表に向けて自分の興味がある研究テーマに取り組んでいきます。私たちは環境分析化学の研究室に所属しています。本研究室ではテーマとして新規分析手法の開発、森林火災によって生じた有害物質の分析、細胞を用いた毒性評価など幅広い分野を取り扱っています。
大学生活は、自分のやりたいことを見つけ、挑戦できるチャンスです。皆さんの知的好奇心を十分に発揮し、多くのことを学び充実した学生生活を送りましょう。

TOPICS

教員と研究テーマ

青木 一真教授

雲やエアロゾルの光学的特性の時間・空間変動が気候に与える影響について研究を行っています。

石井 博教授

生態系、特に花と昆虫をとりまく系における生物と生物、生物と環境の相互作用の研究をしています。

倉光 英樹教授

環境汚染物質の濃度や毒性を評価するための分析法(センサやバイオアッセイ)の開発と,それらを利用した陸水,及び,土壌環境のモニタリングを実施しています。また,吸着法や電気化学的手法を利用した水処理技術の開発にも取り組んでいます。

田中 大祐教授

大気・水環境中の微生物の動態と影響や、微生物を用いた環境修復について研究しています。

張 勁教授

海洋・陸水および大気中の微量元素と同位体を測定し、地球環境の物質循環やそのメカニズムを解明します。

堀川 恵司教授

海洋堆積物や堆積物中の微化石試料,海水・河川水試料などの炭素・酸素,ストロンチウム,鉛,ネオジム同位体比などの分析を通して地球の環境動態を理解する研究を行っています。

横畑 泰志教授

野生動物(モグラ類など)と、その体内に見られる寄生虫の生態や保全の研究をしています。

上田 晃特別研究教授

地下水や地熱水の起源・流動解析と室内暖房や温室栽培等への応用研究、及び地熱発電所のシリカスケールの生成機構解明や防止条件の検討を行っている。

柏木 健司准教授

洞窟の形成過程、哺乳類や放散虫、陸産貝類などの古生物、洞窟を利用する現生哺乳類の生態に関する研究をしています。

蒲池 浩之准教授

植物がどのように環境の変化を認識して自身の成長をコントロールしながら成長しているのか、植物の環境応答やストレス耐性に関する研究を行っています。

島田 亙准教授

雪、氷、ハイドレート結晶の物性と、それらの核生成や成長に関する実験的研究を行っています。

梁 熙俊特命准教授

地熱発電のため、岩石ーCO2水反応の実験的・理論的解析、また、熱水・温泉水・地下水の地球化学的挙動および流動解析を行っています。

酒徳 昭宏講師

生物を用いた, 環境汚染評価(バイオアッセイ)方法と環境汚染修復(バイオレメディエーション)方法の開発を目指した研究を行なっています。また, 環境微生物を解析することで, 国内の重要な水産資源 (アコヤ真珠やトラフグ) の保全に繋げる研究も行っています。

太田 民久助教

森林植生が生態系内の物質循環および河川や土壌の無脊椎動物に与える影響に関する研究や、同位体分析技術を応用した生物の移動履歴推定などを行っています。

佐澤 和人助教

土壌・水環境中の有機物質を定性・定量することで環境を評価することを目指しています。また、環境試料の色彩を利用した分析法の開発も行っています。

鹿児島 渉悟 特命助教

火山や断層で放出されるガス・水試料などの同位体測定を通して、物質循環や火山・地震活動のメカニズムの解明を目指しています。

片境 紗希 特命助教

同位体等の環境化学トレーサーを用いた陸上地下水・河川水の水質および起源評価や沿岸地下水湧出の調査を行っています。

TOP