banner
  富山大学 > 理学部・大学院理工学教育部理学領域 > トピックス > 2008年2月
トピックス
小さな化石の大活躍 ―アジア大陸の地史を変えつつある放散虫化石― (地球科学科)
放散虫化石は、その大きさが0.1〜0.5mm前後と、顕微鏡で観察してやっと形が分かる程度の、 小さなプランクトン化石です。あまり聞きなれないなと感じるかもしれませんが、 1800年代中頃には既に、主にヨーロッパで立派な研究対象となっていました。一方、日本での 放散虫化石の一大ブームは1970年代頃から始まり、プレートテクトニクスや付加体といった新 しい概念の導入とともに、日本列島の骨格をなす地層の歴史(地史)は、放散虫化石により大 きく書き換えられました。放散虫化石は現在、日本列島をはじめとして、ロシア、中国、フィ リッピン、タイなどの東アジア各地で、地層が堆積した時代や古環境を解明するツールとして、 休む暇も無く大活躍しています。

図2
図2:ハンガイ−ヘンテイ帯(図の黄色部分)の位置を示すモンゴルの地帯 (地層)区分図。モンゴルから初めての放散虫化石は、ハンガイ−ヘンテイ帯に分布するゴル ヒ層という地層から得られました。Uは首都ウランバートルです。

最近、放散虫化石の東アジアにおける活躍の場に、モンゴルが新たに付け加えられました。 モンゴルは、北はロシアに、南は中国にはさまれた、東西に約2,300kmで南北に約1,200kmもの 広い国土を持ちます。また、標高は1,000m以上の地域が大半を占めます。2003年秋に始まった 日本−モンゴル共同研究では、モンゴル中央部に位置するハンガイ−ヘンテイ帯(図2)を対象 に、深海底に堆積したチャートと呼ばれる岩石から、放散虫化石の抽出を試みました。そして、 モンゴルから初産出の放散虫化石の時代は、その形態から約4億年前の古生代デボン紀であるこ とが分かりました(図3)。東アジア大陸は、かつて幾つかの大陸に分かれていたものが、中生 代に衝突して結合し、現在みられるような一つの大陸になったことが知られています。デボン 紀を示す放散虫化石は、モンゴル中央部に広がる標高1,500m前後の大草原が、約4億年前には水 深数千mに達する大洋底であったことを、初めて具体的に示しました。モンゴルの地史は、放散 虫化石により大きく書き換えられつつあります。

富山大学理学部地球科学科では、顕微鏡でしか観察できないけれど、地球の地史を解明する上 で見逃せない放散虫化石を、日本列島のみならず東アジア全域を視野に入れて、調査研究を 展開中です(図4)。
図3_1
図3_2
図3:モンゴルから初めて報告されたデボン紀を示 す放散虫化石。2004年の報告の後、我々のグループは広域的に地質調査を行い多くの地点から 放散虫化石を得ています。
図4_1 図4_2
図4:モンゴルでの地質調査の様子
(地球科学科 柏木健司・大藤 茂)
トピックスに戻る

Last modified 2008.01.31
富山大学理学部広報委員会情報・広報部会作成