English中文簡体字한국어
研究情報

HOME>研究情報>研究者紹介

研究者紹介

数学科

数理解析分野

■ 阿部 幸隆 教授 複素多様体上の複素変数関数や複素解析的な性質を研究しています。
■ 菊池 万里 教授 Lorentz空間などに代表される再配分不変空間におけるマルチンゲールの理論を研究しています。
■ 古田 高士 教授 多様体上の幾何学、特に等質空間などを研究しています。
■ 永井 節夫 教授 空間の中に、どのような曲面がどのように入っているかを微分積分学を用いて調べる、部分多様体論という分野の研究をしています。
■ 藤田 景子 教授 解析汎関数論、解析関数の積分公式とその応用について研究しています。
■ 川部 達哉 准教授 多様体への不連続な群作用や、それらの空間形の幾何学について研究しています。
■ 木村 巌 准教授 代数体の岩澤理論、有限体上の代数関数体の数論、および計算機数論を研究しています。

情報数理分野

■ 池田 榮雄 教授 微分方程式による諸現象のモデル化とそのメカニズムの数学的、数値的研究をしています。
■ 藤田 安啓 教授 Hamilton–Jacobi方程式と高木函数の間の対応構造について研究しています。
■ 山根 宏之 教授 スーパーリー代数や量子群をコクセター半群の理論を整備しながら研究しています。
■ 上田 肇一 准教授 自然現象にみられる様々な自己組織化現象の発生機構やダイナミクスを調べています。
■ 出口 英生 准教授 コロンボの一般関数の理論を用いた偏微分方程式の研究を行っています。
■ 幸山 直人 助教 計算機と保型形式論を用いた符号理論及び格子理論の数理構造を研究しています。

客員スタッフ

■ 小林 久壽雄 客員教授 確率モデル(確率過程)の漸近挙動と関連する非線形方程式の解の挙動を研究しています。
■ 菅谷 孝 客員教授 符号化の理論を研究しています。メッセージを信号に変換することを符号化といいます。
■ 濱名 正道 客員教授 作用素環論(ヒルベルト空間上の作用素の作る環に関する理論)を研究しています。
■ 吉田 範夫 客員教授 微分方程式の定性的理論(解の性質を調べる理論)を研究しています。

物理学科

物性物理学分野

■ 池本 弘之 教授 不規則系・ナノ粒子の構造とその電気的および光学的性質の研究を行っています。
■ 桑井 智彦 教授 極低温領域における強相関電子系の熱電・熱特性の実験的研究を行っています。
■ 田山 孝 准教授 強相関電子系の磁性および超伝導を極低温物性測定により研究しています。
■ 松本 裕司 特命助教 強相関電子系の単結晶育成と育成した結晶の磁気的、電気的性質を調べています。

量子物理学分野

■ 栗本 猛 教授 素粒子諸現象に関して実験データと深く関連した解析により新しい物理を研究しています。
■ 松島 房和 教授 遠赤外の光や赤外の光を新しい方法で発生し、分子の測定に応用しています。
■ 森脇 喜紀 教授 空間あるいは液体He中に捕捉された原子・分子・イオンをレーザー分光により調べています。
■ 榎本 勝成 准教授 電磁場を用いて分子の並進運動を制御し、極低温分子気体を得る研究をしています。
■ 小林 かおり 准教授 星間分子を近赤外レーザー分光法やマイクロ波分光法を用いて研究しています。
■ 山元 一広 准教授 ブラックホール、中性子星、超新星爆発などを研究するために、アインシュタインが予言した重力波をとらえる望遠鏡"KAGRA"の開発を進めています。
■ 柿﨑 充 助教 素粒子の標準模型を超える新しい理論の構築と解析を現象論的・宇宙論的観点から行っています。

客員スタッフ

■ 石川 義和 客員教授 重い電子系化合物の大型純良単結晶を作成し、その物性を研究しています。

化学科

反応物性化学分野

■ 野﨑 浩一 教授 金属錯体や有機化合物などの光励起状態の発光や失活のメカニズムについて研究しています。
■ 柘植 清志 教授 発光性を示す錯体、および、外部刺激に応答する錯体の合成と性質について研究しています。
■ 大澤 力 准教授 立体区別反応を行う金属触媒についての研究を行っています。
■ 鈴木 炎 准教授 リポソーム、ナノシェルなど、溶液中の分子集合体の反応性を、赤外パルスレーザーを用いて研究しています。
■ 岩村 宗高 講師 光エネルギー変換に関わる金属錯体の光励起ダイナミクスについて研究しています。

合成有機化学分野

■ 樋口 弘行 教授 光や熱や磁場に感受性の高い有機化合物に関する基礎及び応用研究を行っています。
■ 井川 善也 教授 核酸高分子RNAが高度な生体機能を発現する分子機構の解明と、その機構を設計指針とした新規なRNAの構造と機能の人工創製に関して研究を行っています。
■ 林 直人 准教授 有機分子集合体(超分子)の構造、反応性及び物性に関する研究を行っています。
■ 宮澤 眞宏 准教授 均一系錯体触媒を用いた新規不斉反応の開発と高度に官能基化された天然物の立体選択的合成を行っています。
■ 横山 初 講師 生命現象に関わる、複雑な構造を有する天然有機化合物の新規合成法についての研究を行っています。
■ 吉野 惇郎 助教 元素の特性を生かした機能性有機分子の合成、構造および物性に関する研究を行っています。

大学院理工学研究部テニュアトラック若手育成部門

■ 大津 英揮 准教授 金属錯体による化学エネルギー変換反応について研究を行っています。
■ 松村 茂祥 助教 マイクロ流体システムによる微小液滴操作技術の開発と、それを人工細胞様構造として用いて、内部でRNAを進化させる研究を行っています。

協力研究室(水素同位体科学研究センター)

■ 阿部 孝之 教授 新しいドライプロセスを用いて種々の微粒子表面を機能化することで、新規な物性を有する微粒子材料を開発しています。
■ 波多野 雄治 教授 核融合炉材料・原子力材料・水素エネルギー材料中の水素同位体挙動の理解とその制御
■ 原 正憲 准教授 水素同位体と物質の反応を化学平衡と反応速度の観点より研究しています。
■ 田口 明 講師 触媒材料,トリチウム濃縮材料への応用を目指したメソ多孔体の設計と合成,特性評価を行っています。
■ 赤丸 悟士 助教 粉体表面修飾による機能性材料の調製とその電磁気特性について研究しています。

客員スタッフ

■ 平井 美朗 客員教授 遷移金属を利用する新有機反応の開発および生物活性天然物の合成研究を行っています。

生物学科

生体構造学分野

■ 岩坪 美兼 教授 染色体の数、形、行動から植物の類縁関係を調べています。
■ 山崎 裕治 准教授 野生動物の進化や生物多様性の保全について研究しています。
■ 前川 清人 准教授 社会性・食材性昆虫の分子系統や進化生態を研究しています。
■ 土`田 努 准教授 1) 昆虫共生微生物がもたらす新規機能、環境適応の分子基盤の解明
2) 昆虫と微生物の内部共生に関わる分子基盤の解明
3) 共生器官で発現する機能分子の選択的阻害による新規害虫防除法の開発

生体制御学分野

■ 若杉 達也 教授 植物の葉や根の形成について遺伝子レベルから研究しています。
■ 松田 恒平 教授 動物の本能行動にかかわる脳ホルモンに関する研究をしています。
■ 唐原 一郎 教授 植物組織の形態形成の仕組みを、細胞の視点から研究しています。
■ 池田 真行 教授 体内時計や睡眠発現にかかわる神経機構について研究しています。
■ 菊川 茂 准教授 昆虫類の休眠決定と羽化リズムにかかわる光周測時機構の解析を行っています。
■ 山本 将之 講師 油糧作物のゴマを材料に、成分や栽培特性などの有用形質を制御する遺伝子について解析を行っています。
■ 今野 紀文 講師 脊椎動物の多様な環境適応に関わる内分泌制御機構について研究しています。
■ 森岡 絵里 助教 キイロショウジョウバエの行動リズム制御にかかわる分子機構について研究しています
■ 玉置 大介 特命助教 宇宙環境が植物の生活環に与える影響や,細胞分裂における中期紡錘体の形成・維持機構について研究をしています。

大学院理工学研究部テニュアトラック若手育成部門

■ 中町 智哉 助教 モデル動物を用いた神経ペプチドによる行動・生理現象制御機構の解析

地球科学科

地球圏物理学分野

■ 酒井 英男 教授 地球の電場磁場の観測と解析、岩石磁気を用いた地磁気変動の解明、生物磁気
■ 松浦 知徳 教授 海洋・海氷の物理過程の解明研究、大気海洋陸域相互作用の研究
■ 島田 亙 准教授 雪、氷、ハイドレート結晶の物性と、その成長に関する実験的研究
■ 川﨑 一雄 助教 岩石磁気の手法を用いて、熱水性鉱床の形成年代と形成モデルの解明と造山運動やテクトニクスの研究

地球ダイナミクス分野

■ 渡邊 了 教授 地殻・マントルを構成する岩石の物性、マグマの発生・上昇についての実験的研究
■ 安永 数明 教授 積雲対流を中心とした熱帯の気象・気候や、富山を中心とした環日本海の気象・気候に関する研究
■ 青木 一真 教授 雲やエアロゾルの光学的特性の時間・空間変動が気候に与える影響についての研究
■ 楠本 成寿 准教授 表層地殻の構造探査と探査手法の開発、地形や地質構造の形成プロセスについての研究

地球進化学分野

■ 清水 正明 教授 鉱石鉱物の系統的・成因的研究、資源環境科学、花崗岩岩石学、及びこれらの他分野への応用
■ 大藤 茂 教授 野外調査および実験を通した地殻の形成・変形過程の研究
■ 柏木 健司 准教授 野外調査と放散虫化石を用いた、中古生代の付加体を対象とする岩相層序学的研究
■ 石﨑 泰男 准教授 噴火機構の解明を目的とした、活火山及び火山噴出物についての地質学的・岩石学的研究

協力研究室(極東地域研究センター)

■ 杉浦 幸之助 准教授 グローバルスケールでの雪氷変動や降積雪・吹雪、また植生・土壌・大気などと積雪との関係性の研究

客員スタッフ

■ 竹内 章 客員教授 大陸・海洋・島弧の地質構造と現在進行中の地殻変動(主に活断層)の研究

生物圏環境科学科

環境化学計測分野

■ 張 勁 教授 海洋・陸水および大気中の微量元素と同位体の測定を通して地球環境の物質循環やそのメカニズムを解明します。
■ 倉光 英樹 教授 水環境の汚染物質を検出するバイオセンサーの開発や、高度水浄化技術を研究しています。
■ 丸茂 克美 教授 土壌や岩石,環境水中の有害金属類の存在形態を解明し,環境汚染対策や資源開発に応用しています。
■ 波多 宣子 准教授 水環境中の有害な化学物質の測定方法の開発および水環境における汚染を調査しています。
■ 堀川 恵司 准教授 海洋堆積物や生体試料,水試料などの化学分析を通して地球の環境動態を理解する研究を行っています。
■ 佐澤 和人 助教 土壌・水環境中に存在する生物の遺骸由来の高分子有機化合物である「腐植物質」を定性・定量することで環境を評価することを目指しています。また、環境試料の色彩を利用した,簡便な分析法の開発も行っています。

生物圏機能分野

■ 横畑 泰志 教授 野生動物(モグラ類など)と、その体内に見られる寄生虫の生態や保全の研究をしています。
■ 田中 大祐 教授 大気・水環境中の微生物の動態と影響や、微生物を用いた環境修復について研究しています。
■ 石井 博 教授 生態系、特に花と昆虫をとりまく系における生物と生物、生物と環境の相互作用の研究をしています。
■ 蒲池 浩之 准教授 重金属で汚染された土壌でも生育できる植物の性質とその利用法について研究しています。
■ 酒徳 昭宏 講師 原核または真核微生物を用いたバイオマス (多糖類) の分解と有効利用について研究しています。
また, 生物を使った環境水中の汚染評価方法についての研究も行っています。

協力研究室(極東地域研究センター)

■ 和田 直也 教授 高山植物の繁殖生態と北東アジア山岳域からみた地球環境変動について研究しています。

客員スタッフ

■ 田口 茂 客員教授 有害な化学物質による水環境の汚染調査と解析並びに水中の有害物質の分解処理について研究しています。
■ 中村 省吾 客員教授 微生物による環境水汚染の評価方法及び修復方法を研究しています。