トップページ of 富山大学物理学科

新着情報

2020/5/7
学内の学生経済支援の関連情報について

2020/04/10
広島渚先生が下記のオンラインイベントで一般向けの講演を致します。
科学分野横断的なイベントですので、多くの皆様のご視聴をお待ちしております。
「数理で読み解く科学の世界」
日時:2020年4月18日(土)10:00~17:00
会場:Web会議サービス「Zoom」
参加費:無料
主催:理化学研究所 数理創造プログラム(iTHEMS)
お申し込み方法、スケジュール等、詳細についてはこちらのウェブ
(https://www.ithems.academist-cf.com)をご覧下さい。

2020/02/27
2nd Toyama International Symposium on "Physics at the Cosmic Frontier"につきましては、開催の中止を決定いたしました。

2020/01/31
広島渚先生の解説記事「ガンマ線での暗黒物質探査における矮小楕円銀河の空間広がりの効果」が日本天文学会が発行する月刊誌「天文月報」2020年2月号に掲載されました。

2020/01/27
【2nd Toyama International Symposium on "Physics at the Cosmic Frontier"】
日時: 2020年3月3日(火)ー6日(金)
会場: 富山大学 理学部1号館2階A238教室、学生会館ホール
世話人: 
長谷川昌也(富山大工)、広島渚(富山大理)、廣林茂樹(富山大工)、柿崎充(富山大理、議長)、小林かおり(富山大理)、森脇喜紀(富山大理)、成行泰裕(富山大人発)、山元一広(富山大理)
講演者・タイトルなどプログラムは、こちらのウェブをご覧ください:
問い合わせ先: 柿崎 充(富山大学学術研究部理学系)

LinkIcon過去の新着情報





トピックス

  • 暗黒物質の調べ方
  •   宇宙には様々なものがあります。月、星、銀河などは簡単にイメージができるかと思います。観測の進展によりこれらが宇宙全体のほんのわずかの割合しか占めていないことが明らかになりました。具体的にエネルギー密度という量で測ってみると、おおよその分配は上述のような既知のもの(バリオン)が5%, 暗黒物質が25%, 暗黒エネルギーが70%となっています。バリオンは素粒子標準理論の枠組みで記述可能な物質(密度と体積が反比例、すなわち宇宙が膨張するにつれて密度は下がっていく)、暗黒物質は密度と体積が反比例するが素粒子標準理論では説明できない物質、暗黒エネルギーは体積によらず、つまり膨張する宇宙の中でも密度が一定という摩訶不思議なエネルギー成分です。ここでは暗黒物質に焦点をあてた富山大理学部理論物理学研究室での研究を紹介します。
  • LinkIcon続きを読む

LinkIcon過去のトピックス