トップページ of 富山大学物理学科

新着情報

2017/5/23

  • 富山物性研究会 2017
  • 日時:2017年6月1日(木) 9:25~18:00
  • 場所:理学部2号館2階 B243(多目的ホール)
  • 研究会プログラム
  • なお、学部生、大学院生のご参加も歓迎いたします。

2017/5/23

  • 日本物理学会北陸支部特別学術講演会
  • (兼:第220回物理教室セミナー)
  • 日時:2017年6月1日(木) 16:25~17:55
  • 場所:理学部2号館2階 B243(多目的ホール)
  • 講演者:西岡 孝 先生(高知大学 教授)
  • 題目:希土類化合物のベクトル磁化測定

2017/5/22

  • 物理教室セミナー(第219回)
  • 日時:2017年5月25日(木) 16:30~17:45
  • 場所:理学部2号館2階 B243(多目的ホール)
  • 講演者:松本 裕司 先生(富山大学 理学部 特命助教)
  • 題目:強相関f電子系における近藤効果の電子状態からのアプローチ
  • 概要:
  • 強相関f電子系における重い電子状態や非従来型の超伝導などの興味深い物性は、近藤効果がその発現に重要な役割を担っている。そのため、近藤効果を起こした時の電子状態を明らかにすることはそれらの物性の解明に必要不可欠である。セリウム、ウラン金属化合物において近藤効果を起こした時の電子状態の観測をde Haas-van Alphen効果により行ったのでその結果を紹介する。

2017/3/1

  • レーザー物理学研究室に山元一広准教授が、磁気低温物理学研究室に松本裕司特命助教が着任しました。

LinkIcon過去の新着情報





トピックス

  • 重力波から宇宙を探る:KAGRAと富山大学理学部(物理学科)
  •  一年少し前の2016年2月、アメリカのLIGOによる重力波の直接検出の成功が大きなニュースとして世界中を駆け巡りました。なぜそれほど大きいニュースだったのでしょうか。
  •  1915年アルバートアインシュタインは一般相対性理論を完成させました。これはニュートン以来の重力に関する考えを一新するものでした。一般相対論によるとたとえば大きな質量をもつ星があるとその周りの時空が歪みます。その近くを小さい物体が通過すると時空が歪んでいるため、それにより軌道が曲がってしまいます。これをニュートン以降アインシュタイン以前は星による重力によって小さい物体がまっすぐに進めないと理解してきたわけです。
  • LinkIcon続きを読む

LinkIcon過去のトピックス