トップページ of 富山大学物理学科

新着情報

  • 2016/06/28
    • 物理学教室セミナー(第213回)
    • 日時: 2016年7月21日(木) 16:30~17:30
    • 場所: 富山大学理学部 多目的ホール(B243)
    • 講演者:苔山 圭以子 先生(東京大学 宇宙線研究所 重力波観測研究施設・特任
    • 助教)
    • 題目: 重力波検出器の開発と重力波天文学
    • 世話人:柿崎 充(富山大学 大学院理工学研究部(理学))
    • 概要: 
    •  今年2月11日に米国の研究チームによって発表されたニュース、重力波の初
    • 検出。アメリカの重力波検出器LIGO(ライゴ)が、14億光年かなたの連星ブラッ
    • クホール合体からの重力波を地上の検出器でとらえたというものである。本講
    • 演では、このニュースの天文学的・相対論的意義について説明する。また、重
    • 力波検出器の原理、開発の歴史、日本の重力波検出プロジェクトKAGRAの状況
    • について発表する。
  • 2016/03/15
    • 松井俊憲氏(理論物理学研究室・博士課程3年)が笹川科学研究奨励賞を受賞
  • 2016/01/13
    • 物理学教室セミナー(第212回)
    • 日時:2016年1月27日(水) 15:00~16:00
    • 場所:富山大学理学部 A238号室
    • 講演者:梶田 雅稔 先生(情報通信研究機構・主任研究員)
    • タイトル:時間・周波数の精密計測と物理学への貢献
    • 世話人:榎本勝成(富山大学大学院理工学研究部(理学))

LinkIcon過去の新着情報






トピックス

  • 富山大学から車で約40分程の神岡の地下で巨大な重力波望遠鏡KAGRAの建設が始まっています。私たち人類は遥か昔から空を見上げ、星々の輝きから宇宙の姿を捉えようと試みて来ました。その試みは時代が進むにつれて様々な道具が開発されるたびに新しい宇宙の姿を私たちに見せてくれました。しかし今まで人類が開発した道具はどれも光(電磁波)を用いて宇宙を観測するもので、これらの道具では宇宙誕生から38万年後(宇宙の晴れあがり)以前の姿を捉えることはできません。何故ならば、誕生後38万年より前の宇宙には電子等が高密度に存在し、電磁波の伝播を阻害したからです。宇宙が冷却し、電子が陽子に捕えられると電磁波が直進できるようになり、宇宙は晴れあがりました。それ以前の宇宙の姿を捉える方法として期待されているのが重力波の観測です。LinkIcon続きを読む

LinkIcon過去のトピックス

topicsDec2014_1.jpg