English中文簡体字한국어
新着情報

HOME>新着情報

フランス・ストラスブール大学の Pascal Auffinger 博士が理学部を表敬訪問

2018年10月15日

 平成30年10月12日、ストラスブール大学の Pascal Auffinger 博士( IBMC/CNRS, Strasbourg, France )が、池田学部長を表敬訪問されました。
 理学部長室にて、化学科の井川 善也 教授、松村 茂祥 講師も同席して、終始和やかな雰囲気の中、懇談が行われました。

 また、 Pascal Auffinger 博士には、RNA Biochemistry Seminar で講演していただきました。

 今回の訪問を通じ、ストラスブール大学との研究者交流や共同研究の実施など今後の国際交流の進展が期待されます。

表敬訪問

理学部長表敬訪問後の記念撮影(理学部長室にて)

左から、松村茂祥講師、井川善也教授、Pascal Auffinger博士、池田真行学部長

 

 RNAの立体構造に関するセミナー

  日時:2018年10月12日(金)13:15~14:30

  場所:五福キャンパス 理学部 A425講義室

  講師:Dr. Pascal Auffinger ( IBMC/CNRS, Strasbourg, France )

  演題:

  The long elusive UNCG tetraloop or Z-turn receptor is key to rRNA folding.
  A new block for synthetic constructions ?

  RNA Biochemistry Seminar