English中文簡体字한국어
新着情報

HOME>新着情報

生物圏環境科学科の酒德昭宏講師と生物学科の玉置大介特命助教が「ほくぎん若手研究者助成金」採択者に決定しました。

2018年5月14日

 2018年5月9日、五福キャンパス事務局において、「ほくぎん若手研究者助成金」贈呈式が開催されました。この助成金制度は、本学と北陸銀行との包括的連携協力に関する覚書に基づき具体的連携事業の一つとして、本学の優秀な若手研究者の育成を通じて、人文・社会科学から自然科学までの全分野にわたり、学術研究の発展に寄与することを目的に制度を創設し、42歳未満の若手研究者を支援しているところです。
 9回目となる本助成金の公募の結果、厳正な審査及び選考を経て6名(理学部から生物圏環境科学科の酒德 昭宏 講師と生物学科の玉置 大介 特命助教の2名)の採択が決定し、北陸銀行の宮村常務執行役員から二階堂理事及び各採択者に採択通知が手渡されました。
 今年度から産学連携研究助成として、地域の活性化に資する産学連携研究へも支援が行われ、生物圏環境科学科・酒徳 昭宏講師の研究が採択されました。


贈呈式出席者による記念写真(五福キャンパス事務局5階大会議室にて)

前列左から2番目から玉置大介特命助教、鈴木基史理事(富山大学)、宮村樹常務執行役員(北陸銀行)、二階堂敏雄理事(富山大学)、後列中央が酒德昭宏講師

 

富山大学プレスリリース
平成30 年度「ほくぎん若手研究者助成金」贈呈式を開催 (富山大学と北陸銀行の連携事業) [PDF, 233KB]