English中文簡体字한국어
キャンパスライフ

HOME>生活・就職>キャンパスライフ>化学科

化学科
化学科ってどんなとこ?

 富山大学では自分の好きな授業を選べることが良いところです。1年生のころは教養科目を中心に学び、学年が上がるごとに専門教科の割合が増えていきます。教養は自分の得意分野以外の話が聞けるので、興味の幅が広がります。私の所属する化学科では、2年生までの間に専門分野の基礎的な話を聞くことができます。3年生になると実験も始まり、研究者として基本となる技術や論理的思考を学んでいきます。また英語のほかに第二外国語もあり、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、朝鮮語といろいろな言語を学ぶ機会があります。さらに、“富山の魅力”とも言うべき豊かな自然と海の幸、それと富山弁に出会うこともできます。

キャンパスライフ

平均的な1日のタイムスケジュール

8:00 起床 
8:45〜18:00  授業 
18:00〜22:00 バイト
22:00〜25:00 テレビ、予習 
25:00 就寝

毎月のおサイフ事情を教えて!



ー 将来の夢

 今は、特にこれと決めていません。しかし、この大学で学んだことを活かせる職場に就きたいです。例えば、材料化学や触媒化学などを学ぶことで、CO2を全く排出しないエネルギー開発(燃料電池、太陽電池など)や有害物質を用いない合成プロセス開発などです。これらは、環境問題を根本的に解決する方法に繋がるはずです。このような化学の知識や研究経験を活かした仕事に就きたいと考えています。


ー 後輩へメッセージ

 大学に入って一番実感していることは、大学生活の中でやりたいことを積極的に見つけることが重要だということです。高校と比較して、大学では自分から動けばいろんなことを経験できます。しかし、受身で過ごしているとレポート・課題などに追われて自分のやりたいことが思うようにできなくなることも・・・。今のうちに、大学で何をしたいのか、どうなりたいのかなど考えてみることをおススメします。やるかやらないか迷った時は、挑戦してみてください。きっと新たな発見ができるはずです。大学生活では自分のために使う時間が十分あり、このことは貴重だと思います。