環境化学計測 I 講座 2006-2011年度業績

2011年度
2010年度

2009年度
2008年度

2007年度
2006年度




 [2011 年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

Influence of Halogen Substituents on the Catalytic Oxidation of 2,4,6-Halogenated Phenols by Fe(III)-Tetrakis(p-hydroxyphenyl) porphyrins and Potassium Monopersulfate 

Fukushima, Masami; Mizutani, Yusuke; Maeno, Shouhei; Zhu, Qianqian; Kuramitz, Hideki; Nagao, Seiya

Molecules, 17 (1) (2012) 48-60DOI: 10.3390/molecules17010048   発行: JAN 2012,  

 

Multiplexed Assay for Proteins Based on Sequestration Electrochemistry Using the Protein Binding Electroactive Magnetic Microbeads

Hideki KURAMITZ, Yoko MAWATARI, Mariwo IKEUCHI, Osamu KUTOMI, Noriko HATA, Shigeru TAGUCHI,  and Kazuharu SUGAWARA
Analytical Sciences28(1), 77-81 (2012), doi.org/10.2116/analsci.28.77, joi: JST.JSTAGE/analsci/28.77

有機イオン会合体抽出多元素濃縮/液体電極プラズマ発光分析法による水中 の微量重金属の同時定量

中山慶子・山本 保・波多宣子・田口 茂・高村 禅
分析化学, 60(6), 515-520  (2011)

The evaluation for alterations of DOM components from upstream to downstream flow of rivers in Toyama (Japan) using three-dimensional excitation-emission matrix fluorescence spectroscopy
Kazuto Sazawa, Masaki Tachi, Takatoshi Wakimoto, Takanori Kawakami, Noriko Hata, Shigeru Taguchi and Hideki Kuramitz *
International Journal of Environmental Research and Public Health (Int. J. Environ. Res. Public Health), 2011, 8, 1655-1670

Binding assay for cholera toxin based on sequestration electrochemistry using lactose labeled with an electroactive compound

Hideki Kuramitz,* Shun Miyagaki, Eiji Ueno, Noriko Hata, Shigeru Taguchi and Kazuharu Sugawara
Analyst, 136(11), 2373-2378  (2011) (First published on the web 14 Apr 2011)


【著書】


倉光英樹, 田口 茂, 波多宣子, 分担執筆,日本分析化学会編 改訂六版 分析化学便覧,  2 化学反応による定性分析, 2.1 化学反応による検出, 2.1.1 陽イオン, 2.1.2 陰イオン,p. 11-17,丸善株式会社,ISBN978-4-621-08409-0, C3043 2011920日刊)

【口頭・ポスター発表】

 

○五十嵐あかね, 水名健太,  波多宣子, 倉光英樹, 田口 茂 (C11)

水相から生成するイオン会合体相抽出による多環芳香族炭化水素の分離・濃縮/HPLC/蛍光検出

平成23年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会(20111118(),(金沢大学))

 

○桑田真実, 片山祐貴, 倉光英樹, 波多宣子, 田口 茂 (C12)

地域における雨水のアルデヒド類汚染‐大気汚染との関連‐

平成23年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会(20111118(),(金沢大学))

 

○須藤 諒, 佐澤和人, 倉光英樹, 波多宣子, 田口 茂 (C13)

カルシウム塩を用いた腐植物質の吸着‐凝集法に関する研究

平成23年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会(20111118(),(金沢大学))

 

○市橋祐衣, 三屋宏貴, 波多宣子, 倉光英樹, 田口 茂, 千葉 元*(富山高専*(C14)

富山湾における有機汚濁を沿岸海域と流入河川のリンの形態別分析から探る

平成23年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会(20111118(),(金沢大学))

 

○青島拓輝, 浅岡 雅, 波多宣子, 倉光英樹, 田口 茂, 千葉 元*(富山高専* (C15)

富山湾における懸濁物質の蛍光X 線分析

平成23年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会(20111118(),(金沢大学))

 

脇本孝俊、佐澤和人、○倉光英樹、波多宣子、田口茂、福島正巳、田中俊逸 (T5

熱帯泥炭火災が引き起こす土壌有機物質の溶脱挙動変化

日本腐植物質学会第27回講演会(20111117()18(),(金沢大学サテライト・プラザ))

 

Takuya Okazaki, Wenjing Wang, Hideki Kuramitz, Noriko Hata, Shigeru Taguchi, (18-1-4)

A Sensitive Colorimetry for Trace Arsenic in Drinking Water

The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Tokyo International Forum, Tokyo, October 2 - 6, 2011.

 

Kazuto Sazawa, Wataru Ohura, Yoshiki Furuhashi, Noriko Hata, Shigeru Taguchi, Masami Fukushima (Graduate School of Engineering, Hokkaido University), Hideki Kuramitz, (18-6-1)

Investigation of micro-scaled algal growth inhibition test with fluorescence detection and evaluation of tetrabromobisphenol A toxicity

The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Tokyo International Forum, Tokyo, October 2 - 6, 2011.

 

Noriko Hata, Tadahiro Nakajima, Kazuya Nakagawa, Masato Nakamura, Hideki Kuramitz, Shigeru Taguchi, Hajime Chiba (Toyama National College of Maritime Technology) (P-18-2)

Characterization of Phosphorus for the Perception of the Seasonal Changes of COD in Toyama Bay, the Japan Sea

The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Tokyo International Forum, Tokyo, October 2 - 6, 2011.

 

Shigeru Taguchi, Keita Murai, Yukari Hayakawa, Shinya Tamizu, Makoto Kuwata, Yuki Katayama, Noriko Hata, Hideki Kuramitz, (P-18-18), (Best Poster Award !!!)

Rainwater Pollution with Aldehydes over a Wide Area of Japan

The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Tokyo International Forum, Tokyo, October 2 - 6, 2011.

 

Noriko Hata, Shunpei Terashima, Rie Yasui, Hideki Kuramitz, Shigeru Taguchi (18-7-4)

Novel Pre-concentration Technique for the HPLC-Fluorescence Detection of PAHs in River Water Using a Liquid Organic Ion Associate phase extraction forming from Aqueous Solution

The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Tokyo International Forum, Tokyo, October 2 - 6, 2011.

 (第4回IWAアジア太平洋地域会議(IWA-ASPIRE, 東京国際フォーラム)

 

Takatoshi Wakimoto, Kazuto Sazawa, Noriko Hata, Shigeru Taguchi, Hideki Kuramitz (The First Winner of Poster Presentation !!!)

Study of the Fire Effects on Behavior of Organic Matters in Peat Soil

3rd International Workshop on Wild Fire and Carbon Management in Peat-Forest in Indonesia, September 22 24, 2011

 

○三屋 宏貴・市橋 祐衣・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂・(富山高専)千葉 元

富山湾における有機汚濁を沿岸海域と流入河川の栄養塩の形態別分析から探る E1004Y

日本分析化学会第60年会(2011914()-16(),(名古屋大学東山キャンパス))

 

○浅岡 雅・廣上 永子・倉光 英樹・波多 宣子・田口 茂・(富山大水質保全セ)川上 貴教

膜捕集を用いた水中の微量重金属の一括分離・濃縮/蛍光X線定量 F2002Y

日本分析化学会第60年会(2011914()-16(),(名古屋大学東山キャンパス))

 

○水名 健太・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂・(マイクロエミッション)中山 慶子・山本 保・(北陸先端大マテ)高村 禅

水相から生成するイオン会合体相抽出によるリチウムの分離・濃縮/液体電極プラズマ発光分析 F2005Y

日本分析化学会第60年会(2011914()-16(),(名古屋大学東山キャンパス))

 

○桑田 真実・村居 景太・片山 祐貴・倉光 英樹・波多 宣子・田口 茂

ホルムアルデヒドによる国内雨水の汚染−広域汚染と地域汚染− E3005Y

日本分析化学会第60年会(2011914()-16(),(名古屋大学東山キャンパス))

 

Mariwo Ikeuchi  s04-P-003 (Award for the Best Posters presented by Young Researcher !!!)

One-step Binding Assay by Magnetic Microbead-based Sequestration Electrochemistry for Cholera Toxin

62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, September 11-16, 2011, Niigata, Japan

 

Noriko Hata, Shinnosuke Hashimoto, Rie Yasui, Hideki Kuramitz, Shigeru Taguchi,   May23-Poster, ICAS11-P0874
Extraction Behavior of Some Chemical Species Having Different Charge with Organic Ion-Associate Phase Formed from Aqueous Phase
IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011 (ICAS2011) (May 22 to 26, 2011,
Kyoto International Conference Center)

Kazuto Sazawa,
Hideki Kuramitz, Noriko Hata, Shigeru Taguchi, (Graduate School of Engineering, Hokkaido University) Masami Fukushima,   May24-Poster, ICAS11-P0916
Development of Rapid and Simple Evaluation Method for Enzyme activity in soil Based on hydrodynamic voltammetry
IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011 (ICAS2011) (May 22 to 26, 2011, Kyoto International Conference Center)


[2010 年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

真空紫外線による光酸化を用いるクロム(IV)と全ク ロムのフローインジェクション逐次定量
田口 茂,藤井絢子,起 孝志,倉光英樹,波多宣子
分析化学, 59(12), 1133-1136  (2010)


【著書】

 

田口 茂,分担執筆,日本分析化学会編 環境分析ガイ ドブック, 4 環境分析に用いられる測定法, 4.39 簡易・現場分析法,p. 230-238,丸善株式会社,ISBN978-4-621-08277-520111月刊)

【口頭・ポスター発表】


○福嶋正巳,水谷祐介,倉光英樹,長尾誠也(北大院工)
鉄ポルフィリン−腐植酸超分子触媒によるハロゲン化フェノールの酸化挙動
日本腐植物質学会第26回講演会(20101129 日(月)〜1130日(火), 筑波大学大学会館)

○佐澤和人,倉光英樹,波多宣子,田口 茂,福嶋正巳(北大院工)
蛍光検出―藻類生長阻害試験の検討と腐植物質存在下におけるテトラブロモビスフェノールAの毒性評価
日本腐植物質学会第26回講演会(20101129 日(月)〜1130日(火), 筑波大学大学会館)


 
○水名健太、波多宣子、倉光英樹、田口茂、中山慶子、山本保(マイクロ エミッション)、高村禅 (北陸先端大マテリアル)
有機イオン会合体相抽出の液体電極プラズマ発光分析への応用〜イオン会合体構成成分および有機溶媒による 増感効果〜  (C15)
平成22年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会(20101119(),(富山大学))

○三屋宏貴、森加奈絵、波多宣子、倉光英樹、田口 茂、千葉 元(富山高専)
富山湾沿岸海域における窒素の形態別季節変動  (J10)
平成22年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会(20101119(),(富山大学))
 

○舘 正希・佐澤 和人・倉光 英樹・波多 宣子・田口 茂 (P38)  (優秀発表賞受賞!!!)
渓流水の三次元励起蛍光スペクトルを利用した森林力の評価法の検討
「分析中部・ゆめ21」若手交流会第10回高山フォーラム(20101112()-13(), 高山市図書館(煥章館))
 

○馬渡 暢子・池内 麻り愛 ・倉光 英樹・菅原 一晴1・波多 宣子・田口  (P39)
電極活性磁性粒子の作製と測定法の検討
「分析中部・ゆめ21」若手交流会第10回高山フォーラム(20101112()-13(), 高山市図書館(煥章館))

 

○脇本 孝俊・佐澤 和人・倉光 英樹・波多 宣子・ 田口 茂 (P40)
泥炭火災が及ぼす土壌有機物と細菌数の変化
「分析中部・ゆめ21」若手交流会第10回高山フォーラム(20101112()-13(), 高山市図書館(煥章館))

○桑田 真実・○片山 祐貴・倉光 英樹・波多 宣子・田口 茂 (P41)
平地から高山に至る降水(雨,雪)および大気のホルムアルデヒド汚染
「分析中部・ゆめ21」若手交流会第10回高山フォーラム(20101112()-13(), 高山市図書館(煥章館))


 Kazuto SAZAWA, Hideki KURAMITZ, Noriko HATA, Shigeru TAGUCHI
Development of mutagenic assay based on hydrodynamic voltammetry in a droplet (P-30)
17th Asian Symposium on Ecotechnology, 11-13 November 2010, Unazuki, JAPAN

田口 茂
【招待講演】 膜捕集による簡易分析法の高感度化と環境分析 (1D08)
41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(2010116日(土),7日(日), 豊橋技術科学大学(豊橋市))

Kazuto Sazawa, Hideki Kuramitz, Noriko Hata, and Shigeru Taguchi
Development of Rapid and Simple Evaluation Method for Enzyme Activity in Peat Soil Based on Hydrodynamic Voltammetry
2nd International Workshop on "Wild Fire and Carbon Management in Peat-Forest in Indonesia", 28-29 September 2010, Palangka Raya, Indonesia

Hideki Kuramitz, Kazuto Sazawa, Noriko Hata, and Shigeru Taguchi
Assessment for Mitigating Effect of Dissolved Humic Substances on Pollutants Toxicity Using the Microscaled Algal Growth Inhibition Test
2nd International Workshop on "Wild Fire and Carbon Management in Peat-Forest in Indonesia", 28-29 September 2010, Palangka Raya, Indonesia

○菅原 一晴・由上 麻子・倉光 英樹・保坂 公平, 1018
コンカナバリンA−オバルミン間結合の電気化学的モニタリング
日本分析化学会第59年会(2010915()-17(),(東北大学川内北キャンパス))

○池内 麻り愛・倉光 英樹・菅原 一晴・波多 宣子・田口 茂, 1020
分子認識能を導入した磁性マイクロ粒子を用いるタンパク質の電気化学的アッセイの開発
日本分析化学会第59年会(2010915()-17(),(東北大学川内北キャンパス))

○波多 宣子・中川 和也・中嶋 忠弘・倉光 英樹・田口 茂・千葉 元, 3043
富山湾におけるリンの形態別挙動

日本分析化学会第59年会(2010915()-17(),(東北大学川内北キャンパス))

○田口 茂・早川 由佳里・田水 伸弥・倉光 英樹・波多 宣子, 3038
国内雨水のホルムアルデヒド汚染
日本分析化学会第59年会(2010915()-17(),(東北大学川内北キャンパス))

○池内 麻り愛・倉光 英樹・菅原 一晴・波多 宣子・田口 茂, P-54 (ポスター講演優秀賞受賞!!!)
タンパク質の磁気分離−電気化学検出法の開発−
29回分析化学中部夏期セミナー(2010818()-19(),
(リトリートたくら(福井県南 越前町)))

○浅岡 雅・廣上 永子・倉光 英樹・波多 宣子・田口 茂, 川上 貴教, P-55 (ポスター講演優秀賞受賞!!!)
膜捕集を利用する微量重金属類の一括濃縮/蛍光X線分析
29回分析化学中部夏期セミナー(2010818()-19(),
(リトリートたくら(福井県南 越前町)))

Hideki Kuramitz, KN-15

THE PROTEIN SENSING BY SEQUESTRATION ELECTROCHEMISTRY AND ITS APPLICATIONS
3rd International Conference for Young Chemists (ICYC 2010), 23rd-25th June 2010, Copthorne Orchid Hotel Penang, Malaysia


○波多宣子・橋本真之介・安井理恵・倉光英樹・田口茂
水相から生成する有機イオン会合体への無電荷成分並びにイオン成分の分配挙動 (1005)
71回分析化学討論会(2010515()16(),(島根大学松江キャンパス(松江市))


○田口茂
【依頼講演】膜抽出を利用する高感度な簡易水質分析 (1005*)
71回分析化学討論会(2010515()16(),(島根大学松江キャンパス(松江市))


○田口茂・王文セイ・波多宣子・倉光英樹
モリブデンブルーの膜抽出/溶解法によるリン共存下におけるヒ素の高感度吸光光度定量 (2040)
71回分析化学討論会(2010515()16(),(島根大学松江キャンパス(松江市))

○中山慶子・山本保(マイクロエミッション)・波多宣子・田口茂・高村禅(北陸先端大院マテ)

イオン会合体を用いる水中微量金属の一括濃縮とLEP-AESを用いた分析法 (2062)
71回分析化学討論会(2010515()16(),(島根大学松江キャンパス(松江市))

 

[2009年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

倉光英樹, 佐澤和人, 七山泰昭, 工藤千春, 川上貴教, 波多宣子, 田口 茂

マイクロスケール藻類生長阻害試験を用いた銅の毒性に対する溶存有機物質に含まれる抑制成分の探索

水環境学会誌 Vol.32,  No.62009pp.309314


倉光英樹 , Kuramitz H
トピックス イオンチャンネルバイオセンサーによる抗ウィルス感染剤のスクリーニング
ぶんせき (Bunseki), 2009(5), 261.

Kuramitz H
Magnetic microbead-based electrochemical immunoassays
Anal. Bioanal. Chem., 394, 61
69 (2009)


Sugawara K, Kawai M., Hirabayashi G, Kuramitz H

Sensitivity of a Glassy Carbon Electrode Covered with a Chitin Film Improved by the Addition of Carbon Powder
Analytical Sciences25(1), 105-108 (2009)


【著書】

 

【口頭・ポスター発表】

○原 夕貴,倉光英樹,波多宣子,田口 茂
電解促進酸化フェライト法の開発とフミン酸を用いた汚染物質の共沈処理に関する基礎的検討 (S-19)
日本腐植物質学会第25回講演会(20091125 (水)〜26日(木), 兵庫県立大学環境人間学部(姫路市))

○福島正巳,石田洋輔,重松聡子(北大院工),倉光英樹
水溶性鉄ポルフィリン触媒によるテトラブロモビスフェノールAの酸化分解挙動に及ぼす腐植酸の影響 (S-9)
日本腐植物質学会第25回講演会(20091125 (水)〜26日(木), 兵庫県立大学環境人間学部(姫路市))


○佐澤和人,倉光英樹,波多宣子,田口 茂 (P47)
電気化学的変異原性試験法から明らかにする底質中有機汚染物質の遺伝毒性
「分析中部・ゆめ21」若手交流会第9回高山フォーラム(20091113()-14(), 高山市図書館(煥章館))

○早川由佳里,○田水伸弥,倉光英樹,波多宣子,田口 茂 (P48)
ホルムアルデヒドによる雨と大気の汚染−広域(全国)調査と高度差調査−
「分析中部・ゆめ21」若手交流会第9回高山フォーラム(20091113()-14(), 高山市図書館(煥章館))

○橋本真之介,○森 加奈絵,波多宣子,倉光英樹,田口 茂 (P49)
水相から生成する液状有機イオン会合体相の抽出媒体としての特性と分析化学的応用
「分析中部・ゆめ21」若手交流会第9回高山フォーラム(20091113()-14(), 高山市図書館(煥章館))

倉光 英樹
【依頼講演】 液滴試料の対流ボルタンメトリーによるイムノアッセイとバイオアッセイの高度化 (1D05)

40回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(200911月7日(土),8日(日), 岐阜大学工学部(岐阜市))

○王 文婧・倉光 英樹・波多 宣子・田口 茂
モリブデンブルーの膜抽出を利用するヒ素の高感度吸光光度定量 (2D14)
40回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(200911月7日(土),8日(日), 岐阜大学工学部(岐阜市))


○佐澤和人・倉光英樹・波多宣子・田口 茂
新規電気化学的変異原性試験法を用いた土壌・底質中の有害汚染物質の毒性変化(Y1133
日本分析化学会第58年会(2009924()26(), 北海道大学高等教育機能開発総合センター(札幌市)

○中川和也・波多宣子・倉光英樹・田口 茂・千葉 元(富山商船高専)
河口域における形態別リンの挙動と富山湾の水質汚濁(2009)
日本分析化学会第58年会(2009924()26(), 北海道大学高等教育機能開発総合センター(札幌市)

○波多宣子・安井理恵・橋本真之介・倉光英樹・田口 茂
水相から生成する有機イオン会合体へのイオン性成分並びに無電荷成分の分配挙動(3026)
日本分析化学会第58年会(2009924()26(), 北海道大学高等教育機能開発総合センター(札幌市)

○由上麻子・高橋哲史・照井教文・倉光英樹・菅原一晴(群馬大教育・一関高専・前橋工科大)
ビオチン/キトサン−キチン膜被覆電極表面におけるアビジン−ビオチン間結合のモニタリング(B3001)
日本分析化学会第58年会(2009924()26(), 北海道大学高等教育機能開発総合センター(札幌市)

○佐澤和人, 七山泰昭, 倉光英樹, 波多 宣子, 田口   
腐植物質による環境汚染物質の毒性緩和の評価 −カリマンタン島と日本の腐植物質との比較−  (P-06
28回分析化学中部夏期セミナー (2009818()19(), サンレイク美浜(静岡県浜松市))


○橋本真之介, 安井理恵, 波多宣子, 倉光 英樹, 田口 
新しい抽出媒体としての液状有機イオン会合体の物性とその可能性 (P-07
28回分析化学中部夏期セミナー (2009818()19(), サンレイク美浜(静岡県浜松市))

Hideki Kuramitz, Miki Takeuchi, Kazuto Sazawa, Mario Ikeuchi, Noriko Hata, Shigeru Taguchi
Applications of hydrodynamic electrochemical analysis in a droplet using a rotating disk electrode
10th Asian Conference on Analytical Sciences 2009 (ASIANALYSIA X), 11-13, Aug., 2009, KL, Malaysia, BEF32.

Hideki Kuramitz, Yasuaki Nanayama, Kazuto Sazawa, Noriko Hata, and Shigeru Taguchi
Development of microscaled algal growth inhibition test and assessment for mitigating effect of dissolved humic substances on various environmental pollutants toxicity
Asia Young Analytical Chemist Session (AYACS) 2009, 10, Aug., 2009,KL, Malaysia, AYACS13.

田口 
膜抽出による簡易水質分析法の高度化

平成21年度日本水環境学会中部支部講演会(200985(), 名古屋国際会議場)

○佐澤和人・倉光英樹・菅原一晴(群馬大教育)・波多宣子・田口 茂
対流ボルタンメトリーを用いた変異原性試験法の開発 (2013)
70回分析化学討論会(2009516()17(),(和歌山大学栄谷キャンパス(和歌山市))

○波多宣子・安井理恵・寺島俊平・倉光英樹・田口 茂
水相から生成するイオン会合体への化学成分の分配挙動 (1026)
70回分析化学討論会(2009516()17(),(和歌山大学栄谷キャンパス(和歌山市))

○菅原一晴・由上麻子・照井教文(群馬大教育)・倉光英樹
カーボン/コラーゲン膜被覆グラッシーカーボン電極の感度の向上 (1012)
70回分析化学討論会(2009516()17(),(和歌山大学栄谷キャンパス(和歌山市))


[2008年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

倉光英樹, 佐澤和人, 七山泰昭, 工藤千春, 波多宣子, 田口 茂
「佐潟」における天然有機物質による環境汚染物質の毒性低減能の評価
平成19年度新潟市「佐潟学術研究奨励補助金」研究成果報告書, pp81-94

Hideki Kuramitz, Aigars Piruska, H. Brian Halsall, Carl J. Seliskar, and William R. Heineman;
Simultaneously multi selective spectroelectrochemical sensing for the interaction between protein and its ligand using redox dye-Nile Blue as a label,
Analytical Chemistry, 80(24), 9642-9648 (2008).

Murai, K., Okano, M., Kuramitz, H., Hata, N., Kawakami, T., and Taguchi, S.,

Membrane Solubilization Technique for Spectrophotometric Determination of Trace Formaldehyde in Rainwater
Analytical Sciences24(11), 1455-1459 (2008).

倉光英樹,Hideki Kuramitsu
注目の論文 Analytical Chemistry 磁力で操るマイクロ流体デバイス
化学(Chemistry), 63(11), 62-63 (2008)

Murai, K., Okano, M., Kuramitz, H., Hata, H., Kawakami, T., and Taguchi, S.,

Investigation of formaldehyde pollution of tap water and rain water using a novel visual colorimetry
Water Science and Technology, 58(5), 1055
1060 (2008).

Nakayama, M., Hata, N., Kuramitz, H. and Taguchi, S.,
Macroporous Diatomaceous Earth Column for the Separation and Simultaneous Determination of Pesticides in the Soil of Golf Courses
Journal of Environmental Chemistry (環境化学), 18(3), 353-359 (2008)

関山沙織, 倉光英樹, 波多宣子, 田口 茂
多層カーボンナノチューブ分散Nafion®膜修飾グラッシーカーボン電極と疎水性陽イオン界面活性剤を用いる17b-エストラジオールの濃縮ボルタンメ トリー
分析化学, 57(8), 613-618 (2008)


田口  , Shigeru Taguchi
講 義 分析化学における固相抽出法
ぶんせき (Bunseki), 2008(7), 343-349.

Hata, N., Hieda, S., Yamada, M., Yasui, R., Kuramitz, H., and Taguchi, S.,
Formation of a Liquid Organic Ion Associate in Aqueous Solution and Its Application to the GF-AAS Determination of Trace Cadmium in Environmental Water as a Complex with 2-(5-Bromo-2-pyridylazo)-5-(N-propyl-N-sulfopropylamino)phenol

Analytical Sciences24(7), 925-928 (2008).

中山 将人, 波多 宣 子, 倉光 英樹, 田口 茂
ゴルフ場農薬の多成分同時分析と固相抽出挙動ならびにその水中分解性について
季刊 全国環境研会誌, 33(2), 80-87 (2008)

Sugawara K, Senbongi A, Kamiya N, Hirabayashi G, Kuramitz H.
Voltammetric evaluation of the binding between wheat germ agglutinin and thionine/glucose-modified magnetic microbeads
Analytical Sciences24(6), 717-720 (2008)

Sugawara K, Terauchi A, Kamiya N, Hirabayashi G, Kuramitz H

Voltammetric behaviors of wheat-germ agglutinin on a chitin-modified carbon-paste electrode
Analytical Sciences24(5), 583-587 (2008)


【著書】


波多宣子,倉光英樹,田口 茂,分担執筆,和田直也・今村弘子編 自然と経済から見つめる北東アジアの環境 第11章  水環境の汚染,p. 201-221,富山大学出版会(2009320日刊)

星野一宏,井上 弘,倉光英樹,分担執筆,和田直也・今村弘子編 自然と経済から見つめる北東アジアの環 境 第14章 環境修復,p. 265-284,富山大学出版会(2009320日刊)

【口頭・ポスター発表】




○村居景太,倉光英樹,波多宣子,田口 茂
ホルムアルデヒドによる国内雨水の広域汚染 (2H3-16, 口頭B講演)
Investigation of Rainwater Pollution with Formaldehyde in Japan
日本化学会第89春季年会(平成21327()30(),日本大学理工学部船橋キャンパス)


○村居景太,新美紗 恵子,倉光英樹,波多宣子,田口 茂
ホルムアルデヒドによる国内雨水の広域汚染
富山大学研究推進フォーラム環境編第一回シンポジウム交流会(平成2136(), 富山大学黒田講堂会議室(富山市))

○佐澤和人,倉光英樹,波多宣子,田口 茂
電気化学的手法を用いた変異原性試験法の開発 
富山大学研究推進フォーラム環境編第一回シンポジウム交流会(平成2136(), 富山大学黒田講堂会議室(富山市))


○村居景太,新美紗 恵子,倉光英樹,波多宣子,田口 茂,(富山県環境科学セ)川崎清人,木戸瑞佳 (最優秀ポスター賞受賞!!!)
ホルムアルデヒドによる富山県内雨水の汚染実態 (P21)
平成20年度日本水環境学会中部支部学術集会(平成201212(), パレブラン高志会館(富山市))

○中川和也・波多宣子・倉光英樹・田口 茂・(富山商船高専)千葉 元 (優秀ポスター賞受賞!!!)
小矢部川河口域を含めた富山湾におけるリンの形態別分析 (P22)
平成20年度日本水環境学会中部支部学術集会(平成201212(), パレブラン高志会館(富山市))

○工藤千春、倉光英樹、波多宣子、田口 茂
土壌由来天然有機物質を利用した重金属の新規吸着剤の開発 (P23)

平成20年度日本水環境学会中部支部学術集会(平成201212(), パレブラン高志会館(富山市))

○佐澤和人,倉光英樹,波多宣子,田口 茂
電気化学的検出法を利用した変異原性試験法の開発 (P24)
平成20年度日本水環境学会中部支部学術集会(平成201212(), パレブラン高志会館(富山市))

○工藤 千春、倉光 英樹、波多 宣子、田口 茂、福嶋 正巳(北大院・工)

腐植物質−磁性マイクロ粒子ハイブリッド吸着剤の作製と水処理剤としての基礎的検討
第24 回日本腐植物質学会 (2008年11月4日(火)〜11月5日(水), 北海道大学百年記念会館)

○安井 理恵・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂
水相から生成する液状有機イオン会合体相の抽出媒体としての評価と化学物質の抽出挙動 (3063)
日本分析化学会第57年会 (2008910()12(), 福岡大学七隈キャンパス(福岡市城南区))


○波多 宣子・高木 美里・安井 理恵・村居 景太・倉光 英樹・田口 茂
水相からの液状有機イオン会合体への抽出を利用する環境水中のニッケルの高濃縮/黒鉛炉原子吸光光度定量 (3064)
日本分析化学会第57年会 (2008910()12(), 福岡大学七隈キャンパス(福岡市城南区))

○由上麻子・倉光英樹・菅原一晴(群馬大教育)
セロテトラオース修飾磁性ビーズと小麦由来レクチンとの結合の電気化学的評価 (1013)
日本分析化学会第57年会 (2008910()12(), 福岡大学七隈キャンパス(福岡市城南区))


○中川和也・林 祥吾・瀬川直裕・波多宣子・倉光英樹・田口 茂・千葉 元 (富山商船高専)  (優秀賞受賞!!!)
今春季における富山湾沿岸海域の異常CODの原因を探る
27回分析化学中部夏期セミナー (2008818()19(), うすずみ温泉四季彩館(岐阜県本巣市))


○王 文婧、波多 宣子、倉光 英樹、田口 茂 (最優秀賞受賞!!!)
可溶性メンブランフィルターを用いるppbレベルの 水中ヒ素の濃縮 / 吸光光度定量
27回分析化学中部夏期セミナー (2008818()19(), うすずみ温泉四季彩館(岐阜県本巣市))


倉光 英樹・佐澤 和人・七山 泰昭・工藤 千春・波多 宣子・田口 
「佐潟」における天然有機物質による環境汚染物質の毒性低減能の評価
佐潟学術研究発表会 (2008718(),新潟市佐潟水鳥・湿地センター)

田口 茂
膜抽出分離法が開く新しい環境分析技術
中部支部創立50周年記念会(20085 17 日(土), 名古屋ガーデンパレス )


○村居 景太・高松 泉歩・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂・川上 貴教
膜捕集目視法と膜溶解/吸光光度法を一体化させた雨水中ホルムアルデヒドの高感度簡易計測システム (2017)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)

○藤井 絢子・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂
無酸素条件下真空紫外線照射による水中のフッ素系界面活性剤の分解と定量への応用 (2021)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)

○安井 理恵・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂
水相から生成する液状有機イオン会合体相の抽出媒体としての評価 (1017)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)

○坂本 陽平・村居 景太・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂
水相からの液状有機イオン会合体相の多層生成における分配平衡とホルムアルデヒド定量への応用 (1018)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)

○倉光 英樹・宮垣 瞬・菅原 一晴・波多 宣子・田口 茂
ダウノマイシンでラベル化したラクトースを用いたコレラ毒素の電気化学的アッセイ法の開発 (1002)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)

○菅原 一晴・河合 真志・平林 譲司・神谷 直人・倉光 英樹(群馬大教育・富山大理)
カーボン修飾キチン膜の電気化学的挙動に関する研究 (2010)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)

○波多 宣子・堀 由衣子・林 祥吾・村居 景 太・倉光 英樹・田口 茂・川上 貴教
富山湾沿岸海域の水質汚濁解明のための懸濁物質のキャラクタリゼーション (2309)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)

○倉光 英樹・上野 英志・波多 宣子・田口 茂
抗体修飾型電気化学イオンチャンネルセンサーの開発 (2304)
69回分析化学討論会(20085 15 日(木)・16 日(金), 名古屋国際会議場)


[2007年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

田口 茂, 村居景太
展望 メンブランフィルターを用いる膜抽出分離法
ぶんせき 2008 (2) 67-72         

Sugawara, K., Kamiya, N., Hirabayashi, G., Kuramitz, H.
Voltammetric evaluation for the binding of wheat germ agglutinin to glucosamine-modified magnetic microbead
Talanta 72 (3), pp. 1123-1128 (2007)

Sugawara, K., Takayanagi, T., Kamiya, N., Hirabayashi, G., Kuramitz, H.
Voltammetric sensing of sugar by an electrode covered with wheat germ agglutinin/chitin film 
Talanta 71 (4), pp. 1637-1641 (2007)


【著書】


田口 茂,分担執筆,軽部征夫編 バイオセンサ・ケミカルセンサ事典 第U編ケミカルセンサ 222−1光を用いたセンシング,株式会社 テクノシステム(20078月刊)

倉光英樹,分担執筆,軽部征夫編 バイオセンサ・ケミカルセンサ事典 第U編ケミカルセンサ 2222電気化学的センシング,株式会社 テクノシステム(20078月刊)

【口頭・ポスター発表】

○七山泰昭・工藤千春・波多宣子・田口 茂・倉光英樹・福嶋正巳(北大 院工) 
マイクロスケール藻類生長阻害試験を用いた腐植物質共存下における環境汚染物質の毒性低減に関する研究
23回日本腐植物質学会(2007119日(金)〜10日(土), 弘前大学(弘前市)

Noriko Hata, Naohiro Segawa, Masato Nakamura, Yuko Yamada, Tadahiro Nakajima, Keita Murai, Hideki Kuramitz, Shigeru Taguchi and Hajime Chiba
(Toyama National College of Maritime Technology) (P064)
Aquatic Environmental Impact at Estuaries and Coast due to the Forms of Phosphorus in the Effluent of Treated Sewage and River Water
2nd IWA (International Water Association)-ASPIRE (Asia-Pacific Regional Group) Conference & Exhibition (ASPIRE 07), (28 October - 1 November 2007, Perth Convention & Exhibition Centre, Australia)

Keita Murai, Mayumi Okano, Noriko Hata, Hideki Kuramitz, Shigeru Taguchi and Takanori Kawakami (P080)
Investigation of Formaldehyde Pollution of Tap Water and Rain Water by Using a Novel Visual ColorimetryPresentation
2nd IWA (International Water Association)-ASPIRE (Asia-Pacific Regional Group) Conference & Exhibition (ASPIRE 07), (28 October - 1 November 2007, Perth Convention & Exhibition Centre, Australia)

Saori Sekiyama, Noriko Hata, Shigeru Taguchi, Hideki Kuramitz
Removal of Estrogens Using a Conducting Polymer Modified Carbon Fiber Electrode (YB-04)

2007年電気化学会北陸支部秋季大会 (20071018()19(). 長岡グランドホテル(長岡市))

Eiji Ueno, Noriko Hata, Shigeru Taguchi, Hideki Kuramitz
Electrochemical Ion-Channel Sensor Based on Antigen-Antibody Interaction for Detection of Protein and Virus (YB-05)
2007
年電気化学会北陸支部秋季大会 (20071018()19(). 長岡グランドホテル(長岡市))

○関山 沙織・波多 宣子・田口 茂・菅原 一晴*・倉光 英樹(*群馬大 教育)
カーボンナノチューブペースト電極を用いたエストロゲン定量法の開発(B1005
日本分析化学会第56年会(2007919()21(), 徳島大学常三島キャンパス)

○竹内 美貴・波多 宣子・田口 茂・倉光 英樹
磁性マイクロビーズを用いた17β−エストラジオールの電気化学式イムノアッセイ法の開発(B1006

日本分析化学会第56年会(2007919()21(), 徳島大学常三島キャンパス)

○波多 宣子・瀬川 直裕・林 祥吾・山田 祐子・中村 誠人・中嶋 忠弘・倉光 英樹・田口 茂・千葉  元(富山商船高専)
富山湾及び流入河川における栄養塩の形態別分析と季節変化(P3082

日本分析化学会第56年会(2007919()21(), 徳島大学常三島キャンパス)

村居景太・高松泉歩・坂本陽平・波多宣子・倉光英樹・田口 茂・川上貴教 (最優秀賞受賞!!!)
ホルムアルデヒドによる富山県内雨水の汚染実態究明
−膜捕集およびイオン会合体相抽出を用いた高濃縮簡易定量法の応用−
26回分析化学中部夏期セミナー(200798()-9(), 大山研修センター(富山市)


工藤千春・七山泰昭・佐澤和人・波多宣子・田口 茂・倉光英樹 (優秀賞受賞!!)
溶存天然有機物質が関与する自浄作用の解明 −環境汚染物質の植物プランクトンに対する毒性変化に着目し て−
26回分析化学中部夏期セミナー(200798()-9(), 大山研修センター(富山市)


竹内美貴・関山沙織・上野英志・波多宣子・田口 茂・倉光英樹 (優秀賞受賞!!)
エストラジオール分析のための電気化学的アプローチ
26回分析化学中部夏期セミナー(200798()-9(), 大山研修センター(富山市)


藤井絢子・藤井智章・波多宣子・倉光英樹・田口 茂 (優秀賞受賞!!)
有害汚染物質の紫外線分解効率向上を目指して
−除酸素および無機塩の添加効果−
26回分析化学中部夏期セミナー(200798()-9(), 大山研修センター(富山市)


安井理恵・高木美里・波多宣子・倉光英樹・田口 茂 (優秀賞受賞!!)
液状イオン会合体への化学物質の抽出挙動と微量成分分析への応用
26回分析化学中部夏期セミナー(200798()-9(), 大山研修センター(富山市)


林 祥吾・堀 由衣子・瀬川直裕・波多宣子・倉光英樹・田口 茂
富山湾沿岸海域における富栄養化の原因を探る
〜形態別リンの定量と懸濁物質成分分析からのアプローチ〜」
26回分析化学中部夏期セミナー(200798()-9(), 大山研修センター(富山市)


○村居 景太・岡野 真弓・波多 宣子・倉光 英樹・田 口 茂・川上 貴教
二種類の色素の膜捕集を利用した雨水中ホルムアルデヒドの高感度簡易目視定量法の開発 (1009*)
68回分析化学討論会(20075 19 日(土)・20 日(日), 宇都宮大学峰キャンパス)


波多 宣子・○安井 理恵・村居 景太・倉光 英樹・田口 茂
液状有機イオン会合体の抽出能と選択性の評価 (1002)
68回分析化学討論会(20075 19 日(土)・20 日(日), 宇都宮大学峰キャンパス)


○菅原 一晴・寺内 愛子・神谷 直人・平林 譲司・倉光 英樹(群馬大教育)
小麦由来レクチン/キチン修飾カーボンペースト電極による糖質のセンシング (1018)
68回分析化学討論会(20075 19 日(土)・20 日(日), 宇都宮大学峰キャンパス)


○上野 英志・波多 宣子・田口 茂・倉光 英樹
バクテリオファージMS2検出のためのイオンチャネル型バイオセンサー (1024)
68回分析化学討論会(20075 19 日(土)・20 日(日), 宇都宮大学峰キャンパス)

○村居 景太・波多 宣子・倉 光 英樹・田口 茂 (P-7)
液状イオン会合体相抽出/HPLCによる水中のppbレベルのホルムアルデヒドの定量法
Determination of Trace of Formaldehyde in Water by HPLC Coupled with Liquid Ion-associate Phase Extraction
14回クロマトグラフィーシンポジウム(200759()11日(金)富山県民共生センターサンフォルテ)


○波多 宣子・安井理恵・倉 光 英樹・田口 茂 (P-8)
液状イオン会合体抽出/濃縮分離法を用いる微量成分のHPLC定量
Liquid ion-associate phase extraction for trace analysis by HPLC
14回クロマトグラフィーシンポジウム(200759()11日(金)富山県民共生センターサンフォルテ)

 

○中山 将人・波多 宣子・倉 光 英樹・田口 茂 (P-20)
多孔性ケイソウ土カラムを用いたゴルフ場土壌中農薬の一斉分析
Simultaneous Determination of Pesticides in soil of Golf Courses via Absorption of the Aqueous Extract with Macroporous Diatomaceous Earth Column and Elution with Organic Solven

14回クロマトグラフィーシンポジウム(200759()11日(金)富山県民共生センターサンフォルテ)


[2006年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

 

Nakayama, M., Kawagishi, T., Hata, N., Taguchi, S.
Simultaneous Determination of Pesticides in Effluent from Golf Courses by Solid Phase Extraction and the Retention Behavior of the Pesticides
Journal of Ecotechnology Research, 12(3), 171-175 (2006)

Sugawara, K., Kamiya, N., Hirabayashi, G., Kuramitz, H.
A homogenous assay of FAD using a binding between apo-glucose oxidase and FAD labeled with an electroactive compound 
Electroanalysis 18 (10), pp. 1001-1006 (2006)


田口 茂,関 絵理子,村居 景太,波多 宣子,倉光 英樹,
膜捕集を利用した水中のホルムアルデヒドの簡易目視定量法の開発と水道水への応用     
分析化学, 55(7), 525-529 (2006)

Y.Matsumoto, H. Kuramitz, S. Itoh and S. Tanaka,
New fluorometric enzyme immunoassay for 17
β-estradiol by homogeneous reaction using biotinylated estradiol 
Talanta, 69 (3), pp. 663-668 (2006).


【著書】


田口 茂,分担執筆,日本化学会編 第5版 実験化学講座 20−1 分析化学,丸善(20071月刊)


【口頭・ポスター発表】

○工藤 千春・七山泰昭・波多 宣子・田口 茂・倉 光 英樹
溶存有機物による疎水性汚染物質の可溶化と植物プランクトンに対する毒性変化
41回日本水環境学会年会(2007315()17日(土)大阪産業大学)

S. Sekiyama, N. Hata. S. Taguchi, H. Kuramitz (P-23)
The Development of New Adsorptive Stripping Voltammetry for Estrogen Based on the Formation of Micro-Organic Ion-Associate Phase at the Electrode Surface
13th Asian Symposium on Ecotechnology (ASET13) (December 2-3, 2006, Toyama International Conference Center, Toyama)

M. Takeuchi, E. Ueno, N. Hata. S. Taguchi, H. Kuramitz (P-24)
Development of Signal Enhancement Technique for Electrochemical Microbead-Based Enzyme Immunoassay
13th Asian Symposium on Ecotechnology (ASET13) (December 2-3, 2006, Toyama International Conference Center, Toyama)


○岡野真弓、村居景太、波多宣子、倉光英樹、田口 茂、川上貴教
膜捕集を用いた雨水中ホルムアルデヒドの簡易目視定量法の開発
平成18年度日本化学会北陸地区研究発表会(20061118日(土)富山大学)

○村居景太・波多宣子・倉光英樹・田口 茂 (2F02)
水中のアルデヒド類の誘導体化と微小イオン会合体相への抽出を用いる高感度吸光光度定量法の開発
37回中部化学関係学協会支部連合秋季大会
(20061112日(日),13日(月), 愛知工業大学八千草キャンパ ス(豊田市))

○波多宣子・安井理恵・成瀬真弓・村居景太・倉光英樹・田口 茂 (2F03)
有機化学物質(フタル酸エステル,エストロゲン等)の水/イオン会合体相間の分配挙動
37回中部化学関係学協会支部連合秋季大会
(20061112日(日),13日(月), 愛知工業大学八千草キャンパス(豊田市))

○七山泰昭・工藤千春・波多 宣子・田口 茂・倉 光 英樹 (2-4)
腐植物質共存下における重金属と有機塩素系化合物の植物プランクトンに対する 毒性とその評価
22回日本腐植物質学会 (2006113日(金)〜4日(土), 創価大学(八王子市))

○波多宣子,村居景太,倉光英樹,田口 茂 (P-10)
抽出溶媒としての液状イオン会合体の性質と化学物質の抽出挙動
Liquid ion-associate as an extraction medium and extraction behavior of some organic substances
第25回溶媒抽出討論会(2006113日(金)〜4日(土), 金沢工業大学(野々市町))

○村居 景太・関 絵理子・岡野 真弓・波多 宣子・倉 光 英樹・田口 茂 (J1005
(学生奨励賞受賞!!)
アルデヒド類の誘導体化/分離・濃縮法の開発と水道水中ホルムアルデヒドの目視定量への応用
日本分析化学会第55年会 (2006920日(水)〜22日(金), 大阪大学 豊中キャンパス(豊中市))


○波多 宣子・安井 理恵・成瀬 真弓・倉光 英樹・田口 茂 (P1097
微小イオン会合体相抽出による水中のフタル酸エステル類及びフェノール性化合物の高濃縮分離と分配挙動
日本分析化学会第55年会 (2006920日(水)〜22日(金), 大阪大学 豊中キャンパス(豊中市))


○上野 英志・波多 宣子・田口 茂・倉光 英樹 (G2002
電気化学式イオンチャンネル型バイオセンサーによるオボアルブミンの定量

日本分析化学会第55年会 (2006920日(水)〜22日(金), 大阪大学 豊中キャンパス(豊中市))

倉光 英樹・秋元 朗・○竹内 美貴・菅原 一晴(群馬大教 育)・波多 宣子・田口 茂 (P3052
磁性マイクロビーズを用いた17β-エストラジオールのELISA−吸光光度法の開発

日本分析化学会第55年会 (2006920日(水)〜22日(金), 大阪大学 豊中キャンパス(豊中市))

KURAMITZ Hideki, NANAYAMA Yasuaki, KUDOU Chiharu, YUSTIAWATI, SYAWAL M. Suhaemi, HATA Noriko and TAGUCHI Shigeru
THE EFFECT OF DISSOLVED ORGANIC MATTER ON TOXICITY OF POLLUTANTS TO FRESH WATER ALGAE IN CENTRAL KALIMANTAN
"JSPS-LIPI Core University Program: International Symposium on Nature and Land Management of Tropical Peat land in South East Asia" (
Conference Hall, Bogor Botanical Garden, Bogor, Indonesia, September 20-21, 2006)

七山泰昭,倉光英樹 (優秀賞受賞!!)
天然有機物質が関与する有害汚染物質の自浄作用解明への一歩
〜カリマンタン淡水圏をフィールドとして〜
25回分析化学中部夏期セミナー(2006819()-20(), ホテル日航豊橋(愛知県豊橋市)

○藤井絢子,藤井智章,前沢秀明,田口 茂
(優秀賞受賞!!)
真空紫外線を利用した水処理法の開発
−有機化合物の分解に及ぼす除酸素の効果−
25回分析化学中部夏期セミナー(2006819()-20 (), ホテル日航豊橋(愛知県豊橋市)

○安井理恵,成瀬真弓,波多宣子
(優秀賞受 賞!!)
イオン会合体相の生成を利用する微量成分の高濃縮分離法
−水中のエストロゲンの定量への応用と分配挙動−
25回分析化学中部夏期セミナー(2006819()-20(), ホテル日航豊橋(愛知県豊橋市)


環境計測化学第1講座のホームページ
生物圏のホームページ

理学部のホームページ