環境化学計測 I 講座 業績

2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度



[2005年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】


H. Kuramitz, M. Dziewatkoski, B. Barnett, H.B. Halsall and W.R. Heineman,
Application of an automated fluidic system using electrochemical bead-based immunoassay to detect the bacteriophage MS2 and ovalbumin.
Analytica Chimica Acta, 561 (1-2), pp. 69-77 (2006).

K.Sugawara, G. Hirabayashi, N. Kamiya and H. Kuramitz, 
Evaluation of concanavalin A-mannose interaction on the electrode covered with collagen film.
Talanta, 68, 1176-1181 (2006).

Yuwatini,E., Hata, N.,  Taguchi, S.,
Behavior of di(2-ethylhexyl) phthalate discharged from domestic wastewater into aquatic environment
Journal of Environmental Monitoring (JEM), 8 (1), 191-196 (2006)

ユワティニ エリニ, 波多 宣子, 田口 茂
微 小イオン会合体相抽出および固相抽出/HPLC定量による神通川流域におけるフタル酸ジ(2-エチルヘキシル)の動態調査
Journal of Ecotechnology Research, 11(3), 137-142 (2005)

Sugawara, K., Hirabayashi, G., Kamiya, N., Kuramitz, H., Tanaka, S.,
Evaluation of binding between electroactive biotin derivative and streptavidin immobilized on chitin film
Electroanalysis, 17 (18), Sep, 1659-1664 (2005)

Sugawara, K., Kamiya, N., Hirabayashi, G., Kuramitz, H.
Voltammetric homogeneous binding assay of biotin without a separation step using iminobiotin labeled with an electroactive compound 
Analytical Sciences 21 (8), pp. 897-900 (2005)

Matsushita, M., Kuramitz, H., Tanaka, S.,
Electrochemical oxidation for low concentration of aniline in neutral pH medium: Application to the removal of aniline based on the electrochemical polymerization on a carbon fiber
Environmental Science and Technology, 39 (10), 3805-3810 (2005)


【著書】


地球温暖化で何が起こるか・予想される問題とは 水に関して予想される問題
田口 茂
楽しい理科授業, 明治図書,2005(8), No.468, 8-9.

【口頭・ポスター発表】

○Noriko HATA, Hideki Kuramitsu, Shigeru Taguchi
In situ formation of micro-organic ion-associate phase for high enrichment and determination of traces in environmental waters
The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005) (2005環太平洋国際化学会議)(Honolulu Hawaii, USA, December 15-20, 2005)

H. Kuramitz, M. Dziewatkoski, H.B. Halsall and W.R. Heineman
An automated fluidic system for bead-based immunoassay with electrochemical detection.
The 56th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry(2005年9月,韓国,釜山)

○田口 茂
<招待講演>  形態別分析で探る河川から沿岸海域に至る水環境汚染 (1B09)
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(2005年9月23日(金),24日(土), グランシップ(静岡市))

○波多宣子・中嶋忠弘・田口 茂・松永明信*・南條暢聡** (富山衛研*・富山水試**) (1B11)
栄養塩の形態別分析と富山湾における鉛直分布
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(2005年9月23日(金),24日(土), グランシップ(静岡市))

○中村 誠人・中嶋 忠弘・山田 祐子・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂
C1023(14:30〜14:45)栄養塩の形態別分析と富山県内河川から沿岸海域に至る濃度の季節変動
日本分析化学会第54年会 (2005年9月14日(水)〜16日(金), 名古屋大学 東山キャンパス(名古屋市))

○倉光 英樹・Dziewatkoski Mike*・Heineman William R**・波多 宣子・田口 茂 (YSI Inc*.・University of Cincinnati**)Y1019
磁性マイクロビーズを用いた電気化学的イムノアッセイ法の開発とフローシステムへの応用
日本分析化学会第54年会 (2005年9月14日(水)〜16日(金), 名古屋大学 東山キャンパス(名古屋市))

○Erini Yuwatini・波多 宣子・倉光 英樹・田口 茂 (Y1072)
河川水中のフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの微小イオン会合体相への高濃縮/HPLC定量
日本分析化学会第54年会 (2005年9月14日(水)〜16日(金), 名古屋大学 東山キャンパス(名古屋市))

○岡 憲吾, 鵜丹谷真保, 波多宣子, 倉光 英樹, 田口 茂 (P19)  (優秀賞受賞!!)
リンス・柔軟剤に含まれる陽イオン界面活性剤の河口域における動態
第24回分析化学中部夏期セミナー(2005年8月26日(金)-27日(土), 松本市浅間温泉文化センター(長野県松本市))

Isamu Uchiyama , Genki Terauchi*1, Joji Ishizaka*2, Hajime Chiba*3 and Noriko Hata*4
  *1:NPEC  *2:Nagasaki University,   *3:Toyama National College of Maritime Engineering,   *4:Toyama University
Activity on “Toyama Bay Project”- For Effective Monitoring of Coastal Environment by Satellite Remote  Sensing -
The First International Workshop on HAB in the Northwest Pacific Region
第1回北西太平洋地域における赤潮/HABに関する国際ワークショップ(2005 年6月30日(木),7月1日(金), タワー111スカイホール(富山市))

[2004年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

Matsumoto, Y., Kuramitz, H., Itoh, S., Tanaka, S.,
Quantitative analysis of 17β-estradiol in river water by fluorometric enzyme immunoassay using biotinylated    estradiol
Analytical Sciences, 21 (3) , 219-224 (2005)

Takamasa HASHI, Noriko HATA, Hideki KURAMITU, Shigeru TAGUCHI
Salting-out effect on the solid phase extraction of some organic pollutants in water

Journal of Ecotechnology Research, 10(4), 236-237 (2004)

波多 宣子 , Noriko Hata
トピックス ICP発光分光分析用の直接水素化物発生ネブ ライザー
ぶんせき (Bunseki), 2004(8), 481.

田口 茂 , Shigeru Taguchi
とびら 計測と解析
ぶんせき (Bunseki), 2004(7), 371.

【著書】


田口 茂、分担執筆、日本分析化学会編、改訂5版 分析化学データブック、丸善、2004年9月刊

田口 茂、分担執筆、日本分析化学会編、基本分析化学、朝倉書店、2004年9月刊

【口頭・ポスター発表】

○Takamasa HASHI, Noriko HATA, Hideki KURAMITSU, Shigeru TAGUCHI (P-17)
Salting-out effect on the solid-phase extraction of some organic pollutants in water
11th Asian Symposium on Ecotechnology, 3-4, December, 2004, Toyama Japan.

第11回エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム−富山(2004年12月3-4日, 富山国際会議場)

○岡 憲吾,鵜丹谷真保,倉光英樹,波多宣子,田口 茂 (P-13)
家庭から排出された陽イオン界面活性剤(リンス・柔軟剤の有効成分)のゆくえ
分析中部・ゆめ21 第4回高山フォーラム(2004年11月26-27日, 高山市民文化会館)

○中村誠人,中嶋忠弘,波多宣子,倉光英樹,田口 茂 (P-15)
汽水域における形態別リンの濃度変化 −富山湾への栄養塩の供給について−
分析中部・ゆめ21 第4回高山フォーラム(2004年11月26-27日, 高山市民文化会館)

○中嶋忠弘,波多宣子,田口 茂,松永明信(富山衛研),南條暢聡(富山水試)(一般講演6, 講演要旨集p11-12)
富山湾深層水中の形態別リンの濃度変動
第8回海 洋深層水利用研究会全国大会(2004年10月21日(木),22日(金), 入善コスモホール(富山県下新川郡入善町))

○Erini Yuwatini・波多宣子・田口 茂  (1K09)
河川水中のフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの高濃縮/HPLC定量と河口域における底質への移行挙動
第35回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(2004年9月17日(金),18日(土), 名古屋大学(名古屋市))

○岡 憲吾・孫 恵峰・鵜丹谷真保・高田明子・波多宣子・ 田口 茂  (1K10)
陽イオン界面活性剤の二段階膜分離濃縮/吸光光度定量法の開発と河口域における動態解析への応用
第35回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(2004年9月17日(金),18日(土), 名古屋大学(名古屋市))

○村居景太・波多宣子・田口 茂・黒田 律・黒田英世  (2K02)
[Gd(dtpa)]2-(MRI造影剤の成分)の定量法の開発と水環境中における分解挙動
第35回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(2004年9月17日(金),18日(土), 名古屋大学(名古屋市))

○田端香織, 敷村和也, 波多宣子, 田口 茂 (P04)  (支部長賞  最優秀賞受賞!!)
試薬含浸MF/色彩化学計測法によるホルムアルデヒド簡易計測法 
第23回分析化学中部夏期セミナー(2004年9月9日(木)-10日(金), ウェルサンピア伊勢(三重県伊勢市))

○藤井智章, 前澤秀明, 白山 肇, 川上貴教, 波多宣子, 田口 茂 (P05)
排水中の有機汚濁物質の紫外線分解処理  〜分解に及ぼす除酸素の効果〜
第23回分析化学中部夏期セミナー(2004年9月9日(木)-10日(金), ウェルサンピア伊勢(三重県伊勢市))

○波多宣子, 海野貴子, 田口 茂 (3P3165)
化学物質の分配挙動からみた有機イオン会合体相の抽出能の評価
日本分析化学会第53年会(2004年9月1-3日, 千葉工業大学芝園キャンパス(習志野市))

○田口 茂,前澤秀明,波多宣子,川上貴教,((財)環日 本海環協セ)白山  肇  (7P076)
紫外線による水中の有機汚濁物質の分解処理における除酸素効果
第13回環境化学討論会 (2004年7月7日(水)-9日(金)  グランシップ(静岡市))

○田端香織, 敷村和也, 波多宣子, 田口 茂
室内ホルムアルデヒド分析用試験紙の開発
富山大学リエゾンフェステバル (2004年7月7日(水) カナルパークホテル(富山市))

[2003年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

Micro-organic Ion-associate Phase Extraction via in situ Fresh Phase Formation for Preconcentration and Determination of Di(2-ethylhexyl)phthalate in River Water by HPLC
Noriko HATA,† Erini YUWATINI, Kaori ANDO, Mika YAMADA, Issei KASAHARA, and Shigeru TAGUCHI
Analytical Sciences, 20(1), 149-152 (2004)

中嶋忠弘,中野涼子,野畠美和,笠原一世,波多宣子,田口 茂
富山湾沿岸海域における溶存形態別リン濃度の季節変化
Seasonal changes of the forms of phosphorous species in Toyama Bay
エコテクノロジー研究 (Journal of Ecotechnology Research), 9(3), S150-S151 (2003)

橋 貴正,笠原一世,波多宣子,田口 茂
環境水中のフッ素系陰イオン界面活性剤のイオン対抽出/吸光光度定量法の開発
Ion-pair solvent extraction and spectrophotometric determination of fluorocarbon anionic surfactants in environmental water
エコテクノロジー研究 (Journal of Ecotechnology Research), 9(3), S152-S153 (2003)

前澤秀明,川上貴教,波多宣子,田口 茂,(NPEC) 白山 肇
排水中の芳香族化合物の無酸素紫外線分解 ―置換基の種類と分解挙動―
Photodegradation of aromatic compounds in wastewater under free of dissolved oxygen
エコテクノロジー研究 (Journal of Ecotechnology Research), 9(3), S234-S235 (2003)

Transportation and Fate of Cationic Surfactant in River Water
F. H. SUN, A.TAKATA, N. HATA, I. KASAHARA AND S. TAGUCHI*
Journal of Environmental Monitoring (JEM), 5(6), 891-895 (2003), (Published on the web: 23rd October 2003)

水相からの微小有機イオン会合体相の形成を利用する抽出/環境計測法の開発:
(2) 環境水中の微量亜硝酸の前濃縮/吸光光度定量
波多宣子・川島美咲・笠原一世・田口 茂
Micro-Organic Phase Sorbent Extraction for Trace Analysis via in situ New Phase Formation
(2)  An Application to the Preconcentration and Spectrophotometric Determination of Nitrite in Environmental Waters
Noriko HATA, Misaki KAWASHIMA, Issei KASAHARA, Shigeru TAGUCHI
環境と測定技術, 30(9), 30-36 (2003)

水相からの微小有機イオン会合体相の形成を利用する抽出/環境計測法の開発
(1) 河川水中の微量アンモニアの前濃縮/吸光光度定量
波多宣子・笠原一世・田口 茂・
Micro-Organic Phase Sorbent Extraction for Trace Analysis via in situ New Phase Formation
(1) An Application to the Preconcentration and Spectrophotometric Determination of Trace Ammonia in River Water
Noriko HATA, Issei KASAHARA, Shigeru TAGUCHI
環境と測定技術, 30(9), 24-29 (2003)

Simple and Rapid On-site Analysis of Sub Microgram Phosphate in Environmental Water by Tristimulus Colorimetry Coupled with Preconcentration with Membrane Filter Collection
Issei KASAHARA, Aya FUJINAWA, Noriko HATA and Shigeru TAGUCHI
Journal of Ion Exchange, 14(Supplement), 317-320(2003)

Micro-Organic Ion-Associate Phase Extraction via in situ Fresh Phase Formation for Preconcentration and Determination of Trace Analytes in Environmental Waters.
Noriko HATA, Issei KASAHARA, and Shigeru TAGUCHI
Journal of Ion Exchange, 14(Supplement), 321-324(2003)
 

【著書】

田口 茂 分担編集 
「環日本海環境白書 2003 〜共生の海をめざして〜」 近藤次郎/監修 
財団法人環日本海環境協力センター(2003年3月31日発行)

"ARSENIC/Properties and Determination"
Noriko Hata, Issei Kasahara, Shigeru Taguchi, Katsumi Goto,
in the book : Encyclopedia of Food Sciences and Nutrition, Benjamin Caballero, Luiz Trugo and Paul Finglas (Ed.), Elsevier Science Ltd., London, pp.304-311(2003)
 

【口頭・ポスター発表】

○岡 憲吾,鵜丹谷真保,波多宣子,笠原一世,田口 茂 (P-09)
家庭から排出された陽イオン界面活性剤(リンス・柔軟剤の有効成分)の水環境における動態
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2003年11月28-29日, 高山市民文化会館)

○敷村和也,波多宣子,笠原一世,田口 茂 (P-10)
色彩色差計を用いたホルムアルデヒドの簡易計測法の開発
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2003年11月28-29日, 高山市民文化会館)

○村居景太,波多宣子,笠原一世,田口 茂 (P-11)
環境水中におけるガドリニウム錯体(MRI造影剤)の挙動
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2003年11月28-29日, 高山市民文化会館)

○中嶋忠弘,中野涼子,野畠美和,笠原一世,波多宣子,田口 茂 (P-53)
富山湾沿岸海域における溶存形態別リン濃度の季節変化
Seasonal changes of the forms of phosphorous species in Toyama Bay
第10回エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム(2003年11月30日-12月2日  富山国際会議場)

○橋 貴正,笠原一世,波多宣子,田口 茂 (P-54)
環境水中のフッ素系陰イオン界面活性剤のイオン対抽出/吸光光度定量法の開発
Ion-pair solvent extraction and spectrophotometric determination of fluorocarbon anionic surfactants in environmental water
第10回エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム(2003年11月30日-12月2日  富山国際会議場)

○前澤秀明,川上貴教,波多宣子,田口 茂,(NPEC) 白山 肇 (P-95)
排水中の芳香族化合物の無酸素紫外線分解 ―置換基の種類と分解挙動―
Photodegradation of aromatic compounds in wastewater under free of dissolved oxygen
第10回エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム(2003年11月30日-12月2日  富山国際会議場)

○田口 茂,前澤秀明,川上貴教,波多宣子,((財)環日本海環境協力センター)白山 肇(P113)
無酸素紫外線分解法による有機汚濁物質を含む排水の処理
第2回とやま産学官交流会(2003年11月11日  富山国際会議場)(ポスターセッション資料p180-p182)

○波多宣子, 山田美華, 稗田志保, 笠原一世, 田口 茂 (3P48)
水相からの微小有機イオン会合体相の形成を利用する環境水中のカドミウムの高濃縮/黒鉛炉原子吸光光度定量
日本分析化学会第52年会(2003年9月23-25日, 宮城教育大学(仙台市))

○波多 宣子,笠原 一世,田口 茂 (1B07)
水相からの微小有機イオン会合体相の形成/抽出を利用する環境水中の微量成分の高濃縮定量
第34回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(2003年9月9-10日, 信州大学繊維学部(上田市))

○橋 貴正、笠原一世、波多宣子、田口 茂 (P45) (支 部長賞 優秀賞受賞!!)
コバルト錯陽イオンを対イオンとするフッ素系界面活性剤のイオン対抽出吸光光度定量
第22回分析化学中部夏期セミナー(2003年8月20-21日, ポートヒル芳泉(福井県三国町))

○中嶋忠弘、中野涼子、野畠美和、笠原一世、波多宣子、田口 茂 (P46) (支部長賞  最優秀賞受賞!!)
富山湾沿岸海域の水質汚濁(COD)をリンの溶存状態別分析から探る
第22回分析化学中部夏期セミナー(2003年8月20-21日, ポートヒル芳泉(福井県三国町))

*Noriko Hata, Issei Kasahara, and Shigeru Taguchi (1P-27)
Micro-Organic Ion-Associate Phase Extraction via in situ Fresh Phase Formation for Preconcentration and Determination of Trace Analytes in Environmental Waters.
The International Conference on Ion Exchange (ICIE'03) (2003/07/15-17, Kanazawa, Kanazawa Institute of Technology)

*Issei Kasahara, Aya Fujinawa, Noriko Hata, and Shigeru Taguchi (1P-30)
Simple and Rapid On-Site Analysis of Phosphate at the Concentration Level of Sub Microgram per Liter in Environmental Water after Preconcentration with Membrane Filter Collection and by Tristimulus Colorimetry
The International Conference on Ion Exchange (ICIE'03) (2003/07/15-17, Kanazawa, Kanazawa Institute of Technology)

○ERINI YUWATINI,波多 宣子,笠原 一世,田口 茂 (1P237)
神通川流域におけるフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの動態−家庭排水流入口から河口まで−
第12回環境化学討論会 (2003年6月25日(水)-27日(金)  朱鷺メッセ国際会議場(新潟市))

○前澤 秀明,塚越 加奈子,波多 宣子,笠原 一世,田口 茂,((財)環日本海環境協力セ)白山 肇 (2C59)
無酸素紫外線照射による有機塩素化合物の分解処理
第12回環境化学討論会 (2003年6月25日(水)-27日(金)  朱鷺メッセ国際会議場(新潟市))

○笠原一世・藤縄 文・波多宣子・田口 茂 (1E22)
膜捕集/色差測定法によるサブμg/L レベルのオルトリン酸イオンの高感度定量
第64回分析化学討論会 (2003年5月24日(土)-25日(日) 高知大学朝倉キャンパス)

 
 

[2002年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

Micro-phase sorbent extraction for trace analysis via in situ sorbent formation: Application to the spectrophotometric determination of nitrite in environmental waters
Noriko HATA, Misaki KAWASHIMA, Issei KASAHARA and Shigeru TAGUCHI
Analytical Sciences, 19(2), 239-243 (2003)

エリニ ユワティニ,波多宣子,笠原一世,田口 茂
家庭から排出されたフタル酸ジ-2-エチルへキシル(DEHP)の水環境における動態
Behavior of diethylhexyl phthalate discharged from domestic waste into aquatic environment
エコテクノロジー研究 (Journal of Ecotechnology Research), 8(2), 154-155 (2002)

前沢秀明,塚越加奈子,(NPEC)白山 肇,波多宣子,笠原一世,田口 茂
水中の有機塩素化合物の紫外線分解処理における除酸素効果
Photodegradation of chlorinated organic compounds in waste water under free of dissolved oxygen
エコテクノロジー研究 (Journal of Ecotechnology Research), 8(2), 198-199 (2002)

Micro-phase sorbent extraction for trace analysis via in situ sorbent formation: Application to the preconcentration and the spectrophotometric determination of trace ammonia.
Noriko Hata, Issei Kasahara, Shigeru Taguchi
Analytical Sciences, 18(6), 697-699 (2002)

【口頭・ポスター発表】

○田口 茂,前澤秀明,塚越加奈子,波多宣子,笠原一世,川上貴教,((財)環日本海環境協力セ)白山 肇
排水中の有機汚濁物質の無酸素紫外線分解処理  (P-化学処理-5)
第37回日本水環境学会年会 (2003年3月4日(火)-6日(木)  熊本県立大学)

○エリニ ユワティニ,波多宣子,笠原一世,田口 茂
家庭から排出されたフタル酸ジ-2-エチルへキシル(DEHP)の水環境における動態 (O-11)
Behavior of diethylhexyl phthalate discharged from domestic waste into aquatic environment
第9回エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム(2002年12月5-6日  富山国際会議場)

○前沢秀明,塚越加奈子,(NPEC)白山 肇,波多宣子,笠原一世,田口 茂 (P-21)
水中の有機塩素化合物の紫外線分解処理における除酸素効果 (ASET優秀研究賞受賞!!)
Photodegradation of chlorinated organic compounds in waste water under free of dissolved oxygen
第9回エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム(2002年12月5-6日  富山国際会議場)

(富山県環科セ)○中山将人,川岸利征,(富山大理)波多宣子,笠原一世,田口 茂
固相抽出を用いた新規ゴルフ場農薬の多成分同時分離/分析法 (C08)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○エリニ ユワティニ,波多宣子,笠原一世,田口 茂
フタル酸ジ-2-エチルヘキシルによる水環境(河川,底質,水草)汚染 (C09)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○塚越加奈子,前沢秀明,川上貴教,波多宣子,笠原一世,田口 茂,(NPEC)白山 肇
真空紫外線を用いる有機塩素化合物の無酸素光分解 (C10)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○鵜丹谷真保,高田明子,孫 恵峰,波多宣子,笠原一世,田口 茂
ヘアーリンスに含まれる陽イオン界面活性剤による水環境の汚染実態 (C11)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○馬場 豊,前川貴裕,波多宣子,笠原一世,田口 茂
食品容器から溶出するビスフェノールAなどのフェノール類の高感度簡易吸光光度定量法 (C12)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○島田平宏,桶作哲平,波多宣子,田口 茂,笠原一世
神通川流域における環境試料中のカドミウム濃度 (C13)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○中野涼子,野畠美和,波多宣子,田口 茂,笠原一世
富山湾の水質汚濁に関する研究 -湾内の溶存形態別リン濃度分布- (C14)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○藤縄 文,波多宣子,田口 茂,笠原一世
膜捕集/色差測定法によるオルトリン酸イオンの高感度定量 (C15)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○稗田志保,山田美華,笠原一世,田口 茂,波多宣子
一滴濃縮法を用いる河川水中のng/Lレベルのカドミウムの黒鉛炉原子吸光光度定量 (C16)
平成14年度日本化学会北陸地区研究発表会(2002年11月16日  富山大学)

○橋貴正,川上貴教,波多宣子,笠原一世,田口 茂
超臨界二酸化炭素による排水中の揮発性有機塩素化合物の除去法の検討
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2002年11月15-16日, 高山市民文化会館)

○笠原一世・野畠美和・中野涼子・波多宣子・田口 茂
富山湾海水中のリンの溶存状態別分析と季節変化(2I01)
日本分析化学会第51年会(2002年9月19-21日, 北海道大学)

波多宣子・笠原一世・田口 茂
一滴濃縮法を用いる高感度環境化学計測法の開発(2P46)
第6回分析化学東京シンポジウム(2002年9月5-6日, 幕張メッセ)

○中山将人,田口 茂
新規ゴルフ場農薬の多成分同時固相抽出分離/分析」 
第21回分析化学中部夏期セミナー (2002年9月1日 犬山市  犬山サンパーク)

○前沢秀明,中村智世,田口 茂
水中の有機塩素化合物の紫外線分解処理−溶存酸素の除去効果−
第21回分析化学中部夏期セミナー (2002年9月1日 犬山市  犬山サンパーク)

○中山将人,川岸利征,田口茂,笠原一世,波多宣子
新規ゴルフ場農薬の多成分同時固相抽出/定量法の開発(3B107)
第11回環境化学討論会(2002年6月3日-5日,箱根プリンスホテル国際会議場)

○田口 茂,孫恵峰,高田明子,波多宣子,笠原一世
陽イオン界面活性剤の市街河川における動態(2P216)
第11回環境化学討論会(2002年6月3日-5日,箱根プリンスホテル国際会議場)

○波多宣子,Erini Yuwatini,山田美華,笠原一世,田口 茂
微小イオン会合体相への収着抽出を利用する微量成分分析
-神通川におけるフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの動態調査への応用- (1P40)
日本分析化学会第63回分析化学討論会(2002年5月25-26日, 姫路工業大学)
 

 

[2001年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

研究紹介「微量重金属の分離・濃縮とアルゴンプラズマ発光分光分析装置を用いる水環境計測」
田口茂,笠原一世,波多宣子
富山大学機器分析センター年報 Vol. 2 (2001年版), 34-38

Membrane Filters as Solid-Phase Extraction Media for the Spectrophotometric Determination of Cationic Surfactants in River Water and Sediment
Sun Hui-Feng, Tetsuya Hase, Miwa Takamori, Noriko Hata, Issei Kasahara, Shigeru Taguchi
Analytical Sciences, 17(Supplement), i197-i200 (2001)

Minute Hydrophobic Ion-Associate Phases Gradually Formed From Aqueous Solution as Extraction Media for Preconcentration and Determination of Trace Analytes in Environmental Waters
Noriko Hata, Kaori Ando, Misaki Kawashima, Issei Kasahara, Shigeru Taguchi
Analytical Sciences, 17(Supplement), i1215-i1218 (2001)

On-Site Analysis of Trace Inorganic Components in Environmental Water After Preconcentration with Membrane Filter Collection and by Tristimulus Colorimetry and Spectrophotometry
Issei Kasahara, Hisami Kawashima, Takuma Ohshiro, Noriko Hata, Shigeru Taguchi
Analytical Sciences, 17(Supplement), i1233-i1235 (2001)

Application of Membrane Filters for Spectrophotometric Determination of Cationic Surfactants in River Water and Sediment
Sun Hui-Feng, Miwa Takamori, Noriko Hata, Issei Kasahara and Shigeru Taguchi
Journal of AOAC International, 84(6)(November), 1781-1785 (2001)

Extraction and Separation of Cationic Surfactants from River Sediments: Application to a Spectrophotometric Determination of Cationic Surfactant in an Aquatic Environment Using Membrane Filters
Hui-Feng Sun, Tetsuya Hase, Noriko Hata, Issei Kasahara, Shigeru Taguchi
Analytical Sciences, 17(11), 1291-1294 (2001)

X-ray fluorescence spectrometric determination of sulfur-containing anionic surfactants in water after their enrichment on a membrane filter as an ion-pair complex with a cationic surfactant
Shigeru Taguchi, Kenji Takahashi, Noriko Hata and Issei Kasahara
Analyst, 126, 2078-2081(2001)

進歩総説 簡易分析法 -水試料の分析を中心として-
笠原一世, 孫 恵峰
Issei Kasahara, Sun Hui-Feng
ぶんせき (Bunseki), 2001(11), 615-619.

紫外線照射光分解における溶存酸素除去の有効性−クリーニング事業所廃液中のテトラクロロエチレンの水処理技術−
The Improvement of Efficiency by Elimination of Dissolved Oxygen in Photodegradation with UV Irradiation : Treatment technology of Tetrachloroethylene in the Wastewater from Dry-cleaning Work
白山 肇, 藤平蔵芳光, 田口 茂
Hajime Shirayama, Yoshimitsu Tohezo and Shigeru Taguchi
水環境学会誌(Journal of Japan Society on Water Treatment), 24(8)(August), 513-519 (2001)

"Photodegradation of Chlorinated Hydrocarbons in the Presence and Absence of Dissolved Oxygen in Water"
Hajime Shirayama, Yoshimitsu Tohezo and Shigeru Taguchi
Water Research, 35(8)(June), 1941-1950 (2001)

【著書】

田口 茂 分担執筆 
「基礎教育 分析化学演習」奥谷忠雄・本水昌二編著 東京教学社(2001年10月5日初版発行)

【口頭・ポスター発表】

○田口 茂・中村智世・波多宣子・笠原一世・白山 肇
水中の有機塩素化合物の無酸素紫外線分解(2PC-107)
日本化学会第81春季年会(2002年3月26-29日, 早稲田大学)

○前川貴裕、田口 茂
食品容器から溶出するビスフェノールAの膜捕集/吸光光度定量
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2001年12月7-8日, 高山市民文化会館)

○高田明子、孫 恵峰、田口 茂
リンスや柔軟仕上剤による市街河川の汚染
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2001年12月7-8日, 高山市民文化会館)

○前澤秀明、波多宣子、田口 茂
ゲルクロマトグラムでみる環境水中の高分子有機物の分子量分布
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2001年12月7-8日, 高山市民文化会館)

○野畠美和、笠原一世
溶存形態別リン濃度からみた黒部川におけるダム連携排砂の水環境に与える影響
分析中部・ゆめ21 若手交流会(2001年12月7-8日, 高山市民文化会館)

○笠原一世・椎名孝行・桶作哲平・田口 茂
色彩色差計を用いる μg/L レベルの環境水中リンのオンサイト分析(2E10)
日本分析化学会第50年会(2001年11月24日, 熊本大学)

○中山将人,波多宣子,笠原一世,田口 茂
トリアゾール系殺菌剤の固相抽出挙動(C10)
平成13年度日本化学会北陸地区研究発表会(2001年11月10日  辰口町  石川ハイテク交流センター)

○前川貴裕,波多宣子,笠原一世,田口 茂
食品容器から溶出するビスフェノールAなどのフェノール類の簡易分析法の開発(C11)
平成13年度日本化学会北陸地区研究発表会(2001年11月10日  辰口町  石川ハイテク交流センター)

○エリニ ユワティニ,波多宣子,笠原一世,田口 茂
水環境におけるフタル酸エステル類の動態調査について(C12)
平成13年度日本化学会北陸地区研究発表会(2001年11月10日  辰口町  石川ハイテク交流センター)

○Erini Yuwatini, 山田美華,波多宣子,笠原一世,田口茂
マイクロ相への収着抽出による微量成分分析-水環境におけるフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの動態調査への応用-
第20回分析化学中部夏期セミナー (2001年8月22日 大垣市  大垣フォーラムホテル)

Noriko Hata*, Kaori Ando, Misaki Kawashima, Issei Kasahara, Shigeru Taguchi
Minute Hydrophobic Ion-Associate Phases Gradually Formed From Aqueous Solution as Extraction Media for Preconcentration and Determination of Trace Analytes in Environmental Waters (P2070)
International Congress on Analytical Sciences (ICAS 2001) (2001/08/08, Tokyo, Waseda University).

Issei Kasahara, Hisami Kawashima, Takuma Ohshiro, Noriko Hata, Shigeru Taguchi
On-Site Analysis of Trace Inorganic Components in Environmental Water After Preconcentration with Membrane Filter Collection and by Tristimulus Colorimetry and Spectrophotometry(P2081) (Best Poster Prize!!)
International Congress on Analytical Sciences (ICAS 2001) (2001/08/08, Tokyo, Waseda University).

Sun Hui-Feng*, Tetsuya Hase, Miwa Takamori, Noriko Hata, Issei Kasahara, Shigeru Taguchi
Membrane Filters as Solid-Phase Extraction Media for the Spectrophotometric Determination of Cationic Surfactants in River Water and Sediment (4G05)
International Congress on Analytical Sciences (ICAS 2001) (2001/08/10, Tokyo, Waseda University).

○波多宣子・安藤香理・笠原一世・田口 茂
微小イオン会合体相への高濃縮を利用する微量成分の分析―環境水中のフタル酸エステル類の HPLC 定量 (1A03*)
第62回分析化学討論会 (2001年6月1日 松本市  信州大学)

田口 茂・○孫 惠峰・長谷哲也・高森美和・波多宣子・笠原一世
底質中の陽イオン界面活性剤の抽出・分離/定量法の開発とその応用 (1A04*)
第62回分析化学討論会 (2001年6月1日 松本市  信州大学)

 
 

[2000年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

紫外線単独照射による有機塩素化合物の無酸素光分解
Oxygen free photodegradation of chlorinated hydrocarbons by UV only irradiation
白山 肇, 田口 茂
Hajime Shirayama, Shigeru Taguchi
水処理技術 (Water Purification and Liquid Waters Treatment), 42(3), 113-121(2001)

ミニファイル 分離 固相抽出
田口 茂
Shigeru Taguchi
ぶんせき (Bunseki), 2001(3), 134-135.

膜捕集を利用する高感度簡易分析法の設計
"Design of simple and sensitive methods for trace analysis by means of concentration with a membrane filter"
田口 茂,  孫 恵峰,  波多宣子,  笠原一世
Shigeru Taguchi, Sun Hui-Feng, Noriko Hata, Issei Kasahara
分析化学 (Bunseki Kagaku), 49(12), 941-952 (2000).

インドネシアの工業地帯沿岸海水の重金属による汚染:ミドリイガイを生物指標とする調査
"Heavy Metal Pollution level in Sea around Major Industrial Areas in Indonesia: Investigation with Green Mussel as a Bioindicator"
Erini Yuwatini
エコテクノロジー研究 (Journal of Ecotechnology Research), 6(2), 68-72 (2000)

"Interpretation by the Solvophobic Theory on the Linear Additive Representation of the Logarithm of Ion-Pair Extraction Constant with individual Contributions of Cation, Anion, and Organic Solvent"
Kanji Miyabe, Shigeru Taguchi, Issei Kasahara, and Katsumi Goto
The Journal of Physical Chemistry B, 104(35), 8481-8490 (2000)

【口頭・ポスター発表】

○笠原一世・川島寿美・大城拓馬・田口 茂 (2A205)
メンブランフィルター捕集と色彩色差計を用いる水中の微量無機成分の迅速定量
日本化学会第79春季年会(2001年3月29日 神戸市 甲南大学岡本キャンパス)

○Erini Yuwatini
インドネシアの工業地帯沿岸海水の重金属による汚染:ミドリイガイを生物指標とする調査 (S-06)
第7回エコテクノロジーに関するアジア国際シンポジウム(2000年12月5-6日 富山市 富山国際会議場「大手町フォーラム」)

○波多宣子
市販のドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウムのHPLC (2P12)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○孫恵峰、高森美和、田口茂
二種類の膜を用いる環境水と底質中の陽イオン界面活性剤の分離・濃縮/吸光光度定量 (2P13)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○芝原滋啓、笠原一世
河川水中のポリオキシエチレン型非イオン界面活性剤のイオン対抽出/吸光光度定量 (2P14)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○前川貴裕、田口茂
身近な日用品から溶出するビスフェノールAなどのフェノール類の簡易測定法 (2P15)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○Erini Yuwatini、田口茂
Green Mussel as a Bioindicator to Approach the Heavy Metal Pollution Level in Sea around Major Industrial Areas in Indonesia (2P16)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○安藤香理、波多宣子
微小イオン会合体相形成を利用するフタル酸エステル類の濃縮/HPLC定量 (2P17)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○井上詞津子、○八田真理子、中尾みゆき、新倉康大、笠原一世
重金属とリン濃度からみた富山湾沿岸海域における水質汚濁 (2P18)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○藤原隆司、川原靖恵、田口茂
湖沼水中のフミン物質及びアルミニウムの膜捕集定量法の開発と季節変動の調査への応用 (2P19)
「分析中部・ゆめ21」若手交流会’00,第6回分析化学フォーラムin北陸(2000年10月21日 富山県 大山研修センター)

○大西美奈・石坂丞二(長崎大・水産)・笠原一世(富山大・理)
富山湾及びその周辺の渦構造と衛星クロロフィルa濃度(250)
2000年度日本海洋学会秋季大会 (2000年9月29日 福岡市 福岡ソフトリサーチパーク)

○笠原一世
固相表面に修飾したキレート試薬との錯形成を利用する環境水中の微量重金属の前濃縮/定量法の現状と課題 (1B07, 依頼講演)
第31回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2000年9月29日 豊田市 愛知工業大学)

○田口 茂・川原靖恵・藤原隆司・波多宣子・笠原一世
環境水中のアルミニウムのイオン対膜捕集挙動 (2D04)
日本分析化学会第49 年会 (2000年9月27日 岡山大学)

○笠原一世・新倉康大・八田真理子・波多宣子・田口 茂
メンブランフィルターによるろ過分離と濃縮/吸光光度定量法を利用する環境水中リンの溶存状態別分析(2D06)
日本分析化学会第49 年会 (2000年9月27日 岡山大学)

○白山肇、田口茂
無酸素状態における水中の有機塩素化合物の紫外線照射分解 (1B03)
環境科学会2000年会 (2000年9月19日 浦安市 明海大学)

○笠原一世、新倉康大、中尾みゆき、田口茂、白山肇(富山県環科セ)
富山湾における水質汚濁に関する研究−沿岸海水中の形態別リン及び微量重金属濃度−
第9回環境化学討論会 (2000年6月22日 札幌市 北海道大学)

田口 茂・○前川貴裕・波多宣子・笠原一世
膜捕集を用いるフェノール類の高感度簡易分析法の開発と食品容器からの溶出試験への応用 (1A04*)
第61回分析化学討論会 (2000年5月17日 長岡市  ハイブ長岡及び長岡リリックホール)

○波多宣子・川島美咲・笠原一世・田口 茂
均一溶液から生成する微小体積相への濃縮を利用する環境水中の微量成分の高感度計測   (1A05*)
第61回分析化学討論会 (2000年5月17日 長岡市  ハイブ長岡及び長岡リリックホール)

○田口 茂
膜濃縮を利用する高感度簡易分析法の設計  (特別講演)
第61回分析化学討論会 (2000年5月17日 長岡市  ハイブ長岡及び長岡リリックホール)

笠原一世・○芝原滋啓・波多宣子・田口 茂
エチルエオシンを対イオンとするポリオキシエチレン型非イオン界面活性剤のイオン対抽出/吸光光度定量 (1C19)
第61回分析化学討論会 (2000年5月17日 長岡市  ハイブ長岡及び長岡リリックホール)

○孫 惠峰・高森美和・石田好美・波多宣子・笠原一世・田口 茂
二種類の膜を用いる水環境における陽イオン界面活性剤の濃縮/吸光光度法の開発と動態調査への応用 (2F05*)
第61回分析化学討論会 (2000年5月18日 長岡市  ハイブ長岡及び長岡リリックホール)

○宮部寛志(富山大教育)・田口 茂・笠原一世
イオン対抽出定数の陽・陰イオン及び抽出溶媒の寄与への分割に関するソルボフォビック理論に基づく解析(2F07*)
第61回分析化学討論会 (2000年5月18日 長岡市  ハイブ長岡及び長岡リリックホール)
 
 

[1999年度 環境化学計測 I 講座 業績]

【論文】

"Electrothermal Atomic Absorption Spectrophotometric Determination of Copper-Reactive Pesticides in Water after Preconcentration with a Solvent-Soluble Membrane Filter"
Shigeru Taguchi, Atsushi Kakinuma and Issei Kasahara
Analytical Sciences, 1999, 15, 1149-1152

"A transparent membrane filter for the solid-phase spectrophotometric determination of trace cationic surfactant in water"
Shigeru Taguchi, Kazuko Morisaku, Yumiko Sengoku and Issei Kasahara
Analyst, 1999, 124, 1489-1492

"Membrane solubilization with tetramethylammonium hydroxide for the preconcentration and electrothermal atomic absorption spectrometric determination of trace amounts of arsenic in water"
Noriko Hata, Hiromi Yamada, Issei Kasahara and Shigeru Taguchi
Analyst, 1999, 124, 23-26

【口頭・ポスター発表】

○ 笠原一世、成田 幸、波多宣子、田口 茂:
色彩色差計を用いる水中の微量成分の現場分析システムの開発
日本分析化学会 第60回分析化学討論会(1999年5月15日 弘前大学)

○孫 惠峰、石田好美、笠原一世、田口 茂:
イオン対膜捕集による環境水中の陽イオン界面活性剤の前濃縮/吸光光度定量
日本分析化学会 第60回分析化学討論会(1999年5月16日 弘前大学)

○ 波多宣子、笠原一世、田口 茂:
チモールと陽イオン界面活性剤のイオン会合体の相分離を利用するアンモニウムの濃縮・吸光光度定量
日本分析化学会第48年会(1999年9月9日 甲南大学)
 
○ 芝原滋啓、笠原一世、波多宣子、田口 茂:
市街河川水中の非イオン界面活性剤及びポリオキシエチレン型非イオン界面活性剤のイオン対抽出/吸光光度定量
日本分析化学会第48年会(1999年9月10日 甲南大学)

○波多宣子、川島美咲:
イオン会合体相への一滴濃縮を利用する水中の生活環境汚染物質の定量
日本化学会近畿支部 北陸地区講演会と研究発表会  (1999年11月20日 富山大学工学部)

○ 白山 肇、藤平蔵芳光、榊原真哉、田口 茂:
テトラクロロエチレンの光分解?紫外線を利用した排水処理への新しい応用
日本化学会近畿支部 北陸地区講演会と研究発表会  (1999年11月20日 富山大学工学部)

○ 孫 惠峰、高森美和、田口 茂:
水環境における陽イオン界面活性剤の状態別分析
日本化学会近畿支部 北陸地区講演会と研究発表会  (1999年11月20日 富山大学工学部)

○ 高橋憲司、川原靖恵、田口 茂:
イオン対膜抽出を利用する環境水中の陰イオン界面活性剤及びアルミニウムの定量
日本化学会近畿支部 北陸地区講演会と研究発表会  (1999年11月20日 富山大学工学部)

○芝原滋啓、笠原一世:
界面活性剤を指標とする富山市街河川の汚染調査
日本化学会近畿支部 北陸地区講演会と研究発表会  (1999年11月20日 富山大学工学部)


環境計測化学第1講座のホームページ
生物圏のホームページ
富山大学のホームページ