理学部の校舎は平成17年度末に全面改修が終了し、素晴らしい校舎に生まれ変わりました(上写真。奥に総合研 究棟、立山連峰を望む)。各講義室には空調 設備ならびにAV機器が装備され、DVDやビデオなどを用いた視聴覚教育が出来るようになっています。また、講 義の合間の休憩や学生同士の会合などのために、リフレッシュルームやミーティングルームが各階に配置され ています(左下:講義室の一例 右下:リフレッシュルーム)。
教育研究設備の充実のために、理学部校舎のすぐ隣に総合研究棟が新築され、地球科学科は4Fフロアの全スペ ースを実験室として使用しています。低温実験室、磁気シールドルーム、クリーンルーム、海底情報処理室、地 球観測情報処理室などがあります。学生は卒業研究や修士研究、専門科目の実験や実習などで、これらの最新設 備を使用しています。この他、大学共同利用施設として、付属図書館や総合情報基盤センターなどがあり、授業 の予習復習、文献の検索、実験レポートの作成、インターネットなどの目的で、これらの施設を利用できるよう になっています(左から、低温実験室、クリエーションルーム、総合研究棟。研究・実験設備についてさらに 詳しく知りたい人はこちらもご覧ください)。

◎入学料・授業料免除および各種奨学制度
経済的理由などで就学が難しい成績優秀な学生に対して、入学料・授業料免除があるほか、日本学生支援機構、 地方公共団体等の奨学制度があります。

◎理学部後援会・同窓会からの教育支援
野外実習のための旅費や実験・実習に係る物品などの経費に対して、後援会からの財政援助や同窓会からの寄付 があります。安心して野外実習などに参加することが出来ます。

◎就職の支援
平成18年度から、学生就職活動支援のための「キャリア・サポート・センター」(仮称)が設置されます。求人 情報の提供や各種就職ガイダンスの実施、学生に対する個別相談にも対応します。また、地球科学科においても、 学科スタッフが各種企業へ学生を推薦するなど、就職活動のサポートをしています。