皆さんは「地球科学」と聞いて、どんな分野をイメージするでしょうか?地層、プレ ート・テクトニクス、天気図、あるいは「地学」という科目名かもしれません。「地球科学」(最近は範囲を広げて 「地球惑星科学」と言うことも多くなってきました)は、もはや単なる暗記科目ではありません。近年の地球惑 星科学の目覚ましい発展は、大気・海洋・生物圏の地球表層環境だけでなく、固体地球の内部までもがダイナミックに活 動し、さらにそれらが一つのシステムとして相互に作用し合う“変動する地球”の姿を明らかにしつつあるのです。
この図に示しているのは、富山大学・理学部・地球科学科で研究・教育の対象としているお もな領域です。ご覧のように、地球中心核(コア)から大気圏の活動まで、地球という惑星を丸ごと理解するために必 要な領域を幅広くカバーしています。これは、私たちの学科の大きな特徴の一つです。