English中文簡体字한국어
地域連携

HOME>地域連携>出前講義>物理学メニュー

出前講義

物理学メニュー

■ 栗本 猛

所属 物理学科
教授
専門 理論物理学(素粒子論)
素粒子の世界を探る
講義概要 原子・分子よりもミクロな世界の物理について、素粒子物理学の発展の歴史をふりかえりつつ、最近の発展や実験の状況までやさしく解説する。
対象 高校生
謎の粒子ニュートリノの秘密
講義概要 神岡での実験で小柴博士がノーベル物理学賞をとったニュートリノの物理につき、その歴史から最近の発展までを解説する。
対象 高校生
複素数の世界
講義概要 電子やクォークなどの素粒子には、質量と寿命が同じだが電荷などの性質が逆の反粒子が存在することが知られている。宇宙のはじまりでは粒子と反粒子は同じ数だけ存在したはずだが、現在の観測では反粒子からなる反物質でできた星や銀河は見つかっていない。ここでは、反粒子の性質やなぜ反物質が無くなったかについて解説する。
対象 高校生

■ 小林 かおり

所属 物理学科
教授
専門 分子分光学
光で宇宙を見る
講義概要 光(電磁波)の中のマイクロ波を利用して星間空間にある分子からの情報を得ることができます。実験室での分子のマイクロ波分光や電波天文学による観測についてお話しします。
対象 高校生

■ 田山 孝

所属 物理学科
准教授
専門 磁気低温物理学
身の周りの磁性
講義概要 磁性は物質がもつ性質の一つで、すべての物質はその磁性によって他の物質を引き寄せたり、引き離したりする力を及ぼします。そして磁性は、私たちの生活で非常に広く利用されています。講義では、磁性はどうして現れるのか、また私たちの生活でどのように利用されているのかについて説明します。
対象 高校生

■ 山元 一広

所属 物理学科
准教授
専門 レーザー物理学
重力波とはなにか、そして宇宙をさぐる
講義概要 2016年2月アメリカのLIGOがアインシュタインが100年前に予言した重力波をついに初めて検出したというニュースが世界を駆け巡りました。重力波とはなにか、重力波を捉えるとなにがわかるのかということを説明すると同時に富山県との境に近い岐阜県飛騨市神岡町で進んでいる重力波検出器KAGRAの建設と開発の現状を紹介します。
対象 高校生

■ 畑田 圭介

所属 物理学科
准教授
専門 シンクロトロン放射光分光理論
シンクロトロン放射光で物質の原子レベルの世界を見る
講義概要

最先端のシンクロトロン放射光を用いた科学研究についてお話しします。
最前線のX線自由電子レーザーによるフェムト秒オーダーの研究についても紹介します。
16年の欧州研究の経験に基づいた、海外研究生活についても紹介します。

対象 高校生

■ 柿崎 充

所属 物理学科
准教授
専門 理論物理学(素粒子論、宇宙論)
素粒子で探る宇宙の謎
講義概要 宇宙観測からビッグバン宇宙論が確立し、宇宙の始まりは超高温・超高密度だったことがわかっている。宇宙誕生直後の初期宇宙は、物質が形作られず、最小構成要素の素粒子が飛び交う時代だった。宇宙創成の謎に迫るには、素粒子が従う物理法則を明らかにしなければならない。本講義では、素粒子物理学と宇宙論の最先端の研究成果を易しく紹介する。
対象 高校生