Maekawa Lab
Contents
1) Research Topics
2) Publications
3) Lectures
4) Grants & Awards
5) Members
6) Links
Lectures

(219) 鈴木翔吾,矢口甫,金崎直人,林良信,重信秀治,前川清人(2019年3月26-27日)シロアリにおけるリポカリン遺伝子の重複と機能分化.第63回日本応用動物昆虫学会(筑波大学).

(218) 鈴木隆太郎,矢口甫,松下誠,縫部京吾,前川清人(2019年3月26-27日)シロアリの兵隊分化過程におけるHippo signaling遺伝子の機能解析.第63回日本応用動物昆虫学会(筑波大学).

(217) 増岡裕大,前川清人(2019年3月26日)シロアリの兵隊分化制御因子HR39の上流経路と標的遺伝子の探索.第63回日本応用動物昆虫学会(筑波大学).

(216) 宮崎智史,下地博之,池主格,鈴木諒平,前川清人(2019年3月26日)トゲオオハリアリの労働タスク決定に伴うvitellogenin及びforagingの発現変化.第63回日本応用動物昆虫学会(筑波大学).

(215) 甲斐啓馬,宮崎智史,林良信,前川清人(2018年12月9日)シロアリ類で見られる性決定遺伝子の進化.平成30年度日本動物学会中部支部大会(名古屋大学).

(214) 縫部京吾,増岡裕大,前川清人(2018年9月14日)ネバダオオシロアリの一次生殖虫と兵隊が初期巣でのカースト分化に与える影響.第89回日本動物学会(札幌コンベンションセンター).[開催中止,発表認定,2P142]

(213) 鈴木翔吾,矢口甫,金崎直人,林良信,重信秀治,前川清人(2018年9月13日)ヤマトシロアリにおけるカースト特異的に発現するリポカリン遺伝子の機能解析.第89回日本動物学会(札幌コンベンションセンター).[開催中止,発表認定,1P155]

(212) 甲斐啓馬,宮崎智史,林良信,前川清人(2018年9月13日)ヤマトシロアリにおける性決定遺伝子doublesexの機能と進化.第89回日本動物学会(札幌コンベンションセンター).[開催中止,発表認定,1P156]

(211) 前川清人(2018年9月10日)シロアリの親子関係とカースト分化の調節機構.第78回日本昆虫学会(名城大学).

(210) 北條優,重信秀治,前川清人,三浦徹,徳田岳(2018年9月9日)ゲラニルゲラニル二リン酸合成酵素遺伝子がシロアリ兵隊の防衛戦略を進化させた.第78回日本昆虫学会(名城大学).

(209) Masuoka Y & Maekawa K (7 Aug, 2018) A role of JH-Met signaling activity during soldier differentiation in the termite Zootermopsis nevadensis. The 18th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Guaruja, Sao Paulo, Brazil).

(208) Maekawa K & Masuoka Y (7 Aug, 2018) Evolution of sterile caste in termites: missing link between the functions of JH and ecdysone. The 18th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Guaruja, Sao Paulo, Brazil).

(207) Suzuki Ryo, Hojo MK & Maekawa K (6 Aug, 2018) Identification and expression patterns of odorant binding proteins in the termite Reticulitermes speratus. The 18th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Guaruja, Sao Paulo, Brazil).

(206) Suzuki Ryu, Yaguchi H, Shigenobu S & Maekawa K (6 Aug, 2018) Expression and function analysis of epigenetics-related genes during soldier differentiation in Zootermopsis nevadensis. The 18th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Guaruja, Sao Paulo, Brazil).

(205) Yaguchi H, Suzuki Ryu, Matsunami M, Shigenobu S & Maekawa K (6 Aug, 2018) Transcriptomic signatures during soldier differentiation through the regulation of social interactions in termites. The 18th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Guaruja, Sao Paulo, Brazil).

(204) Matsunami M, Nozawa M, Masuoka Y, Suzuki R, Toga K, Yamaguchi K, Maekawa K, Shigenobu S & Miura T (8-12 July, 2018) Caste-specific microRNA expression in termites: insights into social evolution. Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution (Pacifico Yokohama, Kanagawa).

(203) 増岡裕大,前川清人(2018年3月26-27日)シロアリの兵隊分化において脱皮と形態改変を両立させる機構の探索.第62回日本応用動物昆虫学会(鹿児島大学).

(202) 宮崎智史,下地博之,池主格,鈴木諒平,前川清人(2018年3月15日)トゲオオハリアリにおけるワーカー間の分業の分子基盤.第65回日本生態学会(札幌コンベンションセンター).

(201) 鈴木諒平,北條賢,前川清人(2017年12月9日)ヤマトシロアリの匂い結合タンパク質遺伝子の同定と触角における発現解析.平成29年度日本動物学会中部支部大会(岐阜大学).

(200) 鈴木翔吾,矢口甫,金崎直人,林良信,重信秀治,前川清人(2017年12月9日)ヤマトシロアリにおけるリポカリン遺伝子の探索とカースト間の発現解析.平成29年度日本動物学会中部支部大会(岐阜大学).

(199) 縫部京吾,早瀬直人,増岡裕大,前川清人(2017年12月9日)ネバダオオシロアリの兵隊型生殖虫の分化はカースト間の物理的な接触により調節される.平成29年度日本動物学会中部支部大会(岐阜大学).

(198) 前川明滉,増岡裕大,前川清人(2017年12月9日)ネバダオオシロアリの職蟻への幼若ホルモン処理で兵隊に分化しない個体のしくみ.平成29年度日本動物学会中部支部大会(岐阜大学).

(197) 嶋田敬介,前川清人(2017年9月23日)金沢市に生息する外来種スジアカクマゼミはどこから来たのか?−分子系統学および集団遺伝学的解析による起源の推定−.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(196) 縫部京吾,早瀬直人,増岡裕大,前川清人(2017年9月23日)ネバダオオシロアリの兵隊型生殖虫の分化に影響する環境要因の解析.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(195) 鈴木諒平,北條賢,前川清人(2017年9月23日)ヤマトシロアリにおける匂い結合タンパク質遺伝子の同定と発現解析.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(194) 鈴木翔吾,矢口甫,金崎直人,林良信,重信秀治,前川清人(2017年9月21日)ヤマトシロアリにおけるリポカリン遺伝子の発現解析.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(193) 甲斐啓馬,宮崎智史,増岡裕大,鈴木隆太郎,前川清人(2017年9月21日)シロアリにおける性決定遺伝子doublesexの探索および発現解析.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(192) 矢口甫,鈴木隆太郎,松波雅俊,重信秀治,前川清人(2017年9月21日)ネバダオオシロアリの兵隊分化過程における遺伝子発現プロファイリング.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(191) 重信秀治,林良信,三浦徹,前川清人,徳田岳,北條優,矢口甫,宮崎智史,松波雅俊,豊田敦(2017年9月21日)シロアリにおける社会性進化のゲノム基盤の解明.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(190) 増岡裕大,前川清人(2017年9月21日)シロアリの兵隊分化にかかわる幼若ホルモン応答遺伝子の探索.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(189) 金崎直人,矢口甫,増岡裕大,鈴木隆太郎,鈴木諒平,前川清人(2017年9月21日)シロアリにおけるビテロジェニンの遺伝子重複と機能の分化.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(188) 鈴木隆太郎,矢口甫,重信秀治,前川清人(2017年9月21日)ネバダオオシロアリの兵隊分化におけるDNAメチル化およびヒストン修飾関連遺伝子の発現解析.第88回日本動物学会(富山県民会館).

(187) 増岡裕大,前川清人(2017年8月24日)シロアリとキゴキブリにおけるホルモンシグナル経路の比較解析.第19回日本進化学会(京都大学).

(186) 宮崎智史,前川清人(2017年3月16日)寒冷適応したカドフシアリの無翅女王におけるheat shock protein遺伝子の低温応答.第64回日本生態学会(早稲田大学).

(185) Kanasaki N, Yaguchi H, Masuoka Y, Suzuki Ryu, Suzuki Ryo & Maekawa K (17-18 Nov, 2016) Expression and localization analysis of Vitellogenin genes in the termite Reticulitermes speratus. The 22nd International Congress of Zoology (Okinawa Convention Center, Okinawa).

(184) Suzuki Ryu, Miyazaki S, Hayashi Y, Shigenobu S & Maekawa K (17-18 Nov, 2016) Effects of DNA methylation during caste differentiation in the termite Reticulitermes speratus. The 22nd International Congress of Zoology (Okinawa Convention Center, Okinawa).

(183) 前川清人,矢口甫,増岡裕大(2016年11月17日)社会性昆虫におけるカースト分化の分子基盤:シロアリの兵隊の作り方.第87回日本動物学会(沖縄コンベンションセンター).

(182) Maekawa K, Yaguchi H & Masuoka Y (30 Sep, 2016) Gene expression and transcriptome analyses reveal the proximate mechanism underlying caste differentiation of lower termites. The 25th International Congress of Entomology (Orlando, Florida, USA).

(181) Masuoka Y, Yaguchi H, Toga K, Shigenobu S, Nalepa C & Maekawa K (26 Sep, 2016) Transcriptome and functional analysis of JH dependent genes in termites and woodroaches. The 25th International Congress of Entomology (Orlando, Florida, USA).

(180) Yaguchi H, Shigenobu S, Sasaki K & Maekawa K (26 Sep, 2016) Soldier caste determination through regulation of social communications in termites. The 25th International Congress of Entomology (Orlando, Florida, USA).

(179) 金崎直人,矢口甫,増岡裕大,鈴木隆太郎,鈴木諒平,前川清人(2016年9月11日)ヤマトシロアリの各カーストにおけるビテロジェニン遺伝子の発現比較.平成28年度日本動物学会中部支部大会(静岡大学).

(178) 鈴木隆太郎, 前川清人(2016年9月11日)ヤマトシロアリの兵隊分化におけるDNA脱メチル化酵素遺伝子の機能解析.平成28年度日本動物学会中部支部大会(静岡大学).

(177) Suzuki Ryo, Hojo MK & Maekawa K (2 Sep, 2016) Gene expression patterns of odorant binding proteins among different castes in the termite Reticulitermes speratus. 第38回日本比較生理生化学会(玉川大学).

(176) Yaguchi H, Suzuki Ryo, Shigenobu S, Sasaki K & Maekawa K (2 Sep, 2016) Molecular mechanisms underlying soldier differentiation through the regulation of trophallaxis in an incipient colony of the damp-wood termite Zootermopsis nevadensis. 第38回日本比較生理生化学会(玉川大学).

(175) 増岡裕大,矢口甫,重信秀治,前川清人(2016年8月25日)NGS解析で得られたシロアリの兵隊特異的に発現する遺伝子の機能解析.第18回日本進化学会(東京工業大学).

(174) 北條優,重信秀治,前川清人,三浦徹,徳田岳(2016年8月25日)シロアリの特殊な防衛物質「ジテルペン」の合成経路の進化.第18回日本進化学会(東京工業大学).

(173) Masuoka Y, Yaguchi H, Toga K, Shigenobu S & Maekawa K(2016年3月29日)Comparative transcriptome analysis of JH response genes between termites and woodroachs. 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会(大阪大学).

(172) 金崎直人,矢口甫,増岡裕大,河村聡一郎,鈴木諒平,前川清人(2016年3月28日)ヤマトシロアリにおけるVitellogeninの発現解析.日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会(大阪大学).

(171) 栂浩平,増岡裕大,矢口甫,水口智江可,重信秀治,前川清人(2016年3月27日)タカサゴシロアリの兵隊分化過程におけるRNAシーケンス解析.日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会(大阪大学).

(170) 瀧沢美翔,吉武和敏,重信秀治,前川清人,藤原亜希子,土'田努(2015年11月28日)タバココナジラミの菌細胞特異的に高発現するペルオキシダーゼ様遺伝子の解析.平成27年度日本動物学会中部支部大会(三重大学).t

(169) 波多野翼,前川清人(2015年11月28日)ヤマトシロアリにおけるTALENを用いた遺伝子の機能破壊の試み.平成27年度日本動物学会中部支部大会(三重大学).

(168) 河村聡一郎,矢口甫,前川清人(2015年11月28日)ネバダオオシロアリの兵隊の生殖腺発達における幼若ホルモンの影響.平成27年度日本動物学会中部支部大会(三重大学).

(167) 矢口甫,重信秀治,前川清人(2015年9月19日)シロアリのソシオゲノミクス:兵隊分化を決定する遺伝子の同定と機能解析.第86回日本動物学会(朱鷺メッセ).

(166) 前川清人,栂浩平,半本秀太朗,及川優介(2015年9月19日)シロアリで見られる性特異的な兵隊分化の至近機構.第86回日本動物学会(朱鷺メッセ).

(165) 鈴木隆太郎,前川清人(2015年9月19日)ヤマトシロアリのカースト分化におけるDNAメチル化の影響.第86回日本動物学会(朱鷺メッセ).

(164) 鈴木諒平,齋木亮太,前川清人(2015年9月19日)ヤマトシロアリの幼形生殖虫の分化過程で特異的に発現する遺伝子の機能解析.第86回日本動物学会(朱鷺メッセ).

(163) 瀧沢美翔,若林もなみ,吉武和敏,重信秀治,前川清人,藤原亜希子,土'田努(2015年8月20-23日)タバココナジラミと細菌の共生を可能にする宿主の分子機構の探索.第17回日本進化学会(中央大学).

(162) 倉田歩,藤原亜希子,前川清人,土'田努(2015年3月27-28日)タバココナジラミにおける菌細胞のユニークな次世代伝達機構.第59回日本応用動物昆虫学会(山形大学).

(161) 鈴木隆太郎,前川清人(2015年3月27-28日)ヤマトシロアリにおけるDNAメチル基転移酵素の発現パターン.第59回日本応用動物昆虫学会(山形大学).

(160) 増岡裕大,前川清人(2015年3月27-28日)ネバダオオシロアリの兵隊分化におけるホルモン受容体遺伝子の機能解析.第59回日本応用動物昆虫学会(山形大学).

(159) 栂浩平,新美輝幸,柳沼利信,前川清人(2015年3月27-28日)シロアリ兵隊の頭部形成におけるホルモン受容体および形態形成遺伝子の機能解析.第59回日本応用動物昆虫学会(山形大学).

(158) 河村聡一郎,齊木亮太,矢口甫,前川清人(2015年3月28日)ネバダオオシロアリの兵隊における生殖腺発達の調節機構.第59回日本応用動物昆虫学会(山形大学).

(157) Maekawa K, Saiki R, Hayashi Y, Watanabe D, Shigenobu S & Miura T (20-21 Jan, 2015) Genome sequences and transcriptomes reveal insights into proximate mechanisms during caste differentiation of termites. International Symposium on Genome Science 2015 "Expanding Frontiers of Genome Science II" (Hitotsubashi Hall, Tokyo).

(156) 東北考史,矢口甫,CA Nalepa,前川清人(2014年11月23日)SSR解析により示されたキゴキブリCryptocercus punctulatusのつがい外交尾の可能性.平成26年度日本動物学会中部支部大会(のと勤労者プラザ).

(155) 前川清人,斉木亮太,矢口甫,増岡裕大(2014年11月23日)シロアリにおけるカースト分化の分子基盤:重要遺伝子の発現と機能.平成26年度日本動物学会中部支部大会(のと勤労者プラザ).

(154) 井上享也,矢口甫,佐々木謙,前川清人(2014年11月23日)ドーパミンはネバダオオシロアリの職蟻の行動を制御することで兵隊分化に影響を及ぼす.平成26年度日本動物学会中部支部大会(のと勤労者プラザ).

(153) 倉田歩,藤原亜希子,前川清人,土'田努(2014年11月23日)タバココナジラミ菌細胞は、体細胞とは異なるゲノム組成をもつ!? 平成26年度日本動物学会中部支部大会(のと勤労者プラザ).

(152) 嶋田敬介,富沢章,前川清人(2014年9月13-16日)金沢市に定着したスジアカクマゼミの地理的起源に関する分子系統学的解析.第74回日本昆虫学会(広島大学).

(151) 井上享也,矢口甫,佐々木謙,前川清人(2014年9月11-13日)ネバダオオシロアリの兵隊分化における生体アミンの機能解析.第85回日本動物学会(東北大学).

(150) 倉田歩,藤原亜希子,前川清人,土'田努(2014年8月21-24日)タバココナジラミ菌細胞の奇妙な遺伝様式.第16回日本進化学会(高槻現代劇場,大阪).

(149) Maekawa K, Hanmoto S, Watanabe D, Toga K & Miura T (17 July, 2014) Role of JH in the sex-biased termite soldier differentiation. The 17th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Cairns Convention Centre, Cairns, Australia).

(148) Watanabe D, Matsunami M, Hayashi Y, Yaguchi H, Shigenobu S, Miura T & Maekawa K (17 July, 2014) Transcriptomics on social interactions in termites: Effects of soldier presence. The 17th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Cairns Convention Centre, Cairns, Australia).

(147) Masuoka Y & Maekawa K (15 July, 2014) Molecular mechanisms of caste-specific cuticular tanning in termites. The 17th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Cairns Convention Centre, Cairns, Australia).

(146) Yaguchi H, Shigenobu S & Maekawa K (15 July, 2014) Sociogenomic studies on soldier differentiation in damp-wood termites. The 17th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Cairns Convention Centre, Cairns, Australia).

(145) Saiki R & Maekawa K (15 July, 2014) Developments of termite neotenics regulated by high Juvenile hormone titers. The 17th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Cairns Convention Centre, Cairns, Australia).

(144) Kawamura S, Saiki R, Yaguchi H, Hashimoto Y & Maekawa K (9-13 June, 2014) Gonad developments of reproductive soldier-like individuals induced by JH analog treatment in Zootermopsis nevadensis. The 10th International Conference on Juvenile Hormones (Tsukuba, Japan).

(143) Suzuki R & Maekawa K (9-13 June, 2014) Gene expression analyses of DNA methyltransferase during caste differentiation in the termite Reticulitermes speratus. The 10th International Conference on Juvenile Hormones (Tsukuba, Japan).

(142) Hanmoto S, Watanabe D, Toga K, Miura T & Maekawa K (9-13 June, 2014) Sex differences in JH titer and related gene expressions in a nasute termite Nasutitermes takasagoensis. The 10th International Conference on Juvenile Hormones (Tsukuba, Japan).

(141) Masuoka Y & Maekawa K (9-13 June, 2014) Knockdown of the JH receptor gene during soldier differentiation inhibited the weapon formation in the termite Zootermopsis nevadensis. The 10th International Conference on Juvenile Hormones (Tsukuba, Japan).

(140) Yaguchi H & Maekawa K (9-13 June, 2014) JH-related gene expression patterns during soldier differentiation in the termite Zootermopsis nevadensis. The 10th International Conference on Juvenile Hormones (Tsukuba, Japan).

(139) Saiki R & Maekawa K (9-13 June, 2014) Effects of JH on neotenic differentiation in the termite Reticulitermes speratus. The 10th International Conference on Juvenile Hormones (Tsukuba, Japan).

(138) 倉田歩,藤原亜希子,前川清人,土'田努(2014年3月27-28日)タバココナジラミの菌細胞ゲノムは、体細胞ゲノムとは異なる遺伝様式を持つ?第58回日本応用動物昆虫学会(高知大学).

(137) 井上享也,矢口甫,佐々木謙,前川清人(2014年3月27-28日)ドーパミンがネバダオオシロアリの個体間相互作用と兵隊分化に及ぼす影響.第58回日本応用動物昆虫学会(高知大学).

(136) 松澤宏朗,杉本貴史,重信秀治,前川清人,鎌倉昌樹,二河成男,深津武馬,土'田努(2014年3月27日)共生細菌が引き起こすアブラムシ体色変化の分子機構.第58回日本応用動物昆虫学会(高知大学).

(135) 前川清人,重信秀治,三浦徹(2014年3月27日)シロアリが示す高度な社会システムの発生遺伝学的な背景を探る.第58回日本応用動物昆虫学会(高知大学).

(134) 渡邊大,松波雅俊,林良信,重信秀治,三浦徹,前川清人(2014年3月16日)シロアリのカースト分化における社会生理機構に関するトランスクリプトミクス.第61回日本生態学会(広島大学).

(133) 鈴木隆太郎,前川清人(2014年3月8日)ヤマトシロアリのカースト分化過程におけるDNAメチル基転移酵素の発現解析.平成25年度日本動物学会中部支部大会(岡崎市).

(132) 半本秀太朗,渡邊大,三浦徹,前川清人(2014年3月8日)なぜタカサゴシロアリには雄のソルジャーしかいないのか?平成25年度日本動物学会中部支部大会(岡崎市).

(131) Masuoka Y, Maekawa K (26-28 Feb, 2014) Expression and function analyses of the hormone signaling genes during soldier differentiation of the termite Zootermopsis nevadensis. The 10th Pacific-Rim Termite Research Group Conference (Kuala Lumpur, Malaysia).

(130) Yaguchi H, Shigenobu S, Maekawa K (26-28 Feb, 2014) Transcriptome analysis of soldier differentiation in the incipient colony of the damp?wood termite Zootermopsis nevadensis. The 10th Pacific-Rim Termite Research Group Conference (Kuala Lumpur, Malaysia).

(129) 半本秀太朗,三浦徹,渡邊大,前川清人(2013年11月28日)タカサゴシロアリの性特異的な兵隊分化における幼若ホルモンの働き.4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(128) 井上享也,矢口甫,佐々木謙,前川清人(2013年11月28日)ネバダオオシロアリの兵隊分化に対するドーパミンの与える影響.4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(127) 矢口甫,重信秀治,前川清人(2013年11月28日)ネバダオオシロアリの兵隊分化を規定するリポカリン様タンパク質遺伝子の同定と発現・機能解析.4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(126) Masuoka Y, Maekawa K (28 Nov, 2013) A role of ecdysone signaling genes for soldier specific cuticular tanning in the termite Zootermopsis nevadensis. The 4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(125) Saiki R, Maekawa K (28 Nov, 2013) Regulatory mechanisms of the imaginal organ development during a differentiation of neotenic reproductives in the termite Reticulitermes speratus. The 4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(124) Toga K, Niimi T, Maekawa K (28 Nov, 2013) Molecular developmental analysis of soldier-specific morphogenesis in the nasute termite Nasutitermes takasagoensis (Isoptera: Termitidae). The 4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(123) Miyazaki S, Maekawa K (28 Nov, 2013) A role of a molecular chaperon Hsp90 for the ant caste evolution. The 4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(122) Maekawa K (28 Nov, 2013) Caste differentiation and social evolution in termites ? a sociogenomic approach. The 4th International Symposium on Life Sciences in Toyama (Toyama).

(121) 栂浩平,新美輝幸,柳沼利信,前川清人(2013年11月9日)シロアリの兵隊特異的な器官形成におけるホルモン受容体遺伝子の発現・機能解析.日本蚕糸学会支部合同大会(第69回中部支部会,第65回東海支部会)(信州大).

(120) 宮崎智史,前川清人(2013年9月26日)アリの寒冷環境への適応とカースト進化をもたらす分子機構.第84回日本動物学会(岡山大).

(119) 矢口甫,重信秀治,前川清人(2013年9月26日)ネバダオオシロアリのRNA-seq解析により同定された兵隊分化を規定する遺伝子.第84回日本動物学会(岡山大).

(118) 斉木亮太,前川清人(2013年9月26日)ヤマトシロアリの幼形生殖虫分化における幼若ホルモンの部位特異的な発達制御.第84回日本動物学会(岡山大).

(117) 増岡裕大,前川清人(2013年9月16日)シロアリのカースト特異的なクチクラタンニングにおけるホルモン関連遺伝子の役割.第73回日本昆虫学会(北大).

(116) 半本秀太朗,渡邊大,三浦徹,前川清人(2013年9月16日)タカサゴシロアリの性とリンクした兵隊分化:雌雄職蟻の幼若ホルモン量の比較解析.第73回日本昆虫学会(北大).

(115) 井上享也,矢口甫,佐々木謙,前川清人(2013年9月14日)ネバダオオシロアリのソルジャー分化に生体アミンが与える影響.第73回日本昆虫学会(北大).

(114) 北條優,重信秀治,林良信,前川清人,三浦徹,徳田岳(2013年8月28日)シロアリにおける化学的防衛のためのジテルペン合成に関わる遺伝子の進化.第15回日本進化学会(筑波大学).

(113) 栂浩平,新美輝幸,前川清人(2013年6月8日)シロアリの兵隊特異的な器官形成におけるHoxとホルモン受容体遺伝子の機能解析.第49 回日本節足動物発生学会大会(つくば市).

(112) 増岡裕大,宮崎智史,斉木亮太,土'田努,前川清人(2013年6月8日)シロアリのカースト分化におけるクチクラタンニング遺伝子の発現及び機能解析.第49 回日本節足動物発生学会大会(つくば市).

(111) 斉木亮太,前川清人(2013年3月28-29日)ヤマトシロアリの幼形生殖虫の分化過程におけるJH関連遺伝子の発現解析.第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学).

(110) 増岡裕大,前川清人(2013年3月28-29日)ヤマトシロアリの兵隊分化に伴うクチクラ形成時のLaccase2の発現解析.第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学).

(109) 栂浩平,前川清人(2013年3月28-29日)シロアリ兵隊の武器形成におけるホルモン伝達因子及びHox遺伝子の役割.第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学).

(108) 橋本裕,佐々木謙,前川清人(2013年3月28-29日)ネバダオオシロアリにおける兵隊型生殖虫の分化機構の解析.第57回日本応用動物昆虫学会(日本大学).

(107) Lampert N, Bauer E, Mikaelyan A, K?hler T, Maekawa K & Brune A (10-13 March, 2013) Physicochemical gut conditions and intestinal microbiota of wood-feeding cockroaches (Blaberidae: Panesthiinae). Annual Conference of the Association for General and Applied Microbiology 2013 (Bremen, Germany).

(106) 前川清人,矢口甫,重信秀治(2013年3月8日)次世代シーケンサーを利用したシロアリの兵隊分化を引き起こす遺伝子の解析.第60回日本生態学会(静岡コンベンションセンター).

(105) 宮崎智史,三浦徹,前川清人(2013年3月5日)アリの新奇カーストにみられる発生過程と環境応答.第60回日本生態学会(静岡コンベンションセンター).

(104) 嶋田敬介,北出理,前川清人(2012年11月24日)シロアリ生殖虫と腸内原生生物の共生関係 −腸内鞭毛虫は成熟した女王と王には存在しない−.第45回日本原生動物学会大会(兵庫県立大学).

(103) 矢口甫,重信秀治,前川清人(2012年11月18日)ネバダオオシロアリの初期巣の兵隊分化時に特異的に働く遺伝子の解析.平成24年度日本動物学会中部支部大会(松本市).[最優秀学生発表賞受賞]

(102) 橋本裕,前川清人(2012年11月18日)ネバダオオシロアリにおける兵隊型生殖虫の分化と幼若ホルモンの働き.平成24年度日本動物学会中部支部大会(松本市).

(101) 増岡裕大,前川清人(2012年11月18日)ヤマトシロアリの兵隊特異的なクチクラ形成機構の解析.平成24年度日本動物学会中部支部大会(松本市).

(100) 北條優,重信秀治,林良信,前川清人,三浦徹,徳田岳(2012年9月17日)タカサゴシロアリにおけるトランスクリプトーム解析から見えてきた攻撃方法の進化.第72回日本昆虫学会(玉川大学).

(99) 佐々木謙,赤坂真也,目澤龍介,嶋田敬介,前川清人(2012年8月21-22日)セイヨウミツバチオスの幼若ホルモンによる脳内ドーパミン系の制御.第14回日本進化学会(首都大学).

(98) Hojo M, Maekawa K, Saitoh S, Shigenobu S, Miura T, Hayashi Y, Tokuda G & Maekawa H (19-25 Aug, 2012) Exploration and characterization of genes involved in the diterpene synthetic pathway for defensive secretion in nasute termite soldiers. The 24th International Congress of Entomology (Daegu, South Korea).

(97) Akamine M, Maekawa K & Kon M (19-25 Aug, 2012) Phylogeography of Japanese population of Phelotrupes auratus (Coleoptera, Geotrupidae) inferred from mitochondrial DNA sequences. The 24th International Congress of Entomology (Daegu, South Korea).

(96) Watanabe D, Miura T & Maekawa K (19-25 Aug, 2012) Social interactions and gene expressions involved in the soldier differentiation of a termite Reticulitermes speratus. The 24th International Congress of Entomology (Daegu, South Korea).

(95) Masuoka Y, Miyazaki S, Saiki R & Maekawa K (19-25 Aug, 2012) Laccase2 expression involved in the specific cuticular tanning during soldier differentiation of the termite Reticulitermes speratus. The 24th International Congress of Entomology (Daegu, South Korea).

(94) Toga K & Maekawa K (19-25 Aug, 2012) Molecular developmental mechanisms responsible for soldier-specific morphogenesis in the nasute termite Nasutitermes takasagoensis. The 24th International Congress of Entomology (Daegu, South Korea).

(93) Saiki R & Maekawa K (19-25 Aug, 2012) Juvenile hormone titer and JH signaling gene expressions during differentiation of neotenic reproductives in the termite Reticulitermes speratus. The 24th International Congress of Entomology (Daegu, South Korea).

(92) Shimada K, Kitade O & Maekawa K (19-25 Aug, 2012) Symbiotic gut protists are not harbored in termite queens and kings with mature reproductive organs. The 24th International Congress of Entomology (Daegu, South Korea).

(91) 齊木亮太・前川清人(2012年3月29日)ヤマトシロアリの幼形生殖虫分化における幼若ホルモンの役割.第56回日本応用動物昆虫学会大会(近畿大学).

(90) 前川清人,矢口甫,佐々木謙(2012年3月29日)ネバダオオシロアリの初期巣で兵隊分化を引き起こす要因.第56回日本応用動物昆虫学会大会(近畿大学).

(89) 橋本裕,前川清人(2012年3月28日)ネバダオオシロアリへの幼若ホルモン類似体の投与による兵隊形質の発達は生殖腺の発達を伴う.第56回日本応用動物昆虫学会大会(近畿大学).

(88) 栂浩平,前川清人(2012年3月28日)タカサゴシロアリの兵隊特異的な器官形成をもたらす分子発生機構.第56回日本応用動物昆虫学会大会(近畿大学).

(87) Akamine M, Maekawa K & Kon M (20 March, 2012) Genetic population structure of Phelotrupes auratus in the central Japan. The 59th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan (ESJ59) /The 5th EAFES International Congress (Ryukoku University, Otsu, Shiga, Japan).

(86) 諸岡史哉, 北出理, 中川和樹, 滋田友恒, 石原道博,吉村美穂, 前川清人(2012年3月19日)ヤマトシロアリReticulitermes speratusの有翅虫の性比と体サイズの地理的変異.日本生態学会第59回大会・第5回東アジア生態学会連合大会(龍谷大学).

(85) 中川和樹,吉村美穂,前川清人,大村和香子,北出理(2012年3月19日)ヤマトシロアリのワーカー分化に女王フェロモンと生殖虫抽出物が与える影響.日本生態学会第59回大会・第5回東アジア生態学会連合大会(龍谷大学).

(84) 吉村美穂,北出理,前川清人(2012年3月19日)ヤマトシロアリの雌有翅虫ペアによる創設コロニーのカースト分化機構の解析.日本生態学会第59回大会・第5回東アジア生態学会連合大会(龍谷大学).

(83) Miyazaki S & Maekawa K (19 March, 2012) Expression of heat shock proteins in ergatoid queens of the ant Myrmecina nipponica inhibited in cold regions of Japan. The 59th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan (ESJ59) /The 5th EAFES International Congress (Ryukoku University, Otsu, Shiga, Japan).

(82) 渡邊大,前川清人(2012年3月17日)シロアリの兵隊分化を調節するカースト間相互作用による発生制御.日本生態学会第59回大会・第5回東アジア生態学会連合大会(龍谷大学).

(81) 齊木亮太,前川清人(2011年9月22日)ヤマトシロアリの二次生殖虫分化に伴う成虫器官の発達とVG遺伝子発現量の変化.第82回日本動物学会(旭川市大雪クリスタルホール).

(80) 前川清人(2011年9月22日)シロアリにおける社会構造の調節機構.第82回日本動物学会(旭川市大雪クリスタルホール).

(79) 栂浩平,前川清人(2011年9月21日)タカサゴシロアリの兵蟻に特異的な器官形成で見られる細胞増殖の制御.第82回日本動物学会(旭川市大雪クリスタルホール).

(78) 渡邊大,前川清人(2011年9月21日)ヤマトシロアリにおける兵隊−職蟻間の接触行動によるカースト分化の調節.第82回日本動物学会(旭川市大雪クリスタルホール).

(77) 北條優,前川清人,齋藤星耕,徳田岳(2011年9月19日)タカサゴシロアリの兵隊におけるテルペン合成遺伝子の発現解析.第71回日本昆虫学会(信州大学).

(76) 嶋田敬介,増岡裕大,前川清人(2011年9月16日)ヤマトシロアリ生殖虫におけるコロニーの発達に伴うβ-グルコシダーゼ遺伝子発現量の変化.第71回日本昆虫学会(信州大学).

(75) 矢口甫,中村早寿,前川清人(2011年9月16日)ネバダオオシロアリの初期巣における栄養交換を介した兵隊分化の調節メカニズム.第71回日本昆虫学会(信州大学).

(74) Miyazaki S, Okada Y, Miyakawa H, Koshikawa S, Maekawa K & Miura T (29 June, 2011) Molecular basis of sexual color dimorphism in Diacamma sp. 2011 International Social Insect Genomics Research Conference (Kingkey Palace Hotel, Shenzhen, China).

(73) 吉村美穂、斉木亮太、前川清人(2011年3月11日)ヤマトシロアリの2雌による創設コロニーでの女王数とカースト分化との関係.第58回日本生態学会(札幌コンベンションセンター).

(72) 中村早寿, 前川清人(2011年3月11日)ネバダオオシロアリの生殖虫は栄養交換によってソルジャー分化を調節する.第58回日本生態学会(札幌コンベンションセンター).

(71) 渡邊 大,前川清人(2011年3月11日)ヤマトシロアリにおける個体間相互作用による兵隊分化を調節する因子の伝達.第58回日本生態学会(札幌コンベンションセンター).

(70) 嶋田敬介, 北出理, 前川清人(2011年3月10日)シロアリ類における繁殖形質の発達と腸内に共生する原生生物の個体数との関係.第58回日本生態学会(札幌コンベンションセンター).

(69) 嶋田敬介,前川清人(2011年3月8日)シロアリ類とゴキブリ類における栄養交換行動の発達と社会性の進化.第58回日本生態学会(札幌コンベンションセンター).

(68) 北條優,前川清人,徳田岳(2010年9月25日)弾き飛ばし型の大顎を持つシロアリ兵隊における額腺の機能.第81回日本動物学会(東京大学).

(67) 栂浩平,北條優,前川清人(2010年9月20日)タカサゴシロアリの兵蟻特異的な器官形成における形態形成遺伝子の機能解析.第70回日本昆虫学会(山形大学).

(66) 中村早寿,板野紘宜,菊池理,前川清人(2010年9月18日)ネバダオオシロアリの初期巣における兵蟻分化調節への生殖虫の影響.第70回日本昆虫学会(山形大学).

(65) Watanabe D & Maekawa K (12 Aug, 2010) Termite soldiers are responsible for the regulation of presoldier molt by rapid JH-decreasing effects in the colony. The 16th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Copenhagen, Denmark).

(64) Shimada K & Maekawa K (12 Aug, 2010) New perspective on the relationship between termites and symbionts: reproductives lose symbionts after colony maturation. The 16th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Copenhagen, Denmark).

(63) Toga K, Hojo M, Miura T, Maekawa K (10 Aug, 2010) Expression and functional analyses of Distal-less responsible for soldier-specific morphogenesis in nasute termites. The 16th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Copenhagen, Denmark).

(62) Maekawa K, Yoshimura M, Shimada K, Watanabe D & Saiki R (10 Aug, 2010) Caste differentiation in female-female colonies of the termite Reticulitermes speratus (Rhinotermitidae). The 16th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Copenhagen, Denmark).

(61) 北條優,前川清人,徳田岳(2010年8月2日)シロアリにおけるゲラニルゲラニル二リン酸合成酵素のジテルペン合成への機能進化.第12回日本進化学会(東京大学).

(60) 嶋田敬介,前川清人(2010年7月25日)シロアリ類と腸内微生物の共生関係に関する新たな知見-生殖虫はコロニーが発達すると共生原生生物を失う-.平成22年度日本動物学会中部支部会(岐阜大学).

(59) 赤坂真也,佐々木謙,原野健一,前川清人,嶋田敬介,長尾隆司(2010年7月17日)ミツバチ雄における幼若ホルモンとドーパミン関連物質との関係.第32回比較生理生化学会(九州産業大学).

(58) 渡邊大,後藤寛貴,三浦徹,前川清人(2010年3月17日)ヤマトシロアリにおける幼若ホルモンを介した兵隊カースト分化の調節.第57回日本生態学会(東京大学).

(57) 嶋田敬介,前川清人(2010年3月17日)シロアリ類におけるコロニーの発達に伴う給餌システムの変化と繁殖上の分業.第57回日本生態学会(東京大学).

(56) 前川清人(2010年3月15日)ヤマトシロアリのカースト分化に影響する生理的な変化.第57回日本生態学会(東京大学).

(55) 北條優,山本知代,栂浩平,前川清人(2009年10月12日)ヤマトシロアリの兵隊における防衛物質合成に関わる遺伝子の発現解析.第69回日本昆虫学会(三重大学).

(54) 赤嶺真由美,石川謙,前川清人,近雅博(2009年10月12日)オオセンチコガネの鞘翅の構造色.第69回日本昆虫学会(三重大学).

(53) 渡邊大,白崎一佳,前川清人(2009年10月11日)ヤマトシロアリの成虫形質と兵蟻形質の発達に対する幼若ホルモンの影響.第69回日本昆虫学会(三重大学).

(52) 嶋田敬介,北條優,前川清人(2009年10月10日)エサキクチキゴキブリにおける親子間の栄養交換行動では何が受け渡されているのか?第69回日本昆虫学会(三重大学).

(51) 嶋田敬介,前川清人(2009年9月3日)シロアリ類とゴキブリ類における栄養交換行動の発達と社会性の進化.第11回日本進化学会(北海道大学).

(50) 栂浩平,北條優,三浦徹,前川清人(2009年3月19日)タカサゴシロアリの前兵蟻分化に伴う防衛器官の形成とDistal-less遺伝子の発現パターン.第56回日本生態学会(岩手県立大学).

(49) 渡邊大,前川清人(2009年3月19日)ヤマトシロアリの前兵蟻分化に影響を与える生態的要因.第56回日本生態学会(岩手県立大学).

(48) 前川清人(2009年3月16日)ヤマトシロアリのカースト分化と形態変化.第56回日本生態学会(岩手県立大学).

(47) 前川清人(2008年9月24日)シロアリのカースト分化に伴う形態の変化:アロメトリーの改変と新奇形態の形成.第27回日本動物行動学会(金沢大学).

(46) 栂浩平,北條優,三浦徹,前川清人(2008年9月15日)タカサゴシロアリにおける前兵蟻分化の誘導と額腺の突起構造 (nasus) 形成.第68回日本昆虫学会(香川大学).

(45) 渡邊大,前川清人(2008年9月15日)ヤマトシロアリの前兵蟻分化に伴う額腺形成の観察.第68回日本昆虫学会(香川大学).

(44) 嶋田敬介,前川清人(2008年9月6日)ネバダオオシロアリの繁殖カースト分化に伴うセルラーゼ遺伝子発現量の変化.第79回日本動物学会(福岡大学)

(43) 栂浩平,北條優,三浦徹,前川清人(2008年7月26日)タカサゴシロアリにおける兵蟻頭部の突起原基の構造と形態形成遺伝子の発現.平成20年度日本動物学会中部支部会(富山大学).

(42) 山本知代,北條優,前川清人(2008年7月26日)ヤマトシロアリにおける成虫および兵蟻の額腺の発達と遺伝子発現解析.平成20年度日本動物学会中部支部会(富山大学).

(41) 渡邊大,前川清人(2008年7月26日)ヤマトシロアリにおける兵蟻特異的な器官形成の解析.平成20年度日本動物学会中部支部会(富山大学).

(40) 白崎一佳,前川清人(2008年7月26日)ヤマトシロアリの成虫器官の発達に対する幼若ホルモンの影響.平成20年度日本動物学会中部支部会(富山大学).

(39) 石谷恭子,前川清人(2008年7月26日)ヤマトシロアリの有性・単為生殖が卵巣成熟とコロニー発達へ与える影響.平成20年度日本動物学会中部支部会(富山大学).

(38) 嶋田敬介,C. A. Nalepa,前川清人(2008年7月26日)キゴキブリ科(網翅目)における核型の進化に関する分子系統学的研究.平成20年度日本動物学会中部支部会(富山大学).

(37) 前川清人(2008年7月26日)シロアリにおけるカーストの分化と調節.平成20年度日本動物学会中部支部会(富山大学).

(36) Shimada K & Maekawa K. (6-12 July, 2008) Differences in gene expression level of endogenous cellulase in young xylophagous cockroaches and termites. The 23th International Congress of Entomology (Durban, Republic of South Africa).

(35) 嶋田敬介, 前川清人(2008年3月15日)ゴキブリ類における社会性の発達とセルラーゼ遺伝子発現量の変化.第55回日本生態学会(福岡国際会議場).

(34) 渡邊大,土屋真利子,前川清人(2008年3月15日)ヤマトシロアリの兵隊分化に伴う額腺形成と幼若ホルモン量との関係.第55回日本生態学会(福岡国際会議場).

(33) 白崎一佳,前川清人(2007年9月17日)ヤマトシロアリの成虫分化と器官発達に対する幼若ホルモンの影響.第67回日本昆虫学会(神戸大学).

(32) 渡邊大,土屋真利子,前川清人(2007年9月17日)ヤマトシロアリの兵隊分化と兵隊特異的な器官形成に既存兵隊が与える影響.第67回日本昆虫学会(神戸大学).

(31) 嶋田敬介,前川清人(2007年9月17日)シロアリおよびゴキブリ類の社会性と個体発生に伴うセルロース分解能の変化.第67回日本昆虫学会(神戸大学).

(30) 土屋真利子,前川清人(2006年9月16日)ヤマトシロアリの個体間相互作用による兵隊分化調節と体内JH量の関係.第66回日本昆虫学会(鹿児島大学).

(29) 前川清人,水野さやか,石谷恭子,白崎一佳,越川滋行,三浦徹(2006年9月16日)ヤマトシロアリにおける複眼と卵巣の発達と制御.第66回日本昆虫学会(鹿児島大学).

(28) Maekawa K, Mizuno S, Koshikawa S & Miura T (3 Aug, 2006) Compound eye development during caste differentiation in the termite Reticulitermes speratus (Isoptera: Rhinotermitidae). The 15th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Washington, D.C., USA).

(27) Matsumoto T, Miura T, Koshikawa S, Cornette R, Maekawa K, Kitade O & Myles T (1 Aug, 2006) Phylogeny, evolution and colony composition of the primitive dump-wood termites (Termopsinae, Termopsidae, Isoptera) in Asia and North America. The 15th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Washington, D.C., USA).

(26) 中村雄祐,前川清人(2006年3月27日)エサキクチキゴキブリにおける集団遺伝構造の解析.第53回日本生態学会(新潟コンベンションセンター).

(25) 土屋真利子,前川清人(2006年3月27日)ヤマトシロアリの兵隊分化の調節と幼若ホルモンとの関係.第53回日本生態学会(新潟コンベンションセンター).

(24) 前川清人,水野さやか,越川滋行,三浦徹(2006年3月27日)ヤマトシロアリの生殖虫分化と複眼の発達.第53回日本生態学会(新潟コンベンションセンター).

(23) Maekawa K & Lo N (18 Oct, 2005) Evolutionary relationships of wood-burrowing and soil-burrowing cockroaches (Blaberidae: Panesthiinae, Geoscapheinae). The 5th Asia-Pacific Congress of Entomology (Cheju Island, Korea).

(22) 前川清人(2005年9月25日)ゴキブリとシロアリの系統関係と進化.第65回日本昆虫学会(岡山大学).

(21) 土屋真利子,前川清人(2005年9月24日)ヤマトシロアリにおける兵隊による新規兵隊分化の抑制機構の解析.第65回日本昆虫学会(岡山大学).

(20) 水野さやか,越川滋行,三浦徹,前川清人(2005年9月24日)ヤマトシロアリの後胚発生に伴う成虫特異的な器官の発達.第65回日本昆虫学会(岡山大学).

(19) 前川清人(2004年9月25日)キゴキブリの脂肪体共生バクテリアの解析から見えてきたアジアと北米との関係.第64回日本昆虫学会(北海道大学).

(18) Lo N, Maekawa K, Rose H. (15 Aug, 2004) Adaptive responses by Australian burrowing cockroaches to fluctuating Neogene and Pleistocene environmental conditions: evolution in parallel and reverse? The 22th International Congress of Entomology (Brisbane, Australia).

(17) 前川清人,松本忠夫,近雅博,荒谷邦雄(2004年8月5日)ゴキブリの脂肪体に共生するバクテリアの分子系統解析.第6回日本進化学会(東京大学).

(16) 前川清人(2003年10月13日)食材性ゴキブリ類における家族性の維持と翅形質の進化.第63回日本昆虫学会(東京農業大学).

(15) 前川清人,Lo N(2003年8月3日)オオゴキブリ類の系統解析ー腐朽材の穿孔生活から地中生活への進化ー.第5回日本進化学会(九州大学).

(14) 前川清人,Park YC(2002年9月27日)韓国産の食材性・亜社会性キゴキブリ類に関する系統学的研究.第62回日本昆虫学会(富山大学).

(13) Hojo M, Miura T, Maekawa K, Iwata R, Yamane A, Matsumoto T. (1 Aug, 2002) Distribution and host specificity of the termite parasitic fungi, Termitaria spp. (Termitariales, Deuteromycetes). The 14th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Sapporo, Japan).

(12) Maekawa K, Matsumoto T. (29 July, 2002) Social evolution and phylogeny of blaberid cockroaches in East Asia and Australia. The 14th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Sapporo, Japan).

(11) 前川清人,Park YC,Choe JC,松本忠夫(2002年3月26日)アジア産の亜社会性キゴキブリ類(Cryptocercus spp.)の系統と進化.第49回日本生態学会(東北大学).

(10) 前川清人,Lo N,松本忠夫(2001年10月6日)オオゴキブリ科の分子系統学的研究ー特に食材性オオゴキブリ亜科の進化に注目.第3回日本進化学会(京都大学).

(9) 前川清人,松本忠夫(2000年9月21日)ゴキブリ目各科間の分子系統解析.第71回日本動物学会(東京大学).

(8) 前川清人,近雅博,荒谷邦雄,松本忠夫(2000年3月26日)亜社会性・食材性クチキゴキブリ類の地理的分布とその分子系統解析.第47回日本生態学会(広島大学).

(7) 前川清人,三浦徹,北出理,松本忠夫(1999年9月25日)日本列島周辺域の食材性ゴキブリ類・オオシロアリ類の地理的分布と分子系統学的研究.第59回日本昆虫学会学会賞受賞講演(愛媛大学).

(6) 前川清人,Lo N,松本忠夫(1999年3月30日)オーストラリア固有のリター食性ヨロイモグラゴキブリ亜科の社会構造とその分子系統解析.第46回日本生態学会(信州大学).

(5) 前川清人(1999年3月2日)琉球列島の食材性オオゴキブリ類及びシロアリ類の地理的分布と分子系統学的解析.東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム(東京大学).

(4) Maekawa K, Lo N, Rose HA, Matsumoto T (30 Dec, 1998) Molecular phylogeny and social evolution of wood-feeding and soil-burrowing cockroaches (Blaberidae: Panesthiinae, Geoscapheinae). The 13th Congress of International Union for the Study of Social Insects (Adelaide, Australia).

(3) 前川清人,三浦徹,北出理,松本忠夫(1998年9月26日)日本列島周辺域のオオシロアリ Hodotermopsis japonica の遺伝的多様性に関する研究.第69回日本動物学会(広島大学).

(2) 前川清人,Nalepa CA,Maryati M,松本忠夫(1998年3月27日)マレーシア・サバ州における食材性オオゴキブリ亜科 (Blaberidae: Panesthiinae) の社会構造およびその進化過程の考察.第45回日本生態学会(京都大学).

(1) 前川清人,北出理,松本忠夫(1997年3月27日)日本列島周辺域のオオゴキブリ亜科(Blaberidae, Panesthiinae)の分子系統・生態学的研究.第44回日本生態学会(北海道大学).

HOME